保吉の手帳から

     わん

 ある冬の日の暮、保吉やすきち薄汚うすぎたないレストランの二階に脂臭あぶらくさい焼パンをかじっていた。彼のテエブルの前にあるのは亀裂ひびの入った白壁しらかべだった。そこにはまたはすかいに、「ホット(あたたかい)サンドウィッチもあります」と書いた、細長い紙がりつけてあった。(これを彼の同僚の一人は「ほっと暖いサンドウィッチ」と読み、真面目まじめ不思議ふしぎがったものである。)それから左は下へ降りる階段、右はすぐ硝子ガラス窓だった。彼は焼パンを齧りながら、時々ぼんやり窓の外を眺めた。窓の外には往来の向うに亜鉛屋根トタンやねの古着屋が一軒、職工用の青服だのカアキ色のマントだのをぶら下げていた。
 その学校には六時半から、英語会が開かれるはずになっていた。それへ出席する義務のあった彼はこの町に住んでいない関係上、いやでも放課後六時半まではこんなところにいるより仕かたはなかった。たし土岐哀果ときあいか氏の歌に、――間違ったならば御免なさい。――「遠く来てこのくそのよなビフテキをかじらねばならず妻よ妻よ恋し」と云うのがある。彼はここへ来る度に、必ずこの歌を思い出した。もっとも恋しがるはずの妻はまだ貰ってはいなかった。しかし古着屋の店を眺め、脂臭あぶらくさい焼パンをかじり、「ホット(あたたかい)サンドウィッチ」を見ると、「妻よ妻よ恋し」と云う言葉はおのずからくちびるのぼって来るのだった。
 保吉はこのあいだも彼のうしろに、若い海軍の武官が二人、麦酒ビイルを飲んでいるのに気がついていた。その中の一人は見覚えのある同じ学校の主計官しゅけいかんだった。武官に馴染なじみの薄い彼はこの人の名前を知らなかった。いや、名前ばかりではない。少尉級か中尉級かも知らなかった。ただ彼の知っているのは月々の給金きゅうきんを貰う時に、この人の手をると云うことだけだった。もう一人ひとりは全然知らなかった。二人ふたり麦酒ビイルの代りをする度に、「こら」とか「おい」とか云う言葉を使った。女中はそれでもいやな顔をせずに、両手にコップを持ちながら、まめに階段をのぼりした。そのくせ保吉のテエブルへは紅茶を一杯いっぱい頼んでも容易に持って来てはくれなかった。これはここに限ったことではない。この町のカフェやレストランはどこへ行っても同じことだった。
 二人は麦酒を飲みながら、何か大声に話していた。保吉は勿論もちろんその話に耳を貸していたわけではなかった。が、ふと彼を驚かしたのは、「わんと云え」と云う言葉だった。彼は犬を好まなかった。犬を好まない文学者にゲエテとストリントベルグとを数えることを愉快ゆかいに思っている一人だった。だからこの言葉を耳にした時、彼はこんなところにってい勝ちな、大きい西洋犬せいよういぬを想像した。同時にそれが彼のうしろにうろついていそうな無気味ぶきみさを感じた。
 彼はそっと後ろを見た。が、そこには仕合せと犬らしいものは見えなかった。ただあの主計官が窓の外を見ながら、にやにや笑っているばかりだった。保吉は多分犬のいるのは窓の下だろうと推察すいさつした。しかし何だか変な気がした。すると主計官はもう一度、「わんと云え。おい、わんと云え」と云った。保吉は少しからだ※(「てへん+丑」、第4水準2-12-93)げ、向うの窓の下をのぞいて見た。まず彼の目にはいったのは何とか正宗まさむねの広告を兼ねた、まだ火のともらない軒燈けんとうだった。それから巻いてある日除ひよけだった。それから麦酒樽ビイルだる天水桶てんすいおけの上にし忘れたままの爪革つまかわだった。それから、往来の水たまりだった。それから、――あとは何だったにせよ、どこにも犬の影は見なかった。その代りに十二三の乞食こじきが一人、二階の窓を見上げながら、寒そうに立っている姿が見えた。
