三つの窓

     1 鼠

 一等戦闘艦××の横須賀よこすか軍港へはいったのは六月にはいったばかりだった。軍港を囲んだ山々はどれも皆雨のために煙っていた。元来軍艦は碇泊ていはくしたが最後、ねずみえなかったと云うためしはない。――××もまた同じことだった。長雨ながあめの中に旗をらした二万トンの××の甲板かんぱんの下にも鼠はいつか手箱だの衣嚢いのうだのにもつきはじめた。
 こう云う鼠を狩るために鼠を一匹とらえたものには一日の上陸を許すと云う副長の命令の下ったのは碇泊後三日みっかにならない頃だった。勿論水兵や機関兵はこの命令の下った時から熱心に鼠狩ねずみがりにとりかかった。鼠は彼等の力のために見る見るすうらして行った。従って彼等は一匹の鼠も争わないわけにはかなかった。
「この頃みんなの持って来る鼠は大抵たいてい八つきになっているぜ。寄ってたかって引っぱり合うものだから。」
 ガンルウムに集った将校たちはこんなことを話して笑ったりした。少年らしい顔をしたA中尉もやはり彼等の一人だった。つゆ空に近い人生はのんびりと育ったA中尉にはほんとうには何もわからなかった。が、水兵や機関兵の上陸したがる心もちは彼にもはっきりわかっていた。A中尉は巻煙草まきたばこをふかしながら、彼等の話にまじる時にはいつもこう云う返事をしていた。
「そうだろうな。おれでも八つ裂きにし兼ねないから。」
 彼の言葉は独身者どくしんものの彼だけに言われるのに違いなかった。彼の友だちのY中尉は一年ほど前に妻帯していたために大抵たいてい水兵や機関兵の上にわざと冷笑を浴びせていた。それはまた何ごとにも容易よういに弱みを見せまいとするふだんの彼の態度にもがっしていることは確かだった。褐色の口髭くちひげの短い彼は一杯いっぱい麦酒ビールに酔った時さえ、テエブルの上に頬杖ほおづえをつき、時々A中尉にこう言ったりしていた。
「どうだ、おれたちも鼠狩をしては?」
 ある雨の晴れ上った朝、甲板かんぱん士官だったA中尉はSと云う水兵に上陸を許可した。それは彼の小鼠を一匹、――しかも五体ごたいの整った小鼠を一匹とったためだった。人一倍体のたくましいSは珍しい日の光を浴びたまま、幅の狭い舷梯げんていくだって行った。すると仲間の水兵が一人ひとり身軽に舷梯を登りながら、ちょうど彼とすれ違う拍子ひょうし常談じょうだんのように彼に声をかけた。
「おい、輸入ゆにゅうか?」
「うん、輸入だ。」
 彼等の問答はA中尉の耳にはいらずにはいなかった。彼はSを呼び戻し、甲板の上に立たせたまま、彼等の問答の意味を尋ね出した。
「輸入とは何か?」
 Sはちゃんと直立し、A中尉の顔を見ていたものの、明らかにしょげ切っているらしかった。
「輸入とはそとから持って来たものであります。」
「何のために外から持って来たか?」
 A中尉は勿論何のために持って来たかを承知していた。が、Sの返事をしないのを見ると、急に彼に忌々いまいましさを感じ、力一ぱい彼のほおなぐりつけた。Sはちょっとよろめいたものの、すぐにまた不動の姿勢をした。
「誰が外から持って来たか?」
 Sはまた何とも答えなかった。A中尉は彼を見つめながら、もう一度彼の横顔を張りつける場合を想像していた。
「誰だ?」
「わたくしの家内かないであります。」
「面会に来たときに持って来たのか?」
「はい。」
 A中尉は何か心の中に微笑しずにはいられなかった。
「何に入れて持って来たか?」
「菓子折に入れて持って来ました。」
「お前のうちはどこにあるのか?」
平坂下ひらさかしたであります。」
「お前の親は達者たっしゃでいるか?」
「いえ、家内と二人暮らしであります。」
