しるこ

 久保田万太郎君くぼたまんたらうくんの「しるこ」のことをいてゐるのをぼくまた「しるこ」のことをいてたい欲望よくぼうかんじた。震災しんさい以來いらい東京とうきやう梅園うめぞの松村まつむら以外いぐわいには「しるこ」らしい「しるこ」あとつてしまつた。そのかはりにどこもカツフエだらけである。僕等ぼくらはもう廣小路ひろこうぢの「常盤ときわ」にあのわんになみなみとつた「おきな」をあぢはふことは出來できない。これは僕等ぼくら下戸仲間げこなかまためにはすくなからぬ損失そんしつである。のみならず僕等ぼくら東京とうきやうためにもやはりすくなからぬ損失そんしつである。
 それも「常盤ときわ」の「しるこ」に匹敵ひつてきするほどの珈琲コーヒーませるカツフエでもあれば、まだ僕等ぼくら仕合しあはせであらう。が、かう珈琲コーヒーむことも現在げんざいではちよつと不可能ふかのうである。ぼくはそのためにも「しるこ」のないことをなさけないことの一つにかぞへざるをない。
「しるこ」は西洋料理せいやうりやうり支那料理しなりやうりと一しよに東京とうきやうの「しるこ」をだい一としてゐる。(あるひは「してゐた」とはなければならぬ。)しかもまだ紅毛人こうもうじんたちは「しるこ」のあぢつてゐない。し一つたとすれば、「しるこ」もまたあるひ麻雀戲マージヤンのやうに世界せかい風靡ふうびしないともかぎらないのである。帝國ていこくホテルや精養軒せいやうけんのマネエヂヤア諸君しよくんなにかの機會きくわい紅毛人こうもうじんたちにも一わんの「しるこ」をすすめてるがい。彼等かれらてんぷらをあいするやうに「しるこ」をもかならず――あいするかどうかは多少たしよう疑問ぎもんはあるにもせよ、かくおうはすすめて價値かちのあることだけはたしかであらう。
 ぼくいまもペンをつたまま、はるかにニユウヨオクのあるクラブに紅毛人こうもうじん男女だんぢよが七八にん、一わんの「しるこ」をすゝりながら、チヤアリ、チヤプリンの離婚問題りこんもんだいなんかをはなしてゐる光景くわうけい想像さうぞうしてゐる。それからまたパリのあるカツフエにやはり紅毛人こうもうじん畫家ぐわか一人ひとり、一わんの「しるこ」をすゝりながら、――こんな想像さうぞうをすることは閑人かんじん仕事しごと相違さうゐない。しかしあのたくましいムツソリニも一わんの「しるこ」をすゝりながら、天下てんか大勢たいせいかんがへてゐるのはかく想像さうぞうするだけでも愉快ゆくわいであらう。
(二、五、七)
底本:「芥川龍之介全集 第九卷」岩波書店
   1978(昭和53)年4月24日初版発行
   1983(昭和58)年1月20日第2刷発行
初出:「スヰート 第二卷第三號」明治製菓株式會社
   1927(昭和2)年6月15日
入力:高柳典子
校正:多羅尾伴内
2003年6月29日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。
ふりがなを非表示縦書きで表示