「わんと云え。わんと云わんか!」
 主計官はまたこう呼びかけた。その言葉には何か乞食の心を支配する力があるらしかった。乞食はほとんど夢遊病者のように、目はやはり上を見たまま、一二歩窓の下へ歩み寄った。保吉はやっと人の悪い主計官の悪戯あくぎを発見した。悪戯?――あるいは悪戯ではなかったかも知れない。なかったとすれば実験である。人間はどこまで口腹こうふくのために、自己の尊厳を犠牲ぎせいにするか?――と云うことに関する実験である。保吉自身の考えによると、これは何もいまさらのように実験などすべき問題ではない。エサウは焼肉のために長子権ちょうしけんなげうち、保吉はパンのために教師きょうしになった。こう云う事実を見れば足りることである。が、あの実験心理学者はなかなかこんなことぐらいでは研究心の満足を感ぜぬのであろう。それならば今日生徒に教えた、De gustibus non est Disputandum である。たでう虫も好ききである。実験したければして見るがい。――保吉はそう思いながら、窓の下の乞食を眺めていた。
 主計官はしばらく黙っていた。すると乞食こじきは落着かなそうに、往来おうらいの前後を見まわし始めた。犬の真似まねをすることには格別異存はないにしても、さすがにあたりの人目だけははばかっているのに違いなかった。が、その目の定まらない内に、主計官は窓の外へ赤い顔を出しながら、今度は何か振って見せた。
「わんと云え。わんと云えばこれをやるぞ。」
 乞食の顔は一瞬間、物欲しさに燃え立つようだった。保吉は時々乞食と云うものにロマンティックな興味を感じていた。が、憐憫れんびんとか同情とかは一度も感じたことはなかった。もし感じたと云うものがあれば、莫迦ばかうそつきかだとも信じていた。しかし今その子供の乞食がくびを少しらせたまま、目を輝かせているのを見ると、ちょいといじらしい心もちがした。ただしこの「ちょいと」と云うのはのないちょいとである。保吉はいじらしいと思うよりも、むしろそう云う乞食の姿にレムブラント風の効果を愛していた。
「云わんか? おい、わんと云うんだ。」
 乞食は顔をしかめるようにした。
「わん。」
 声はいかにもかすかだった。
「もっと大きく。」
「わん。わん。」
 乞食はとうとう二声鳴いた。と思うと窓の外へネエベル・オレンジが一つ落ちた。――その先はもう書かずともい。乞食は勿論オレンジに飛びつき、主計官は勿論もちろん笑ったのである。
 それから一週間ばかりたったのち、保吉はまた月給日に主計部へ月給を貰いに行った。あの主計官はいそがしそうにあちらの帳簿ちょうぼを開いたり、こちらの書類をひろげたりしていた。それが彼の顔を見ると、「俸給ほうきゅうですね」と一言ひとこと云った。彼も「そうです」と一言答えた。が、主計官は用が多いのか、容易よういに月給を渡さなかった。のみならずしまいには彼の前へ軍服のしりを向けたまま、いつまでも算盤そろばんはじいていた。
「主計官。」
 保吉はしばらく待たされたのち懇願こんがんするようにこう云った。主計官は肩越しにこちらを向いた。そのくちびるには明らかに「すぐです」と云う言葉が出かかっていた。しかし彼はそれよりも先に、ちゃんと仕上げをした言葉をいだ。
「主計官。わんと云いましょうか? え、主計官。」
 保吉の信ずるところによれば、そう云った時の彼の声は天使よりも優しいくらいだった。

