『片上伸』の作品一覧

片上 伸(かたがみ のぶる、1884年2月20日 - 1928年3月5日)は、日本の文芸評論家、ロシア文学者である。初期は天弦の号で執筆活動をしていたので、片上天絃(片上天弦)の名でも知られる。 愛媛県今治市波止浜出身。一族は裕福な庄屋だが、伸の父・良(つかさ)は月番所詰めの役人。幼いころから神童と呼ばれ、新聞・雑誌の投稿欄の懸賞金を学資に当てていたという。松山中学校を卒業後、学資の不安から在学期間の長い帝大を諦め、1900年に東京専門学校予科に入学する。在学中は英文学を学んだが、当時の自然主義文学の勃興期に際して自然主義文学に傾倒し、卒業後は『早稲田文学』の記者を経て、早稲田大学の教授になり、英文学、ロシア文学を講義しながら、雑誌『早稲田文学』に自然主義を擁護する評論を多く発表した。 1915年に早稲田の留学生として文学研究とロシア文学科準備のためにロシアに留学し、その途中で1917年のロシア革命に遭遇、そのころから、社会の改革と文学との役割について考えるようになり、1918年の帰国後からはプロレタリア文学の初期の評論に転換していった。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
生みの力片上伸全集 第1巻1997(平成9)年3月25日
ドストイェフスキーに就いて片上伸全集 第3巻1997(平成9)年3月25日
人間の本性片上伸全集 第2巻1997(平成9)年3月25日