往生絵巻

わらべ やあ、あそこへ妙な法師ほふしが来た。みんな見ろ。みんな見ろ。
鮓売すしうりの女 ほんたうに妙な法師ぢやないか? あんなに金鼓ごんぐをたたきながら、何だか大声にわめいてゐる。……
薪売まきうりおきな わしは耳が遠いせゐか、何を喚くのやら、さつぱりわからぬ。もしもし、あれは何と云うて居りますな?
箔打はくうちの男 あれは「阿弥陀仏あみだぶつよや。おおい。おおい」と云つてゐるのさ。
薪売の翁 ははあ、――では気違ひだな。
箔打の男 まあ、そんな事だらうよ。
菜売なうりおうな いやいや、難有ありがた御上人おしやうにんかも知れぬ。わたしは今のに拝んで置かう。
鮓売の女 それでも憎々にくにくしい顔ぢやないか? あんな顔をした御上人が何処どこの国にゐるものかね。
菜売の媼 勿体もつたいない事を御云ひでない。ばちでも当つたら、どうおしだえ?
童 気違ひやい。気違ひやい。
五位ごゐ入道にふだう 阿弥陀仏よや。おおい。おおい。
犬 わんわん。わんわん。
物詣ものまうでの女房 御覧なさいまし。可笑をかしい法師が参りました。
そのつれ ああ云ふ莫迦者ばかものは女と見ると、悪戯いたづらをせぬとも限りません。幸ひ近くならぬ内に、こちらの路へ切れてしまひませう。
鋳物師いものし おや、あれは多度たどの五位殿ぢやないか?
水銀みずかねを商ふ旅人 五位殿だか何だか知らないが、あの人が急に弓矢を捨てて、出家してしまつたものだから、多度たどでは大変な騒ぎだつたよ。
青侍あをざむらひ 成程五位殿に違ひない。北の方や御子様たちは、さぞかし御歎きなすつたらう。
水銀を商ふ旅人 何でも奥方や御子供衆は、泣いてばかり御出でだとか云ふ事でした。
鋳物師 しかし妻子つまこを捨ててまでも、仏門に入らうとなすつたのは、近頃健気けなげな御志だ。
干魚ひうをを売る女 何の健気な事がありますものか? 捨てられた妻子の身になれば、弥陀仏でも女でも、男を取つたものには怨みがありますわね。
青侍 いや、大きにこれも一理窟だ。ははははは。
犬 わんわん。わんわん。
五位の入道 阿弥陀仏よや。おおい。おおい。
馬上の武者 ええ、馬が驚くわ。どうどう。
ひつをおへる従者ずさ 気違ひには手がつけられませぬ。
老いたる尼 あの法師は御存知の通り、殺生好せつしやうずきな悪人でしたが、よく発心ほつしんしたものですね。
若き尼 ほんたうに恐しい人でございました。山狩や川狩をするばかりか、乞食なぞも遠矢とほやにかけましたつけ。
手に足駄あしだ穿ける乞食 い時につたものだ。もう二三日早かつたら、胴中どうなかに矢の穴が明いたかも知れぬ。
胡桃くるみなどを商ふあるじ どうして又ああ云ふ殺伐さつばつな人が、頭をる気になつたのでせう?
老いたる尼 さあ、それは不思議ですが、やはり御仏みほとけ御計おんはからひでせう。
油を商ふ主 わたしはきつと天狗か何かが、いてゐると思ふのだがね。
栗胡桃などを商ふ主 いや、私は狐だと思つてるのさ。
油を商ふ主 それでも天狗はどうかすると、仏に化けると云ふぢやないか?
栗胡桃などを商ふ主 何、仏に化けるものは、天狗ばかりに限つた事ぢやない。狐もやつぱり化けるさうだ。
手に足駄を穿ける乞食 どれ、この暇にくびの袋へ、栗でも一ぱい盗んで行かうか。
若き尼 あれあれ、あの金鼓ごんぐに驚いたのか、とりが皆屋根へあがりました。
五位の入道 阿弥陀仏よや。おおい。おおい。
釣をする下衆げす これは騒々しい法師が来たものだ。
そのつれ どうだ、あれは? ゐざりの乞食が駈けて行くぜ。
牟子むしをしたる旅の女 私はちと足が痛うなつた。あの乞食の足でも借りたいものぢや。
皮子かはごを負へる下人 もうこの橋を越えさへすれば、すぐに町でございます。
釣をする下衆 牟子の中が一目見てやりたい。
その伴 おや、側見わきみをしてゐる内に、何時いつか餌をとられてしまつた。
五位の入道 阿弥陀仏よや。おおい。おおい。
からす かあかあ。
田を植うる女 「時鳥ほととぎすよ。おれよ。かやつよ。おれ泣きてぞわれは田に立つ。」
その伴 御覧よ。可笑をかしい法師ぢやないか。
鴉 かあかあ。かあかあ。
五位の入道 阿弥陀仏よや。おおい。おおい。
暫時人声ひとごゑなし。松風の音 こうこう。
五位の入道 阿弥陀仏よや。おおい。おおい。
再び松風の音 こうこう。
五位の入道 阿弥陀仏よや。おおい。おおい。
老いたる法師 御坊ごばう。御坊。
五位の入道 身共みどもを御呼びとめなすつたかな?
