雀こ

長え長え昔噺むがしこ、知らへがな。
山の中にとちの木いっぽんあったずおん。
そのてっぺんさ、からす一羽来てとまったずおん。
からすあ、があてけば、橡の実あ、一つぼたんて落づるずおん。
また、からすあ、があて啼けば、橡の実あ、一つぼたんて落づるずおん。
また、からすあ、があて啼けば、橡の実あ、一つぼたんて落づるずおん。
…………………………

 ひとかたまりの童児わらわふろい野はらに火三昧ひざんまいして遊びふけっていたずおん。春になればし、雪こ溶け、ふろいふろい雪の原のあちこちゆ、ふろ野の黄はだの色の芝生こさ青い新芽の萌えいで来るはで、おらの国のわらわ、黄はだの色の古し芝生こさ火をつけ、そればさ野火と申して遊ぶのだおん。そした案配あんばいこ、おたがい野火をしへだて、わらわ、ふた組にわかれていたずおん。かたかたの五六人、声をしそろえて歌ったずおん。
 ――雀、雀、雀こ、うし。
 ほかの方図ほずのわらわ、それさこたえ、
 ――どの雀、欲うし?
 て歌ったとせえ。
 そこでもってし、雀こ欲うして歌った方図のわらわ、打ち寄り、もめたずおん。
 ――誰をし貰ればええべがな?
 ――はにやすのヒサこと貰れば、どうだべ?
 ――鼻たれて、きたなきも。
 ――タキだば、ええねし。
 ――女くされ、おかしじゃよ。
 ――タキは、ええべせえ。
 ――そうだべがな。
 そうした案配こ、とうとうタキこと貰るようにきまったずおん。
 ――みぎりのはずれの雀こ欲うし。
 て、歌ったもんだずおん。
 タキの方図では、心根っこわるくかかったとせえ。
 ――羽こ、ねえはで呉れらえね。
 ――羽こ呉れるはで飛んで来い。
 こちで歌ったどもし、向うの方図で調子ばあわれに、また歌ったずおん。
 ――杉の木、火事で行かえない。
 したどもし、こちの方図では、やたら欲しくて歌ったとせえ。
 ――その火事よけて飛んで来い。
 向うの方図では、雀こ一羽はなしてよこしたずおん。タキは雀こ、ふたかたの腕こと翼みんたに拡げ、ぱお、ぱお、ぱお、て羽ばたきの音をし口でしゃべりしゃべりて、野火の焔よけて飛んで来たとせえ。
 これ、おらの国の、わらわの遊びごとだおん。こうして一羽一羽と雀こ貰るんだどもし、おしめに一羽のこれば、その雀こ、こんど歌わねばなんねのだおん。
 ――雀、雀、雀こ欲うし。
 とっくと分別しねでもわかることだどもし、これや、うたて遊びごとだまさね。一ばん先に欲しがられた雀こ、大幅おおはばこけるどもし、おしめの一羽は泣いても泣いてもえへんでば。
 いつでもタキは、一ばん先に欲しがられるのだずおん。いつでもマロサマは、おしめにのこされるのだずおん。
 タキ、よろずよやの一人あねこで、うって勢よく育ったのだずおん。誰にかても負けたことねんだとせえ。冬、どした恐ろしない雪の日でも、くるめんばかぶらねで、千成せんなり林檎りんごこよりも赤え頬ぺたこ吹きさらし、どこさでも行けたのだずおん。マロサマ、たかまどのお寺の坊主ぼんずこで、からだつきこ細くてかそぺないはでし、みんなみんな、やしめていたのだずおん。
 さきほどよりし、マロサマ、着物ばはだけて、歌っていたずおん。
 ――雀、雀、雀こ欲うし。雀、雀、雀こ欲うし。
 不憫ふびんげらに、これで二度も、売えのこりになっていたのだずおん。
 ――どの雀、欲うし?
 ――なかの雀こ欲うし。
 タキこと欲しがるのだずおん。なかの雀このタキ、野火の黄色え黄色え焔ごしに、悪だまなくこでマロサマばにらめたずおん。
 マロサマ、おっとらとした声こで、また歌ったずおん。
 ――なかの雀こ欲うし。
 タキは、わらわさ、なにやらし、こちょこちょと言うつけたずおん。わらわ、それ聞き、にくらにくらて笑い笑い、歌ったのだずおん。
 ――羽こ、ねえはで呉れらえね。
 ――羽こ呉れるはで飛んで来い。
 ――杉の木、火事で行かえない。
 ――その火事よけて飛んで来い。
 マロサマは、タキのぱおぱおて飛んで来るのば、とっけらとして待づていたずおん。したどもし、向うの方図で、ゆったらと歌るのだずおん。
 ――川こ大水で、行かえない。
 マロサマ、首こかしげて、分別したずおん。なんて歌ったらええべがな、て打って分別して分別して、
 ――橋こ架けて飛んで来い。
 タキは人魂ひとだまみんたまなくこおかなく燃やし、独りして歌ったずおん。
 ――橋こ流えて行かえない。
 マロサマは、また首こかしげて分別したのだずおん。なかなか分別は出て来ねずおん。そのうちにし、声たてて泣いたのだずおん。泣き泣きしゃべったとせえ。
 ――あみださまや。
 わらわ、みんなみんな、笑ったずおん。
 ――ぼんずの念仏、雨、降った。
 ――もくらもっけの泣けべっちょ。
 ――西くもて、雨ふった。雨ふって、雪とけた。
 そのときにし、よろずよやのタキは、きずきずと叫びあげたとせえ。
 ――マロサマのごこや。わのこころこ知らずて、お念仏。あわれ、ばかくさいじゃよ。
 そうしてし、雪だまにぎて、マロサマさぶつけたずおん。雪だま、マロサマの右りの肩さ当り、ぱららて白く砕けたずおん。マロサマ、どってんして、泣くのばやめてし、雪こ溶けかけた黄はだの色のふろ野ば、どんどん逃げていったとせえ。

 そろそろと晩げになったずおん。野はら、暗くなり、寒くなったずおん。わらわ、めいめいの家さかえり、めいめいさまのこたつこさもぐり込んだずおん。いつもの晩げのごと、おなじ昔噺むがしこをし、聞くのだずおん。
長え長え昔噺むがしこ、知らへがな。
山の中に橡の木いっぽんあったずおん。
そのてっぺんさ、からす一羽来てとまったずおん。
からすあ、があて啼けば、橡の実あ、一つぼたんて落づるずおん。
また、からすあ、があて啼けば、橡の実あ、一つぼたんて落づるずおん。
また、からすあ、があて啼けば、橡の実あ、一つぼたんて落づるずおん。
…………………………
底本:「太宰治全集1」ちくま文庫、筑摩書房
   1988(昭和63)年8月30日第1刷発行
底本の親本:「筑摩全集類聚版太宰治全集」筑摩書房
   1975(昭和50)年6月〜1976(昭和51)年6月
入力:柴田卓治
校正:丹羽倫子
1999年9月12日公開
2005年10月20日修正
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。
ふりがなを非表示縦書きで表示