塵労

 或春の午後であつた。わたしは知人の田崎たざきに面会する為に彼が勤めてゐる出版書肆しよしの狭い応接室の椅子いすつてゐた。
「やあ、珍しいな。」
 もなく田崎はいそがしさうに、万年筆を耳にはさんだ儘、如何いかがはしい背広姿を現した。
「ちと君に頼みたい事があつてね、――実は二三日保養かたがた修善寺しゆぜんじ湯河原ゆがはらへ小説を書きにきたいんだが、……」
 私は早速さつそく用談に取りかかつた。近々きんきん私の小説集が、この書肆から出版される。その印税の前借ぜんしやくが出来るやうに、一つ骨を折つて見てはくれまいか。――これがその用談の要点であつた。
「そりや出来ない事もないが、――しかし温泉へくなぞは贅沢ぜいたくだな。僕はまだほぞ切つて以来、旅行らしい旅行はした事がない。」
 田崎たざきは「朝日」へ火をつけると、その生活に疲れた顔へ、無邪気な羨望せんぼうの色をみなぎらせた。
何処どこへでも旅行すればいぢやないか。君なぞは独身なんだし。」
「所が貧乏暇なしでね。」
 私はこの旧友の前に、いささか私の結城ゆふきの着物を恥ぢたいやうな心もちになつた。
「だが君も随分ずゐぶん長いあひだ、この店に勤めてゐるぢやないか。一体今は何をしてゐるんだ。」
「僕か。」
 田崎は「朝日」の灰を落しながら、始めて得意さうな返事をした。
「僕は今旅行案内の編纂へんさんをしてゐるんだ。まづ今までに類のない、大規模な旅行案内をこしらへて見ようと思つてね。」
底本:「芥川龍之介全集第四巻」筑摩書房
   1971(昭和46)年6月5日初版第1刷発行
   1971(昭和46)年10月5日初版第5刷発行
入力校正:j.utiyama
1999年2月15日公開
2003年10月7日修正
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。
ふりがなを非表示縦書きで表示