鴉片

 クロオド・フアレエルの作品を始めて日本に紹介したのは多分堀口大学氏であらう。僕はもう六七年前に「三田文学」の為に同氏の訳した「キツネ」艦の話を覚えてゐる。
「キツネ」艦の話は勿論もちろん、フアレエルの作品にみてゐるものは東洋の鴉片アヘンの煙である。僕はこの頃矢野目源一氏の訳した、やはりフアレエルの「静寂の外に」を読み、もう一度この煙に触れることになつた。もつともこの「静寂の外に」はかんばしい鴉片の匂の外にも死人の匂をも漂はせてゐる。「ポオとボオドレエル」兄弟商会の造つた死人の匂をも漂はせてゐる。
「おや、聞えたぞ。いや、空耳だらう。己にはわからない。死人の土地から洩れて来るにしてはあんまり音が大き過ぎる。一体ここで物の割れる音なんかするわけがない。泥溜どろだめの中で棺桶がくさめをする。――一枚の板が揺ぶられる。頑丈な釘がうちつけてあるのを恐しい音をさせてきしませる。……」
 これはポオの「Premature Burial」が大西洋の彼岸に伝へた幾多の反響の一つである。が、そんなことはどうでも好い。僕にちよつと面白かつたのは下に引用する一節である。――
「ところですで仏蘭西フランスの土地で阿片を造らうとして失敗をつづけながらさまざまに苦心した。東京トンキンから持つて来た罌粟けしの種子を死骸で肥えた墓地に植ゑて見ると思ひの外に成績がよくてその特徴を発揮させることが出来た。今では、その毒汁で脹らんだ芥子坊主けしぼうずを切りさへすれば、望み通りに茶色の涙のやうなものがぼろぼろと滴り落ちて来る。……」
 鴉片に死人を想はせるのはフアレエルの作品に始まつたのではない。僕はこの頃漫然と※(「木+越」、第3水準1-86-11)ゆゑつの「右台仙館筆記うたいせんくわんひつき」を読んでゐるうちにかう云ふ俗伝は支那人の中にもあつたと云ふことを発見した。それは同書の中に掲げた「賈慎庵かしんあん」の話に出合つたからである。
 賈慎庵は何でも乾隆けんりゆうの末の老諸生の一人だつたと云ふことである。それが或夜の夢の中に大きい役所らしい家の前へ行つた。家は重門ことごとおほひ、げきとしてどこにも人かげは見えない。「正に徘[#「徘」は底本では「俳」]はいくわいの間、にはかに数人あり、一婦を擁して遠きより来り、この門の外に至る。」それから彼等はどう云ふ量見か、婦人の上下衣を奪つてしまつた。婦人はまだ年少である。のみならず姿色もない訣ではない。「瑩然えいぜんとして裸立す、羞愧しうきの状、殆ど堪ふ可からず。」気を負うたは直ちに進んで彼等の無状を叱りつけた。
汝輩なんぢがはい、何びとぞ。敢て無礼をする?」
 しかし彼等は微笑したまま、かう云ふ返答をしただけである。
「此れ何ぞ異とするに足らん。」
「言、未だをはらず。門たちまひらく。数人有り。一巨桶いちきよとうかうして出づ。一吏文書を執つてその後に随つて去る。衆即ち裸婦を擁して入る。賈もまた随つて入る。」それから数門を過ぎて一広庭に至ると、「男女数百を見る。或は立ち、或は坐し、或は臥す。而して皆裸にして寸縷すんる無し。堂上に一官坐す。其前に一大搾牀さくしやうを設く。健夫数輩、大鉄叉を執り、任意に男婦をつて槽内に叉置さちし、大石を用つて之を圧搾す。膏血かうけつ淋漓りんりたり。下に承くるに盆を以てす。盆満つれば即ち巨桶中に※(「てへん+邑」、第3水準1-84-78)いふちうす。かくの如きもの十余次。巨桶すなはち満つ。数人之を扛して出づ。官文書を判して一吏に付し、ともに同じく出づ。」そこで賈が吏の顔を見ると、これはとうに墓の下へはひつた昔の隣人の周達夫しうたつふである。賈は進んで周の名を呼んだ。
