『児玉花外』の作品一覧

児玉 花外(こだま かがい、1874年(明治7年)7月7日 - 1943年(昭和18年)9月20日)は、日本の詩人。はじめ社会主義詩を、後に愛国詩をよくした。明治大学校歌『白雲なびく』の作詞者でもある。本名は伝八。詩人の児玉星人は異母弟。 京都の室町通上立売下ル西入蒔鳥屋町(現・京都府京都市上京区)出身。1886年(明治19年)、キリスト教徒だった父親の影響で新島襄が創立した同志社予備校に入学、次いで本科に進む。1890年(明治23年)、新島が死去すると、同志社を中退し、やはり新島が校長を務めていた東華学校に入学。同校が廃校になった後、札幌農学校(現・北海道大学)予科に入学したが中退。1894年(明治27年)には東京専門学校(現・早稲田大学)文学部に入学するが、3年後にやはり中退し、京都に帰る。 京都に帰った児玉は内村鑑三に影響を受け、内村の『東京独立雑誌』や片山潜の『労働世界』などといった雑誌に次々と詩作を発表。1899年(明治32年)には山本露葉、山田枯柳との共著で、処女詩集『風月万象』を出版する。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
菜の花物語文豪怪談傑作選・特別篇 百物語怪談会2007(平成19)年7月10日