「子供はないのか?」
「はい。」
 Sはこう云う問答の中も不安らしい容子ようすを改めなかった。A中尉は彼を立たせていたまま、ちょっと横須賀よこすかの町へ目を移した。横須賀の町は山々の中にもごみごみと屋根を積み上げていた。それは日の光を浴びていたものの、妙に見すぼらしい景色けしきだった。
「お前の上陸は許可しないぞ。」
「はい。」
 SはA中尉の黙っているのを見、どうしようかと迷っているらしかった。が、A中尉は次に命令する言葉を心の中に用意していた。が、しばらく何も言わずに甲板かんぱんの上を歩いていた。「こいつは罰を受けるのを恐れている。」――そんな気もあらゆる上官のようにA中尉には愉快でないことはなかった。
「もうい。あっちへけ。」
 A中尉はやっとこう言った。Sは挙手の礼をしたのち、くるりと彼にうしろを向け、ハッチの方へ歩いて行こうとした。彼は微笑びしょうしないように努力しながら、Sの五六歩へだたったのちにわかにまた「おい待て」と声をかけた。
「はい。」
 Sは咄嗟にふり返った。が、不安はもう一度体中からだじゅうみなぎって来たらしかった。
「お前に言いつける用がある。平坂下ひらさかしたにはクラッカアを売っている店があるな?」
「はい。」
「あのクラッカアを一袋買って来い。」
「今でありますか?」
「そうだ。今すぐに。」
 A中尉は日に焼けたSのほおに涙の流れるのを見のがさなかった。――
 それから二三日たったのち、A中尉はガンルウムのテエブルに女名前の手紙に目を通していた。手紙は桃色の書簡箋しょかんせん覚束おぼつかないペンの字を並べたものだった。彼は一通り読んでしまうと、一本の巻煙草に火をつけながら、ちょうど前にいたY中尉にこの手紙を投げ渡した。
なんだ、これは? ……『昨日さくじつのことは夫の罪にては無之これなく、皆浅はかなるわたくしの心より起りしこと故、何とぞ不悪あしからず御ゆるし下されたくそうろう。……なおまた御志おこころざしのほどはのちのちまでも忘れまじく』………」
 Y中尉は手紙を持ったまま、だんだん軽蔑けいべつの色を浮べ出した。それから無愛想ぶあいそうにA中尉の顔を見、ひやかすように話しかけた。
善根ぜんこんを積んだと云う気がするだろう?」
「ふん、多少しないこともない。」
 A中尉は軽がると受け流したまま、円窓まるまどの外を眺めていた。円窓の外に見えるのは雨あしの長い海ばかりだった。しかし彼はしばらくすると、にわかに何かにじるようにこうY中尉に声をかけた。
「けれども妙に寂しいんだがね。あいつのビンタを張った時には可哀そうだともなんとも思わなかった癖に。……」
 Y中尉はちょっと疑惑とも躊躇ちゅうちょともつかない表情を示した。それから何とも返事をしずにテエブルの上の新聞を読みはじめた。ガンルウムの中には二人ふたりのほかにちょうど誰もい合わせなかった。が、テエブルの上のコップにはセロリイが何本もさしてあった。A中尉もこの水々しいセロリイの葉を眺めたまま、やはり巻煙草ばかりふかしていた。こう云うっ気ないY中尉に不思議にも親しみを感じながら。………

     2 三人

 一等戦闘艦××はある海戦を終ったのち、五隻の軍艦を従えながら、静かに鎮海湾ちんかいわんへ向って行った。海はいつかよるになっていた。が、左舷さげんの水平線の上には大きいかまなりの月が一つ赤あかと空にかかっていた。二万トンの××の中は勿論まだ落ち着かなかった。しかしそれは勝利のあとだけにきとしていることは確かだった。ただ小心者しょうしんもののK中尉だけはこう云う中にも疲れ切った顔をしながら、何か用を見つけてはわざとそこここを歩きまわっていた。