     西洋人

 この学校へは西洋人が二人、会話や英作文を教えに来ていた。一人はタウンゼンドと云う英吉利イギリス人、もう一人はスタアレットと云う亜米利加アメリカ人だった。
 タウンゼンド氏は頭の禿げた、日本語の旨い好々爺こうこうやだった。由来西洋人の教師きょうしと云うものはいかなる俗物にもかかわらずシェクスピイアとかゲエテとかを喋々ちょうちょうしてやまないものである。しかし幸いにタウンゼンド氏は文芸の文の字もわかったとは云わない。いつかウワアズワアスの話が出たら、「詩と云うものは全然わからぬ。ウワアズワアスなどもどこがいのだろう」と云った。
 保吉やすきちはこのタウンゼンド氏と同じ避暑地ひしょちに住んでいたから、学校の往復にも同じ汽車に乗った。汽車はかれこれ三十分ばかりかかる。二人はその汽車の中にグラスゴオのパイプをくわえながら、煙草たばこの話だの学校の話だの幽霊ゆうれいの話だのを交換した。セオソフィストたるタウンゼンド氏はハムレットに興味を持たないにしても、ハムレットの親父おやじの幽霊には興味を持っていたからである。しかし魔術とか錬金術れんきんじゅつとか、occult sciences の話になると、氏は必ずもの悲しそうに頭とパイプとを一しょに振りながら、「神秘のとびらは俗人の思うほど、ひらき難いものではない。むしろその恐しい所以ゆえん容易よういに閉じ難いところにある。ああ云うものには手をれぬがい」と云った。
 もう一人のスタアレット氏はずっと若い洒落者しゃれものだった。冬は暗緑色のオオヴァ・コートに赤い襟巻えりまきなどを巻きつけて来た。この人はタウンゼンド氏に比べると、時々は新刊書ものぞいて見るらしい。現に学校の英語会に「最近の亜米利加アメリカの小説家」と云う大講演をやったこともある。もっともその講演によれば、最近の亜米利加の大小説家はロバアト・ルイズ・スティヴンソンかオオ・ヘンリイだと云うことだった!
 スタアレット氏も同じ避暑地ではないが、やはり沿線のある町にいたから、汽車を共にすることは度たびあった。保吉は氏とどんな話をしたか、ほとんど記憶に残っていない。ただ一つ覚えているのは、待合室の煖炉だんろの前に汽車を待っていた時のことである。保吉はその時欠伸あくびまじりに、教師と云う職業の退屈たいくつさを話した。すると縁無ふちなしの眼鏡めがねをかけた、男ぶりのいスタアレット氏はちょいと妙な顔をしながら、
「教師になるのは職業ではない。むしろ天職と呼ぶべきだと思う。You know, Socrates and Plato are two great teachers …… Etc.」と云った。
 ロバアト・ルイズ・スティヴンソンはヤンキイでも何でも差支えない。が、ソクラテスとプレトオをも教師だったなどと云うのは、――保吉は爾来じらいスタアレット氏に慇懃いんぎんなる友情を尽すことにした。