んぞ此に在るか? 此れあに久しく留るけんや。すみやかに我に従つて出でよ。」
 周は驚いてかう言つた。が、賈は更に桶中とうちうの物の何であるかを尋ねて見た。
「鴉片煙膏えんかうなり。」
 鴉片はまだ乾隆の末には今日のやうに流行しなかつた。従つて賈も亦鴉片とは何ものであるかを知らなかつた。
「鴉片煙とは何物ぞ?」
「方今承平日に久しく、人口過剰に苦しんでゐる。宜しく大劫だいこふ銷除せうぢよする有るべし。元来大劫なるものは水火刀兵の災に過ぐるものはない。このこふに遇ふものは賢愚ともに滅びてしまふ。福善禍淫の説も往往此に至つて窮まるものである。そこで天帝は諸神の会議を召集し、特に鴉片煙劫をはじめることにした。鴉片煙劫とは世間の罌粟の花汁くわじふを借り、熬錬がうれんしてかうと成し、人の吸食に任ずるものである。この煙を食ふものは劫中に在り、この煙を食はざるものは劫中に在らず。その人の自ら取るに任かせて造物の不仁を咎めさせないのである。この劫有りて以て人口過剰の数を銷除せうぢよすれば、則ち水火刀兵の諸劫は十の五六を減ずるであらう。けれどもこの罌粟と云ふものは草花に属するものであり、古来世間には多いものである。その又汁も淡薄であるから、がうして膏とすることは出来ない。故に九幽の主に命じ無間地獄中に不忠不孝無礼義破廉恥諸罪の魂を選び取つてこの間に録送し膏血を搾取して地上山陵原隰墳衍の神に転付しこの膏血をして罌粟の花根内に灌ぎ入らしめ根よりして上は花苞に達せしむれば則ちその汁も自然に濃郁にして一たび熬錬を経れば光色黝然たらん子試みに之を識れ数十年の後この煙天下に遍からん。」
 賈は更に尋ねようとした。「忽ち又人有り。数十の男婦を駆りて至る。鞭策べんさく甚だ苦。声をひとしうして呼号す。」賈はおどろいて目を醒ました。それからこの夢を人に語つた。けれども誰一人信ずるものはない。そのうちに道光の中葉頃に至り、鴉片煙は果して流行し出した。尤も賈はそれよりも前に故人の数にはひつてゐる。しかし賈の夢の話は未だに人の耳に残つてゐる。そこでその頃誰からともなしに「鴉片煙中死人の膏血有り」などと口々に言ひはやすやうになつた。……
 墓地に植ゑた罌粟の花から絶好の鴉片が得られると云ふのはフアレエルの想像の生んだものであらうか? それとも又上に掲げた支那の俗伝の生んだものであらうか? 僕は勿論どちらとも断言する資格を持つてゐない。唯この俗伝を生じたのも或は虞美人ぐびじんの血の化して虞美人草となつた話に根ざしてゐるかと思ふだけである。
 なほ最後につけ加へたいのは鴉片の煙は煙草のそれよりも、――殊に紙巻や葉巻のそれよりも東洋的香気の強いことである。し鴉片の煙の匂に近い匂を求めるとすれば、それは人気のない墓地の隅に寺男か何かの掃き集めたしきみの葉を焚いてゐる匂であらう。従つて鴉片の煙の匂は清朝の支那人は暫く問はず、僕等現代の日本人にも墓、――死人、――死などと云ふ聯想を伴ひ易いものである。が、それ等の聯想は必しもあの「悪の華」の色彩を帯びてゐるとは限つてゐない。僕はこの文章を草しながら、寧ろいつか読んだことのある青々せいせいの発句を思ひ出してゐる。――
初冬や谷中やなかあたりの墓の菊
底本:「芥川龍之介全集 第十三巻」岩波書店
   1996(平成8)年11月8日発行
入力:もりみつじゅんじ
校正:林 幸雄
2002年1月26日公開
2004年3月17日修正
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。
ふりがなを非表示縦書きで表示