長崎小品

 薄暗き硝子ガラス戸棚の中。絵画、陶器、唐皮からかは更緲さらさ牙彫げぼり鋳金ちうきんとう種々の異国関係史料、処狭きまでに置き並べたるを見る。初夏しよかの午後。遙にちやるめらの音聞ゆ。
 久しき沈黙ののち司馬江漢しばかうかんひつの蘭人、突然悲しげに歎息す。
 古伊万里こいまりの茶碗にゑがかれたる甲比丹かぴたん、(蘭人を顧みつつ)どうしたね? 顔の色も大へん悪いやうだが――
 蘭人、いえ、なんでもありませんよ。唯ちつと頭痛づつうがするものですから――
 甲比丹かぴたん、今日は妙に蒸暑いからね。
 唐皮からかはの花のあひだに止まれる鸚鵡あうむ、(横あひより甲比丹かぴたんに)※(「言+虚」、第4水準2-88-74)うそ[#「※(「言+虚」、第4水準2-88-74)」は底本では「謔」]ですよ。甲比丹! あの人のは頭痛ではないのです。
 甲比丹かぴたん、頭痛ではないと云ふと?
 鸚鵡あうむ、恋愛ですよ。
 蘭人、(鸚鵡をおど[#「嚇」は底本では「嘛」]しつつ)余計よけいな事を云ふな!
 甲比丹(蘭人に)まあ黙つてゐ給へ。(鸚鵡に)さうして誰に惚れてゐるのだい?
 鸚鵡、あの女ですよ。ほら、あの阿蘭陀出来オランダできの皿の中にある。――
 甲比丹、何時いつも扇を持つてゐる女か?
 鸚鵡、ええ、あれです。あの女は顔こそ綺麗ですが、中々気位きぐらゐが高いものですからね。
 蘭人、(再び鸚鵡を嚇しつつ)こら、失礼な事を云ふな!
 甲比丹、さうか? それは気の毒だな。(金象嵌きんざうがん小柄こづか伴天連ばてれんに)どうしたものでせう? パアドレ!
 伴天連ばてれん、さあ、婚礼はわたしがさせてもいが、――何しろ阿蘭陀オランダ生れだけに、あの女の横柄わうへいなのは評判だからね。
 蘭人、どうかもう御心配なさらずに下さい。(やけ気味に)いざとなればあのたねしまに、心臓を射抜いぬいて貰ひますから。
 種が島、(残念さうに)駄目だめだよ。僕はびついてゐるから、――サアベル式の日本刀にほんたうにでも頼み給へ。
 牙彫げぼり基督キリスト、(紫壇の十字架上に腕をひろげつつ)無分別むふんべつな事をしてはいけない。ふだん云つて聞かせる通り、自殺などをしたものは波群葦増はらゐその門にはひられないからね。(麻利耶マリヤ観音くわんのんに)お母様かあさま! どうかしてやる訳には参りませんか?
 麻利耶マリヤ観音、さうだね。ではわたしが頼んで見て上げようか?
 伴天連、さう願へれば仕合せでございます。
 甲比丹、どうか御尽力を願ひたいと存じますが、――(蘭人に)君からもおん母に御頼みし給へ。
 蘭人、(恥しげに)何分なにぶんよろしく御願ひ申します。
 鸚鵡、御恵おめぐみ深い麻利耶マリヤ様! わたしからもひとへに御願ひ致します。
 麻利耶観音、(阿蘭陀オランダの皿にゑがかれたる女に)あなた!
 阿蘭陀オランダの女、何か御用ですか?
