『高橋悠治』の作品一覧

高橋 悠治(たかはし ゆうじ、1938年9月21日 - )は、日本の作曲家、ピアニスト。 この項目は、ラルース音楽事典やニューグローブ音楽事典第二版や日本の作曲20世紀で触れられている項目のほかに、本人による著作に多くを負っています。現在の音楽事典では高橋の経歴については省略された概要しかありません。また、ほかの音楽家との対談で明らかになった項目もあります。ご了承ください。 東京都生まれ。ピアニストの高橋アキは実妹。ピアノとコンピュータによる即興演奏や、日本の伝統楽器と声のための作曲、などの音楽活動を行っている。橋本国彦、團伊玖磨、柴田南雄、小倉朗に作曲を、伊藤裕にピアノを師事。桐朋学園短期大学作曲科を中退後、1960年の東京現代音楽祭でボー・ニルソンの「クヴァンティテーテン」(「量」)の日本初演でピアニストとしてデビューし、注目を浴びる。 1962年からフォード財団助成を得てドイツのベルリンに留学、ヤニス・クセナキスに師事。1966年にはロックフェラーIII世財団の奨学金を得てニューヨークに渡り、コンピュータによる作曲を研究する一方、欧米各地で演奏活動を行い、数々のLP録音を残す。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
音楽の反方法論序説