 この海戦の始まる前夜、彼は甲板かんぱんを歩いているうちにかすかな角燈かくとうの光を見つけ、そっとそこへ歩いて行った。するとそこには年の若い軍楽隊ぐんがくたい楽手がくしゅ一人ひとり甲板の上に腹ばいになり、敵の目を避けた角燈の光に聖書を読んでいるのであった。K中尉は何か感動し、この楽手に優しい言葉をかけた。楽手はちょいと驚いたらしかった。が、相手の上官の小言こごとを言わないことを発見すると、たちまち女らしい微笑を浮かべ、ず彼の言葉に答え出した。……しかしその若い楽手ももう今ではメエン・マストの根もとにあたった砲弾のために死骸しがいになって横になっていた。K中尉は彼の死骸を見た時、にわかに「死は人をして静かならしむ」と云う文章を思い出した。もしK中尉自身も砲弾のために咄嗟とっさいのちを失っていたとすれば、――それは彼にはどう云う死よりも幸福のように思われるのだった。
 けれどもこの海戦の前の出来事は感じ易いK中尉の心にいまだにはっきり残っていた。戦闘準備をととのえた一等戦闘艦××はやはり五隻の軍艦を従え、なみの高い海を進んで行った。すると右舷うげんの大砲が一門なぜかふたを開かなかった。しかももう水平線には敵の艦隊の挙げる煙も幾すじかかすかにたなびいていた。この手ぬかりを見た水兵たちの一人は砲身の上へまたがるが早いか、身軽に砲口まで腹這はらばって行き、両足でふたを押しあけようとした。しかし蓋をあけることは存外ぞんがい容易には出来ないらしかった。水兵は海を下にしたまま、何度も両足をあがくようにしていた。が、時々顔を挙げては白い歯を見せて笑ったりもしていた。そのうちに××は大うねりに進路を右へ曲げはじめた。同時にまた海は右舷うげん全体へすさまじいなみを浴びせかけた。それは勿論あっと言うに大砲に跨った水兵の姿をさらってしまうのにるものだった。海の中に落ちた水兵は一生懸命に片手を挙げ、何かおお声に叫んでいた。ブイは水兵たちのののしる声と一しょに海の上へ飛んで行った。しかし勿論××は敵の艦隊を前にした以上、ボオトをおろすわけにはかなかった。水兵はブイにとりついたものの、見る見る遠ざかるばかりだった。彼の運命は遅かれ早かれ溺死できしするのにまっていた。のみならずふかはこの海にも決して少いとは言われなかった。……
 若い楽手がくしゅの戦死に対するK中尉の心もちはこの海戦の前の出来事の記憶と対照を作らずにいるわけはなかった。彼は兵学校へはいったものの、いつか一度は自然主義の作家になることを空想していた。のみならず兵学校を卒業してからもモオパスサンの小説などを愛読していた。人生はこう云うK中尉には薄暗い一面を示し勝ちだった。彼は××に乗り組んだのち、エジプトの石棺せっかんに書いてあった「人生――戦闘せんとう」と云う言葉を思い出し、××の将校や下士卒は勿論、××そのものこそ言葉通りにエジプト人の格言を鋼鉄に組み上げていると思ったりした。従って楽手の死骸の前には何かあらゆる戦いを終った静かさを感じずにはいられなかった。しかしあの水兵のようにどこまでも生きようとする苦しさもたまらないと思わずにはいられなかった。
 K中尉はひたいの汗を拭きながら、せめては風にでも吹かれるために後部甲板こうぶかんぱんのハッチを登って行った。すると十二インチ砲塔ほうとうの前に綺麗きれいに顔をった甲板士官かんぱんしかん一人ひとり両手をうしろに組んだまま、ぶらぶら甲板を歩いていた。そのまた前には下士かし一人ひとり頬骨ほおぼねの高い顔を半ば俯向うつむけ、砲塔を後ろに直立していた。K中尉はちょっと不快になり、そわそわ甲板士官の側へ歩み寄った。