     午休ひるやす
      ――或空想――

 保吉やすきちは二階の食堂を出た。文官教官は午飯ひるめしのちはたいてい隣の喫煙室きつえんしつへはいる。彼は今日はそこへ行かずに、庭へ出る階段をくだることにした。すると下から下士が一人、一飛びに階段を三段ずついなごのように登って来た。それが彼の顔を見ると、突然厳格げんかくに挙手の礼をした。するが早いか一躍ひとおどりに保吉の頭をおどり越えた。彼は誰もいない空間へちょいと会釈えしゃくを返しながら、悠々と階段を降り続けた。
 庭にはまきかやあいだに、木蘭もくれんが花を開いている。木蘭はなぜか日の当る南へ折角せっかくの花を向けないらしい。が、辛夷こぶしは似ている癖に、きっと南へ花を向けている。保吉は巻煙草まきたばこに火をつけながら、木蘭の個性を祝福した。そこへ石を落したように、鶺鴒せきれいが一羽舞いさがって来た。鶺鴒も彼には疎遠そえんではない。あの小さい尻尾しっぽを振るのは彼を案内する信号である。
「こっち! こっち! そっちじゃありませんよ。こっち! こっち!」
 彼は鶺鴒の云うなり次第に、砂利じゃりを敷いた小径こみちを歩いて行った。が、鶺鴒はどう思ったか、突然また空へおどり上った。その代り背の高い機関兵が一人、小径をこちらへ歩いて来た。保吉はこの機関兵の顔にどこか見覚えのある心もちがした。機関兵はやはり敬礼したのち、さっさと彼のそばを通り抜けた。彼は煙草たばこの煙を吹きながら、誰だったかしらと考え続けた。二歩、三歩、五歩、――十歩目に保吉は発見した。あれはポオル・ゴオギャンである。あるいはゴオギャンの転生てんしょうである。今にきっとシャヴルの代りに画筆がひつを握るのに相違ない。そのまた挙句あげくに気違いの友だちにうしろからピストルを射かけられるのである。可哀かわいそうだが、どうも仕方がない。
 保吉はとうとう小径伝いに玄関げんかんの前の広場へ出た。そこには戦利品の大砲が二門、松や笹の中に並んでいる。ちょいと砲身に耳を当てて見たら、何だか息の通る音がした。大砲も欠伸あくびをするかも知れない。彼は大砲の下に腰を下した。それから二本目の巻煙草へ火をつけた。もう車廻しの砂利じゃりの上には蜥蜴とかげが一匹光っている。人間は足を切られたが最後、再び足は製造出来ない。しかし蜥蜴はを切られると、すぐにまた尻っ尾を製造する。保吉は煙草をくわえたまま、蜥蝪はきっとラマルクよりもラマルキアンに違いないと思った。が、しばらく眺めていると、蜥蜴はいつか砂利に垂れた一すじの重油に変ってしまった。
 保吉はやっと立ち上った。ペンキ塗りの校舎に沿いながら、もう一度庭を向うへ抜けると、海に面する運動場へ出た。土の赤いテニス・コオトには武官教官が何人か、熱心に勝負を争っている。コオトの上の空間は絶えず何かを破裂させる。同時にネットの右や左へ薄白うすじろい直線をほとばしらせる。あれはたまの飛ぶのではない。目に見えぬ三鞭酒シャンパンを抜いているのである。そのまた三鞭酒シャンパンをワイシャツの神々が旨そうに飲んでいるのである。保吉は神々を讃美しながら、今度は校舎の裏庭へまわった。
 裏庭には薔薇ばらが沢山ある。もっとも花はまだ一輪もない。彼はそこを歩きながら、みちへさし出た薔薇の枝に毛虫けむしを一匹発見した。と思うとまた一匹、隣の葉の上にもっているのがあった。毛虫は互にうなずき頷き、彼のことか何か話しているらしい。保吉はそっと立ち聞きすることにした。
 第一の毛虫 この教官はいつちょうになるのだろう? 我々の曾々々祖父そそそそふの代から、地面の上ばかりいまわっている。
 第二の毛虫 人間は蝶にならないのかも知れない。
 第一の毛虫 いや、なることはなるらしい。あすこにも現在飛んでいるから。
 第二の毛虫 なるほど、飛んでいるのがある。しかし何と云うみにくさだろう! 美意識びいしきさえ人間にはないと見える。
 保吉はひたいに手をかざしながら、頭の上へ来た飛行機をあおいだ。
 そこに同僚にけた悪魔が一人、何か愉快そうに歩いて来た。昔は錬金術れんきんじゅつを教えた悪魔も今は生徒に応用化学おうようかがくを教えている。それがにやにや笑いながら、こう保吉に話しかけた。
「おい、今夜つき合わんか?」
 保吉は悪魔の微笑の中にありありとファウストの二行にぎょうを感じた。――「一切の理論は灰色だが、緑なのは黄金こがねなす生活のだ!」
 彼は悪魔に別れたのち、校舎の中へくつを移した。教室は皆がらんとしている。通りすがりにのぞいて見たら、ただある教室の黒板の上に幾何きかが一つき忘れてあった。幾何の図は彼が覗いたのを知ると、消されると思ったのに違いない。たちまちびたりちぢんだりしながら、
「次の時間に入用いりようなのです。」と云った。
 保吉はもと降りた階段を登り、語学と数学との教官室へはいった。教官室には頭の禿げたタウンゼンド氏のほかに誰もいない。しかもこの老教師は退屈まぎれに口笛くちぶえを吹き吹き、一人ダンスを試みている。保吉はちょいと苦笑したまま、洗面台の前へ手を洗いに行った。その時ふとかがみを見ると、驚いたことにタウンゼンド氏はいつのまにか美少年に変り、保吉自身は腰の曲った白頭はくとうの老人に変っていた。

