女仙

 昔、支那シナある田舎に書生しょせいが一人住んでいました。何しろ支那のことですから、桃の花の咲いた窓の下に本ばかり読んでいたのでしょう。すると、この書生のうちの隣に年の若い女が一人、――それも美しい女が一人、たれも使わずに住んでいました。書生はこの若い女を不思議に思っていたのはもちろんです。実際また彼女の身の上をはじめ、彼女が何をして暮らしているかは誰一人知るものもなかったのですから。
 或風のない春の日の暮、書生はふと外へ出て見ると、何かこの若い女のののしっている声が聞えました。それはまたどこかの庭鳥にわとりがのんびりとときを作っているなかに、如何いかにも物ものしく聞えるのです。書生はどうしたのかと思いながら、彼女のいえの前へ行って見ました。するとまゆり上げた彼女は、年をとった木樵きこりのじいさんを引き据え、ぽかぽか白髪頭しらがあたまなぐっているのです。しかも木樵りの爺さんは顔中かおじゅうに涙を流したまま、ひらあやまりにあやまっているではありませんか!
「これは一体どうしたのです? 何もこういう年よりを、擲らないでもいじゃありませんか!――」
 書生は彼女の手を抑え、熱心にたしなめにかかりました。
「第一年上のものを擲るということは、修身の道にもはずれているわけです。」
「年上のものを? この木樵りはわたしよりも年下です。」
「冗談を言ってはいけません。」
「いえ、冗談ではありません。わたしはこの木樵りの母親ですから。」
 書生は呆気あっけにとられたなり、思わず彼女の顔を見つめました。やっと木樵りを突き離した彼女は美しい、――というよりも凜々りりしい顔に血の色を通わせ、じろぎもせずにこう言うのです。
「わたしはこのせがれのために、どの位苦労をしたかわかりません。けれども倅はわたしの言葉を聞かずに、我儘わがままばかりしていましたから、とうとう年をとってしまったのです。」
「では、……この木樵りはもう七十位でしょう。そのまた木樵りの母親だというあなたは、一体いくつになっているのです?」
「わたしですか? わたしは三千六百歳です。」
 書生はこういう言葉と一しょに、この美しい隣の女が仙人だったことに気づきました。しかしもうその時には、何か神々しい彼女の姿はたちまちどこかへ消えてしまいました。うらうらと春の日の照り渡った中に木樵りの爺さんを残したまま。……
――昭和二年二月――

底本:「蜘蛛の糸・杜子春・トロッコ 他十七篇」岩波文庫、岩波書店
   1990(平成2)年8月16日第1刷発行
入力:j.utiyama
校正:もりみつじゅんじ
1999年5月15日公開
2004年1月13日修正
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。
ふりがなを非表示縦書きで表示