「どうしたんだ?」
「何、副長の点検前に便所へはいっていたもんだから。」
 それは勿論軍艦の中では余り珍らしくない出来事だった。K中尉はそこに腰をおろし、スタンションを取り払った左舷さげんの海や赤い鎌なりの月を眺め出した。あたりは甲板士官のくつの音のほかに人声も何も聞えなかった。K中尉は幾分か気安さを感じ、やっときょうの海戦中の心もちなどを思い出していた。
「もう一度わたくしはお願い致します。善行賞ぜんこうしょうはお取り上げになっても仕かたはありません。」
 下士かしにわかに顔を挙げ、こう甲板士官に話しかけた。K中尉は思わず彼を見上げ、薄暗い彼の顔の上に何か真剣な表情を感じた。しかし快活な甲板士官はやはり両手を組んだまま、静かに甲板を歩きつづけていた。
莫迦ばかなことを言うな。」
「けれどもここに起立していてはわたくしの部下に顔も合わされません。進級の遅れるのも覚悟しております。」
「進級の遅れるのは一大事だ。それよりそこに起立していろ。」
 甲板士官はこう言ったのち、気軽にまた甲板を歩きはじめた。K中尉も理智的には甲板士官に同意見だった。のみならずこの下士の名誉心を感傷的と思う気もちもないわけではなかった。が、じっと頭をれた下士は妙にK中尉を不安にした。
「ここに起立しているのは恥辱ちじょくであります。」
 下士は低い声に頼みつづけた。
「それはお前の招いたことだ。」
「罰は甘んじて受けるつもりでおります。ただどうか起立していることは」
「ただ恥辱と云う立てまえから見れば、どちらも畢竟ひっきょう同じことじゃないか?」
「しかし部下に威厳を失うのはわたくしとしては苦しいのであります。」
 甲板士官は何とも答えなかった。下士は、――下士もあきらめたと見え、「あります」に力を入れたぎり、一言ひとことも言わずにたたずんでいた。K中尉はだんだん不安になり、(しかもまた一面にはこの下士の感傷主義にだまされまいと云う気もないわけではなかった。)何か彼のために言ってやりたいのを感じた。しかしその「何か」も口を出た時には特色のない言葉に変っていた。
「静かだな。」
「うん。」
 甲板士官はこう答えたなり、今度はあごをなでて歩いていた。海戦の前夜にK中尉に「昔、木村重成きむらしげなりは……」などと言い、特に叮嚀ていねいっていたあごを。……
 この下士は罰をすましたのち、いつか行方ゆくえ不明になってしまった。が、投身することは勿論当直とうちょくのある限りは絶対に出来ないのに違いなかった。のみならず自殺のおこなわれ易い石炭庫せきたんこの中にもいないことは半日とたたないうちに明かになった。しかし彼の行方不明になったことは確かに彼の死んだことだった。彼は母や弟にそれぞれ遺書を残していた。彼に罰を加えた甲板士官は誰の目にも落ち着かなかった。K中尉は小心しょうしんものだけに人一倍彼に同情し、K中尉自身の飲まない麦酒ビールを何杯もいずにはいられなかった。が、同時にまた相手の酔うことを心配しずにもいられなかった。
「何しろあいつは意地っぱりだったからなあ。しかし死ななくってもいじゃないか?――」
 相手は椅子いすからずり落ちかかったなり、何度もこんな愚痴ぐちを繰り返していた。
「おれはただ立っていろと言っただけなんだ。それを何も死ななくったって、……」
 ××の鎮海湾ちんかいわん碇泊ていはくしたのち煙突えんとつ掃除そうじにはいった機関兵は偶然この下士を発見した。彼は煙突の中に垂れた一すじのくさり縊死いししていた。が、彼の水兵服は勿論、皮や肉も焼け落ちたために下っているのは骸骨がいこつだけだった。こう云う話はガンルウムにいたK中尉にも伝わらないわけはなかった。彼はこの下士の砲塔の前にたたずんでいた姿を思い出し、まだどこかに赤い月の鎌なりにかかっているように感じた。