老いたる法師 如何いかにも。御坊は何処へ御行きなさる?
五位の入道 西へ参る。
老いたる法師 西は海ぢや。
五位の入道 海でもとんと大事ござらぬ。身共は阿弥陀仏を見奉るまでは、何処どこまでも西へ参る所存しよぞんぢや。
老いたる法師 これは面妖めんえうな事を承るものぢや。では御坊は阿弥陀仏が、今にもありありとのあたりに、拝ませられると御思ひかな?
五位の入道 思はねば何も大声に、御仏みほとけの名なぞを呼びは致さぬ。身共の出家もその為でござるよ。
老いたる法師 それには何か仔細しさいでもござるかな?
五位の入道 いや、別段仔細なぞはござらぬ。唯一昨日をととひ狩の帰りに、或講師の説法を聴聞ちやうもんしたと御思ひなされい。その講師の申されるのを聞けば、どのやうな破戒の罪人でも、阿弥陀仏に知遇ちぐうし奉れば、浄土に往かれると申す事ぢや。身共はその時体中の血が、一度に燃え立つたかと思ふ程、急に阿弥陀仏が恋しうなつた。……………
老いたる法師 それから御坊はどうなされたな?
五位の入道 身共は講師をとつて伏せた。
老いたる法師 何、とつて伏せられた?
五位の入道 それから刀を引き抜くと、講師の胸さきへつきつけながら、阿弥陀仏の在処ありかを責め問うたよ。
老いたる法師 これは又滅相な尋ね方ぢや。さぞ講師は驚いたでござらう。
五位の入道 苦しさうにまなこり上げた儘、西、西と申された。――や、とかうするうちに、もう日暮ぢや。途中に暇を費してゐては、阿弥陀仏の御前おんまへおそれ多い。では御免ごめんかうむらうか。――阿弥陀仏よや。おおい。おおい。
老いたる法師 いや、飛んだ物狂ひに出合うた。どれわしも帰るとしよう。
三度みたび松風の音 こうこう。更に又浪の音 どぶりどぶり。
五位の入道 阿弥陀仏よや。おおい。おおい。
浪の音 時に千鳥の声 ちりりりちりちり。
五位の入道 阿弥陀仏よや。おおい。おおい。――この海辺うみべには舟も見えぬ。見えるのは唯浪ばかりぢや。阿弥陀仏の生まれる国は、あの浪の向ふにあるかも知れぬ。もし身共みどもの鳥ならば、すぐに其処へ渡るのぢやが、……しかしあの講師も阿弥陀仏には、広大無辺くわうだいむへんの慈悲があると云うた。して見れば身共が大声に、御仏の名前を呼び続けたら、答位はなされぬ事もあるまい。されずば呼びじにに、死ぬるまでぢや。幸ひ此処に松の枯木が、二股に枝を伸ばしてゐる。まづこの梢に登るとしようか。――阿弥陀仏よや。おおい。おおい。
再び浪の音 どぶりどぶん。
老いたる法師 あの物狂ひに出合つてから、もう今日は七日目なぬかめぢや。何でも生身しやうじんの阿弥陀仏に、御眼にかかるなぞと云うてゐたが。その後は何処いづくへ行き居つたか、――おお、この枯木の梢の上に、たつた一人登つてゐるのは、まぎれもない法師ぢや。御坊ごばう。御坊。……返事をせぬのも不思議はない。何時いつか息が絶えてゐるわ。餌袋ゑぶくろも持たぬ所を見れば、可哀さうに餓死うゑしんだと見える。
三度波の音 どぶんどぶん。
老いたる法師 このまま梢に捨てて置いては、鴉の餌食にならうも知れぬ。何事も前世の因縁ぢや。どれわしが葬うてやらう。――や、これはどうぢや。この法師の屍骸しがいの口には、まつ白な蓮華れんげが開いてゐるぞ。さう云へば此処へ来た時から、異香いかうも漂うてはゐた容子ようすぢや。では物狂ひと思うたのは、尊い上人しやうにんでゐらせられたのか。それとも知らずに、御無礼を申したのは、へすへすもわしの落度ぢや。南無阿弥陀仏。南無阿弥陀仏。南無阿弥陀仏。南無阿弥陀仏。
(大正十年三月)

底本:「現代日本文学大系43芥川龍之介集」筑摩書房
   1968(昭和43)年8月25日初版第1刷発行
入力:j.utiyama
校正:earthian
1998年12月28日公開
2004年2月18日修正
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。
ふりがなを非表示縦書きで表示