     はじ

 保吉やすきちは教室へ出る前に、必ず教科書の下調したしらべをした。それは月給をもらっているから、出たらめなことは出来ないと云う義務心によったばかりではない。教科書には学校の性質上海上用語が沢山出て来る。それをちゃんとしらべて置かないと、とんでもない誤訳をやりかねない。たとえば Cat's paw と云うから、ねこの足かと思っていれば、そよ風だったりするたぐいである。
 ある時彼は二年級の生徒に、やはり航海のことを書いた、何とか云う小品しょうひんを教えていた。それは恐るべき悪文だった。マストに風がうなったり、ハッチへなみが打ちこんだりしても、その浪なり風なりは少しも文字の上へ浮ばなかった。彼は生徒に訳読やくどくをさせながら、彼自身先に退屈し出した。こう云う時ほど生徒を相手に、思想問題とか時事問題とかをべんじたい興味にられることはない。元来教師と云うものは学科以外の何ものかを教えたがるものである。道徳、趣味しゅみ、人生観、――何と名づけても差支さしつかえない。とにかく教科書や黒板よりも教師自身の心臓しんぞうに近い何ものかを教えたがるものである。しかし生憎あいにく生徒と云うものは学科以外の何ものをも教わりたがらないものである。いや、教わりたがらないのではない。絶対に教わることを嫌悪けんおするものである。保吉はそう信じていたから、この場合も退屈し切ったまま、訳読を進めるより仕かたなかった。
 しかし生徒の訳読に一応耳を傾けた上、綿密めんみつあやまりを直したりするのは退屈しない時でさえ、かなり保吉には面倒めんどうだった。彼は一時間の授業時間を三十分ばかりすごしたのち、とうとう訳読を中止させた。その代りに今度は彼自身一節ずつ読んでは訳し出した。教科書の中の航海は不相変あいかわらず退屈を極めていた。同時にまた彼の教えぶりも負けずに退屈を極めていた。彼は無風帯を横ぎる帆船はんせんのように、動詞のテンスを見落したり関係代名詞を間違えたり、行きなやみ行き悩み進んで行った。
 そのうちにふと気がついて見ると、彼の下検したしらべをして来たところはもうたった四五行しごぎょうしかなかった。そこを一つ通り越せば、海上用語の暗礁あんしょうに満ちた、油断のならない荒海あらうみだった。彼は横目よこめで時計を見た。時間は休みの喇叭らっぱまでにたっぷり二十分は残っていた。彼は出来るだけ叮嚀ていねいに、下検べの出来ている四五行を訳した。が、訳してしまって見ると、時計の針はそのあいだにまだ三分しか動いていなかった。
 保吉は絶体絶命ぜったいぜつめいになった。この場合唯一ゆいいつ血路けつろになるものは生徒の質問に応ずることだった。それでもまだ時間が余れば、早じまいをせんしてしまうことだった。彼は教科書を置きながら、「質問は――」と口を切ろうとした。と、突然まっ赤になった。なぜそんなにまっ赤になったか?――それは彼自身にも説明出来ない。とにかく生徒を護摩ごまかすくらいは何とも思わぬはずの彼がその時だけはまっ赤になったのである。生徒は勿論もちろん何も知らずにまじまじ彼の顔を眺めていた。彼はもう一度時計を見た。それから、――教科書を取り上げるが早いか、無茶苦茶に先を読み始めた。
 教科書の中の航海はそのも退屈なものだったかも知れない。しかし彼の教えぶりは、――保吉はいまだに確信している。タイフウンとたたかう帆船よりも、もっと壮烈を極めたものだった。