 この三人の死はK中尉の心にいつまでも暗い影を投げていた。彼はいつか彼等の中に人生全体さえ感じ出した。しかし年月ねんげつはこの厭世えんせい主義者をいつか部内でも評判のい海軍少将の一人に数えはじめた。彼は揮毫きごうすすめられても、滅多めったに筆をとり上げたことはなかった。が、やむを得ない場合だけは必ず画帖がじょうなどにこう書いていた。
君看双眼色きみみよそうがんのいろ
不語似無愁かたらざればうれいなきににたり

     3 一等戦闘艦××

 一等戦闘艦××は横須賀よこすか軍港のドックにはいることになった。修繕工事しゅうぜんこうじは容易にはかどらなかった。二万トンの××は高い両舷りょうげんの内外に無数の職工をたからせたまま、何度もいつにない苛立いらだたしさを感じた。が、海に浮かんでいることもかきにとりつかれることを思えば、むずがゆい気もするのに違いなかった。
 横須賀軍港には××の友だちの△△も碇泊ていはくしていた。一万二千噸の△△は××よりも年の若い軍艦だった。彼等は広い海越しに時々声のない話をした。△△は××の年齢には勿論、造船技師の手落ちからかじの狂い易いことに同情していた。が、××をいたわるために一度もそんな問題を話し合ったことはなかった。のみならず何度も海戦をして来た××に対する尊敬のためにいつも敬語を用いていた。
 するとある曇った午後、△△は火薬庫に火のはいったためににわかに恐しい爆声を挙げ、半ば海中に横になってしまった。××は勿論びっくりした。(もっとも大勢おおぜいの職工たちはこの××のふるえたのを物理的に解釈したのに違いなかった。)海戦もしない△△の急に片輪かたわになってしまう、――それは実際××にはほとんど信じられないくらいだった。彼は努めて驚きを隠し、はるかに△△を励したりした。が、△△は傾いたまま、ほのおや煙の立ちのぼる中にただうなり声を立てるだけだった。
 それから三四日たったのち、二万噸の××は両舷の水圧を失っていたためにだんだん甲板かんぱん乾割ひわれはじめた。この容子ようすを見た職工たちはいよいよ修繕工事を急ぎ出した。が、××はいつのにか彼自身を見離していた。△△はまだ年も若いのに目の前の海に沈んでしまった。こう云う△△の運命を思えば、彼の生涯は少くとも喜びや苦しみをめ尽していた。××はもう昔になったある海戦の時を思い出した。それは旗もずたずたにければ、マストさえ折れてしまう海戦だった。……
 二万噸の××は白じらと乾いたドックの中に高だかと艦首をもたげていた。彼の前には巡洋艦や駆逐艇が何隻も出入しゅつにゅうしていた。それから新らしい潜航艇や水上飛行機も見えないことはなかった。しかしそれ等は××にははかなさを感じさせるばかりだった。××は照ったり曇ったりする横須賀軍港を見渡したまま、じっと彼の運命を待ちつづけていた。そのあいだもやはりおのずから甲板のじりじりり返って来るのに幾分か不安を感じながら。……
(昭和二年六月十日)

底本:「芥川龍之介全集6」ちくま文庫、筑摩書房
   1987(昭和62)年3月24日第1刷発行
   1993(平成5)年2月25日第6刷発行
底本の親本:「筑摩全集類聚版芥川龍之介全集」筑摩書房
   1971(昭和46)年3月〜11月刊行
入力:j.utiyama
校正:多羅尾伴内
2004年1月5日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。
ふりがなを非表示縦書きで表示