『橋本進吉』の作品一覧

橋本 進吉(はしもと しんきち、1882年12月24日 - 1945年1月30日)は、日本の言語学者・国語学者。 日本語における音韻の歴史的研究が有名で、上代特殊仮名遣いを体系づけたことで知られる。 橋本は「文節」を重要視し、その文法体系は橋本文法と呼ばれている。これは、いわゆる日本語の四大文法のうちでも大きな位置を占め、現代日本語文法においても重要とされており、学校文法への影響も大きく、学界だけではなく教育界にも大きな影響を与えた。 岩波書店で「橋本進吉著作集 (全12巻)」が出版されているほか、岩波文庫に「古代国語の音韻に就いて ほか」(弟子の大野晋が解説)がある。 福井県敦賀市に医師の長男として生まれる。京都府第一中学校(現洛北高校)、第三高等学校(現京都大学)を経て、1906年に東京帝国大学文科大学言語学科を卒業(銀時計受領)。卒業論文は「係り結びの起源」。 文部省国語調査委員会補助委員、東京帝国大学文科大学国語学教室助手を経て、1927年、同大学国語国文学第一講座助教授に就任。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
国語音韻の変遷古代国語の音韻に就いて 他二篇1980(昭和55)年6月16日
駒のいななき古代国語の音韻に就いて 他二篇1980(昭和55)年6月16日
古代国語の音韻に就いて古代国語の音韻に就いて 他二篇1980(昭和55)年6月16日