虎の話

 師走しはすの或、父は五歳になる男の子をき、一しよに炬燵こたつへはひつてゐる。
 子 お父さんなにかお話しをして!
 父 なんの話?
 子 なんでも。……うん、虎のお話がいや。
 父 虎の話? 虎の話は困つたな。
 子 よう、虎の話をさあ。
 父 虎の話と。……ぢや虎の話をして上げよう。昔、朝鮮のらつぱそつがね、すつかりお酒に酔つ払らつて、山路やまみちにぐうぐう寝てゐたとさ。すると顔が濡れるもんだから、何かと思つて目をさますと、いつのにか大きい虎が一匹、の先に水をつけてはらつぱ卒の顔を撫でてゐたとさ。
 子 どうして?
 父 そりやらつぱ卒が酔つぱらつてゐたから、お酒つ臭いにほひをなくした上、食べることにしようと思つたのさ。
 子 それから?
 父 それかららつぱ卒は覚悟をきめて、力一ぱい持つてゐたらつぱを虎のお尻へ突き立てたとさ。虎は痛いのにびつくりして、どんどん町の方へ逃げ出したとさ。
 子 死ななかつたの?
 父 そのうちに町のまん中へ来ると、とうとうお尻の傷の為に倒れて死んでしまつたとさ。けれどもお尻に立つてゐたらつぱは虎の死んでしまふまで、ぶうぶう鳴りつづけに鳴つてゐたとさ。
 子 (笑ふ)らつぱ卒は?
 父 らつぱ卒は大へん褒められて虎退治の御褒美ごはうびを貰つたつて……さあ、それでおしまひだよ。
 子 いやだ。何かもう一つ。
 父 今度は虎の話ぢやないよ。
 子 ううん、今度も虎のお話をして。
 父 そんなに虎の話ばかりありやしない。ええと、何かなかつたかな?……ああ、ぢやもう一つして上げよう。これも朝鮮の猟師がね、或山奥へ狩をしに行つたら、丁度ちやうど目の下の谷底に虎が一匹歩いてゐたとさ。
 子 大きい虎?
 父 うん、大きい虎がね。猟師はい獲物だと思つて早速さつそく鉄砲へ玉をこめたとさ。
 子 打つたの?
 父 ところが打たうとした時にね、虎はいきなり身をちぢめたと思ふと、向うの大岩に飛びあがつたとさ。けれども宙へ躍り上つたぎり、生憎あいにく大岩へとどかないうちに地びたへ落ちてしまつたとさ。
 子 それから?
 父 それから虎はもう一度もとの処へ帰つて来た上、又大岩へ飛びかかつたとさ。
 子 今度はうまく飛びついた?
 父 今度もまた落ちてしまつたとさ。すると如何いかにもはづかしさうに長いを垂らしたなり、何処どこかへ行つてしまつたとさ。
 子 ぢや虎は打たなかつたの?
 父 うん、あんまりその容子ようすが人間のやうに見えたもんだから、可哀かはいさうになつてよしてしまつたつて。
 子 つまらないなあ、そんなお話。何かもう一つ虎のお話をして。
 父 もう一つ? 今度は猫の話をしよう。長靴をはいた猫の話を。
 子 ううん、もう一つ虎のお話をして。
 父 仕かたがないな。……ぢや昔大きい虎がね。子虎を三匹持つてゐたとさ。虎はいつも日暮になると三匹の子虎と遊んでゐたとさ。それからよる洞穴ほらあなへはひつて三匹の子虎と一しよに寝たとさ。……おい、寝ちまつちやいけないよ。
 子 (眠むさうに)うん。
 父 ところが或秋の日の暮、虎は猟師の矢を受けて、死なないばかりになつて帰つて来たとさ。なんにも知らない三匹の子虎はすぐに虎にじやれついたとさ。すると虎はいつものやうに躍つたりはねたりして遊んだとさ。それから又夜もいつものやうに洞穴へはひつて一しよに寝たとさ。けれども夜明けになつて見ると、虎は、いつか三匹の子虎のまん中へはひつて死んでゐたとさ。子虎は皆驚いて、……おい、おきてゐるかい?
 子 (寝入つて答へをしない)……
 父 おい、誰かゐないか? こいつはもう寝てしまつたよ。
 遠くで「はい、唯今」といふ返事が聞える。
(大正十四年十二月)

底本:「芥川龍之介作品集第四巻」昭和出版社
   1965(昭和40)年12月20日発行
※底本の「護物」「子 それから/父 それから虎は…」「何処(どこ)かへ行つてしまつたとさ」はそれぞれ、「獲物」「子 それから?/父 それから虎は…」「何処(どこ)かへ行つてしまつたとさ。」にあらためました。
※疑問点の確認にあたっては、「芥川龍之介全集 第十三巻」岩波書店、1996(平成8)年11月8日発行を参照しました。
入力:j.utiyama
校正:かとうかおり
1999年1月27日公開
2003年10月7日修正
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。
ふりがなを非表示縦書きで表示