イズムの功過

 大抵のイズムとか主義とかいうものは無数の事実を几帳面きちょうめんな男がたばにして頭の抽出ひきだしへ入れやすいようにこしらえてくれたものである。一纏ひとまとめにきちりと片付いている代りには、出すのが臆劫おっくうになったり、ほどくのに手数がかかったりするので、いざという場合には間に合わない事が多い。大抵のイズムはこの点において、実生活上の行為を直接に支配するために作られたる指南車しなんしゃというよりは、吾人ごじんの知識欲を充たすための統一函である。文章ではなくって字引である。
 同時に多くのイズムは、零砕れいさいの類例が、比較的緻密ちみつな頭脳に濾過ろかされて凝結ぎょうけつした時に取る一種の形である。形といわんよりはむしろ輪廓りんかくである。中味なかみのないものである。中味を棄てて輪廓だけをたたみ込むのは、天保銭てんぽうせんを脊負う代りに紙幣をふところにすると同じく小さな人間として軽便けいべんだからである。
 この意味においてイズムは会社の決算報告に比較すべきものである。更に生徒の学年成績に匹敵ひってきすべきものである。わずか一行の数字の裏面りめんに、僅か二位の得点の背景に殆どありのままには繰返しがたき、多くの時と事と人間と、その人間の努力と悲喜と成敗せいはいとがひそんでいる。
 従ってイズムは既に経過せる事実を土台として成立するものである。過去を総束そうそくするものである。経験の歴史を簡略にするものである。与えられたる事実の輪廓である。型である。この型を以て未来にのぞむのは、天の展開する未来の内容を、人の頭でこしらえたうつわ盛終もりおおせようと、あらかじめ待ちもうけると一般である。器械的な自然界の現象のうち、もっとも単調な重複ちょうふくいとわざるものには、すぐこの型を応用して実生活の便宜を計る事が出来るかも知れない。科学者の研究が未来に反射するというのはこのためである。しかし人間精神上の生活において、吾人がもし一イズムに支配されんとするとき、吾人はただちに与えられたる輪廓のために生存するの苦痛を感ずるものである。単に与えられたる輪廓の方便として生存するのは、形骸けいがいのために器械の用をなすと一般だからである。その時わが精神の発展が自個天然の法則にしたがって、自己に真実なる輪廓を、みずからと自らに付与し得ざる屈辱をいきどおる事さえある。
 精神がこの屈辱を感ずるとき、吾人はこれを過去の輪廓がまさに崩れんとする前兆と見る。未来に引き延ばしがたきものを引き延ばして無理にあるいは盲目的に利用せんとしたる罪過ざいかと見る。
 過去はこれらのイズムに因って支配せられたるが故に、これからもまたこのイズムに支配せられざるべからずと臆断おくだんして、一短期の過程より得たる輪廓を胸に蔵して、すべてを断ぜんとするものは、ますを抱いて高さを計り、かねて長さをはからんとするが如き暴挙である。
 自然主義なるものがおこって既に五、六年になる。これを口にする人は皆それぞれの根拠あっての事と思う。わが知る限りにおいては、またわが了解し得たる限りにおいては(了解し得ざる論議はしばらいて)必ずしも非難すべき点ばかりはない。けれども自然主義もまた一つのイズムである。人生上芸術上、ともに一種の因果によって、西洋に発展した歴史の断面を、輪廓にして舶載はくさいした品物である。吾人がこの輪廓の中味を※(「仞」のにんべんに代えて牛へん、第4水準2-80-18)じゅうじんするために生きているのでない事はあきらかである。吾人の活力発展の内容が、自然にこの輪廓を描いた時、始めて自然主義に意義が生ずるのである。
 一般の世間は自然主義を嫌っている。自然主義者はこれを永久の真理の如くにいいなして吾人生活の全面にわたっていんとしつつある。自然主義者にして今少し手強てごわく、また今少し根気よく猛進したなら、おのずかくつがえるの未来を早めつつある事に気がつくだろう。人生の全局面をおおう大輪廓を描いて、未来をその中に追い込もうとするよりも、茫漠ぼうばくたる輪廓中の一小片を堅固に把持はじして、其処そこに自然主義の恒久こうきゅうを認識してもらう方が彼らのために得策とくさくではなかろうかと思う。
――明治四三、七、二三『東京朝日新聞』――
底本:「漱石文明論集」岩波文庫、岩波書店
   1986(昭和61)年10月16日第1刷発行
   1998(平成10)年7月24日第26刷発行
入力:柴田卓治
校正:福地博文
1999年8月4日公開
2003年10月9日修正
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。
ふりがなを非表示縦書きで表示