 麻利耶観音、はい、実はこの若いかたがあなたを御慕ひ申してゐるのださうですが、――
 阿蘭陀の女、まあいやです事。わたしはあのかたは大嫌ひでございます。
 麻利耶観音、それでも体さへやつれる程、思ひ悩んでゐるやうですから、――
 阿蘭陀の女、それはあの方の御勝手ごかつてではありませんか? 一体わたしは日本出来や支那出来のかたは虫が好かないのです。
 麻利耶マリヤ観音くわんのん[#ルビの「くわんのん」は底本では「くわんの」]、そんな事を云ふものではありません。あの方もあなたと同じやうに、西洋文明の命の火を胸の中に宿してゐるのですもの。云はば兄弟のやうなものではありませんか? どうかわたしたち親子も願ひますから、すこしは可哀かはいさうだと思つてやつて下さい。
 阿蘭陀オランダの女、(腹立たしげに)余計よけいな事は仰有おつしやらずに下さい。第一あなたさへ平戸ひらどあたりの田舎ゐなか生れではありませんか? 硝子ガラス絵の窓だの噴水だの薔薇ばらの花だの、壁にかけるかもだの、――そんな物は見た事もありますまい。顔もあなたはわたしの国のおん母麻利耶マリヤとは大違ひです。ましてあのかたを御覧なさい。成程なるほどあの方もこの国では、阿蘭陀オランダ人と云ふかも知れません。しかしほんたうは阿蘭陀人どころか、日本人とも西洋人ともつかない、つまりこの国の画描きのこしらへた、黒ん坊よりも気味の悪い人です。
 蘭人、ああ、何と云ふなさけない言葉だ!(涕泣ていきふす)
 阿蘭陀の女、(なほ怒の静まらざる如く)それがわたしを慕つてゐる、――よくまあそんな事が云はれたものです。おまけにあの方の一家一族――長崎画ながさきゑに出て来る紅毛人こうまうじんも皆同じ事ではありませんか? あたしはあの人たちの顔を見てさへ胸が悪くなつて来る位です。
 長崎画ながさきゑ英吉利イギリス人、法朗西フランス人、露西亜ロシヤ、(驚きし如く)おお! おお!
 麻利耶観音、ではどうしてもあの方とは仲好く出来ないと云ふのですか?
 阿蘭陀の女、当り前です。わたしはもう今日けふ限り、あなたとも御つきあひは御免ごめんかうむりませう。古伊万里こいまり甲比丹かぴたん小柄こづか伴天連ばてれん亀山焼かめやまやき南蛮女なんばんをんな、――いえ、いえ、それどころではありません。刀のつばにゐる天使でさへ、二度と口をいて貰ひますまい。あの人たちとわたしとは生れも育ちも違ふのですから、――
 麻利耶観音、(蘭人に)聞いてゐたらうね? わたしの言葉さへ通らないのだから、所詮しよせんお前の願ひはかなはないよ。
 蘭人、(涕泣ていきふしつつ)はい、もう仕方はございません。
 甲比丹かぴたん[#ルビの「かぴたん」は底本では「かぷたん」]、男らしくあきらめるさ。(亀山焼かめやまやき南蛮女なんばんをんなに)しかし憎い女だね。
 南蛮女なんばんをんな、ほんたうに高慢な人です事。――ようございますよ。これからはわたしがあの女の代りにこのかたの世話をして上げますから。
 伴天連ばてれん、お前さんは何時いつもやさしい人だ。
 基督キリスト、静かに! 静かに! 誰か人間が来たやうだから、――
 鸚鵡あうむ、しつ! しつ!
 この家の主人、数人の客と共に戸棚の外に立つ。
 主人、これがわたしのコレクション[#「ョ」はママ]です。
 客の一人ひとり大分だいぶ沢山たくさんありますね。この江漢かうかんの蘭人は面白い。
 主人、其処そこにあるのは亀山焼です。これはわたしの自慢の品ですが、――
 客の一人、南蛮女ですね。阿蘭陀オランダ出来の皿の女より、余程よほど美人ではありませんか?
 主人、これですか?(阿蘭陀の女のゐる皿を取り出す)おや、何か濡れてゐるが、――
 客の一人、まさか阿蘭陀の女が泣いたと云ふ訳でもありますまい。
 客の他の一人、いや、悪口わるぐちを云はれたから、口惜くやし泣きに泣いたのかも知れません。(笑ふ)
 客の一人、一体日本出来の南蛮物には西洋出来の物にない、独得な味がありますね。
 主人、其処そこが日本なのでせう。
 客の一人、さうです。其処から今日こんにちの文明も生れて来た。将来はもつと偉大なものが生れるでせう。
 客の他の一人ひとり、この蘭人や南蛮女も亦以てめいすべしですか。――おや!
 主人、どうしたのですか?
 客の他の一人、何だかあの基督キリストが笑つたやうな気がしたのです。
 客の一人、わたしは麻利耶マリヤ観音くわんのんが笑つたやうに見えた。
 主人、気のせゐでせう。
 主客しゆかく静かに硝子ガラス戸棚の前を去る。再びかすかにちやるめらの音。
(大正十一年五月)
底本:「芥川龍之介作品集第三巻」昭和出版社
   1965(昭和40)年12月20日発行
入力:j.utiyama
校正:かとうかおり
1999年1月26日公開
2004年3月6日修正
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。
ふりがなを非表示縦書きで表示