     勇ましい守衛

 秋の末か冬の初か、そのへんの記憶ははっきりしない。とにかく学校へかようのにオオヴァ・コオトをひっかける時分だった。午飯ひるめしのテエブルについた時、ある若い武官教官が隣に坐っている保吉やすきちにこう云う最近の椿事ちんじを話した。――つい二三日前の深更しんこう鉄盗人てつぬすびとが二三人学校の裏手へ舟を着けた。それを発見した夜警中の守衛しゅえいは単身彼等を逮捕たいほしようとした。ところがはげしい格闘かくとうの末、あべこべに海へほうりこまれた。守衛はねずみになりながら、やっと岸へい上った。が、勿論盗人の舟はそのあいだにもうおきの闇へ姿を隠していたのである。
大浦おおうらと云う守衛ですがね。莫迦莫迦ばかばかしい目にったですよ。」
 武官はパンを頬張ほおばったなり、苦しそうに笑っていた。
 大浦は保吉も知っていた。守衛は何人か交替こうたい門側もんがわめ所にひかえている。そうして武官と文官とを問わず、教官の出入ではいりを見る度に、挙手きょしゅの礼をすることになっている。保吉は敬礼されるのも敬礼に答えるのも好まなかったから、敬礼するひまを与えぬように、詰め所を通る時は特に足を早めることにした。が、この大浦と云う守衛だけは容易よういに目つぶしを食わされない。第一詰め所に坐ったまま、門の内外うちそと五六間の距離へ絶えず目をそそいでいる。だから保吉の影が見えると、まだその前へ来ない内に、ちゃんともう敬礼の姿勢をしている。こうなれば宿命と思うほかはない。保吉はとうとう観念かんねんした。いや、観念したばかりではない。この頃は大浦を見つけるが早いか、響尾蛇がらがらへびねらわれたうさぎのように、こちらからぼうさえとっていたのである。
 それが今聞けば盗人ぬすびとのために、海へ投げこまれたと云うのである。保吉はちょいと同情しながら、やはり笑わずにはいられなかった。
 すると五六日たってから、保吉は停車場ていしゃばの待合室に偶然大浦を発見した。大浦は彼の顔を見ると、そう云う場所にもかかわらず、ぴたりと姿勢を正した上、不相変あいかわらず厳格に挙手の礼をした。保吉ははっきり彼のうしろに詰め所の入口が見えるような気がした。
「君はこの間――」
 しばらく沈黙が続いたのち、保吉はこう話しかけた。
「ええ、泥坊どろぼうつかまえ損じまして、――」
「ひどい目にったですね。」
「幸い怪我けがはせずにすみましたが、――」
 大浦は苦笑くしょうを浮べたまま、みずかあざけるように話し続けた。
「何、無理むりにもつかまえようと思えば、一人ひとりぐらいは掴まえられたのです。しかし掴まえて見たところが、それっきりの話ですし、――」
「それっきりと云うのは?」
「賞与も何ももらえないのです。そう云う場合、どうなると云う明文は守衛規則にありませんから、――」
「職にじゅんじても?」
「職に殉じてでもです。」
 保吉はちょいと大浦を見た。大浦自身の言葉によれば、彼は必ずしも勇士のように、一死をしてかかったのではない。賞与を打算に加えた上、とらうべき盗人をいっしたのである。しかし――保吉は巻煙草をとり出しながら、出来るだけ快活にうなずいて見せた。
「なるほどそれじゃ莫迦莫迦ばかばかしい。危険をおかすだけ損のわけですね。」
 大浦は「はあ」とか何とか云った。その癖変に浮かなそうだった。
「だが賞与さえ出るとなれば、――」
 保吉はやや憂鬱ゆううつに云った。
「だが、賞与さえ出るとなれば、誰でも危険を冒すかどうか?――そいつもまた少し疑問ですね。」
 大浦は今度は黙っていた。が、保吉が煙草をくわえると、急に彼自身のマッチをり、その火を保吉の前へ出した。保吉は赤あかとなびいたほのおを煙草の先に移しながら、思わず口もとに動いた微笑びしょうさとられないようにみ殺した。
難有ありがとう。」
「いや、どうしまして。」
 大浦はさりげない言葉と共に、マッチの箱をポケットへ返した。しかし保吉は今日こんにちもなおこの勇ましい守衛の秘密を看破かんぱしたことと信じている。あの一点のマッチの火は保吉のためにばかりられたのではない。実に大浦の武士道を冥々めいめいうち照覧しょうらんし給う神々のために擦られたのである。
(大正十二年四月)

底本:「芥川龍之介全集5」ちくま文庫、筑摩書房
   1987(昭和62)年2月24日第1刷発行
   1995(平成7)年4月10日第6刷発行
底本の親本:「筑摩全集類聚版芥川龍之介全集」筑摩書房
   1971(昭和46)年3月〜1971(昭和46)年11月
入力:j.utiyama
校正:かとうかおり
1999年1月10日公開
2004年3月9日修正
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。
ふりがなを非表示縦書きで表示