『水野葉舟』の作品一覧

水野 葉舟(みずの ようしゅう、1883年4月9日 - 1947年2月2日)は日本の詩人、歌人、小説家、心霊現象研究者。東京生まれ、本名は盈太郎(みちたろう)。 1900年新詩社に入り高村光太郎と親交を結び、その最初の著である詩文集「あららぎ」(1906年)を光太郎に献呈した。窪田空穂との共著歌集『明暗』もあり、柳田國男の『遠野物語』の成立に関わった。大正13年(1924年)千葉県印旛郡に移転し半農生活に入った。書簡文範、日記文範の著作が多い。 政治家の水野清は次男。 東京下谷生まれ。父は農商務省の官吏。父の転任で1891年(明治24年)から福岡で暮らし、1900年(明治33年)に東京に戻る。福岡県立豊津中学校(現・福岡県立育徳館中学校・高等学校)卒業。 中学時代から詩作を行っていたが、上京して与謝野鉄幹に師事し、水野蝶郎名義で新進詩人として知られる。この頃、高村光太郎、窪田空穂とも知り合い、特に高村とは終生の友となった。 1901年(明治34年)には早稲田大学高等予科に進学。しかし、鳳晶子との仲を疑われ、鉄幹から破門される。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
遠野へ遠野へ1987(昭和62)年4月25日
月見草遠野へ1987(昭和62)年4月25日
旅からのはがき遠野ヘ1987(昭和62)年4月25日
土淵村にての日記遠野ヘ1987(昭和62)年4月25日
北国の人遠野へ1987(昭和62)年4月25日
香油遠野へ1987(昭和62)年4月25日
帰途遠野へ1987(昭和62)年4月25日
黄昏遠野へ1987(昭和62)年4月25日
月夜峠文豪怪談傑作選・特別篇 百物語怪談会2007(平成19)年7月10日
取り交ぜて文豪怪談傑作選・特別篇 百物語怪談会2007(平成19)年7月10日
テレパシー文豪怪談傑作選・特別篇 百物語怪談会2007(平成19)年7月10日
言文一致明治文学遊学案内2000(平成12)年8月25日