藪の中

 さやうでございます。あの死骸しがいつけたのは、わたしにちがひございません。わたしは今朝けさ何時いつものとほり、裏山うらやますぎりにまゐりました。すると山陰やまかげやぶなかに、あの死骸しがいがあつたのでございます。あつたところでございますか? それは山科やましな驛路えきろからは、四五ちやうほどへだたつてりませう。たけなかすぎまじつた、人氣ひとけのないところでございます。
 死骸しがいはなだ水干すゐかんに、都風みやこふうのさび烏帽子ゑばうしをかぶつたまま仰向あをむけにたふれてりました。なにしろ一刀ひとかたなとはまをすものの、むなもとのきずでございますから、死骸しがいのまはりのたけ落葉おちばは、蘇芳すはうみたやうでございます。いえ、はもうながれてはりません。傷口きずぐちかわいてつたやうでございます。おまけに其處そこには、馬蠅うまばへが一ぴき、わたしの足音あしおときこえないやうに、べつたりひついてりましたつけ。
 太刀たちなにかはえなかつたか? いえ、なにもございません。ただそのそばすぎがたに、なは一筋ひとすぢちてりました。それから、――さうさう、なはほかにもくしひとつございました。死骸しがいのまはりにあつたものは、このふたつぎりでございます。が、くさたけ落葉おちばは、一めんあらされてりましたから、きつとあのをとこころされるまへに、餘程よほど手痛ていたはたらきでもいたしたのにちがひございません。なにうまはゐなかつたか? あそこは一たいうまなぞには、はひれないところでございます。なにしろうまかよみちとは、やぶひとへだたつてりますから。

 あの死骸しがいをとこには、たしかに昨日きのふつてります。昨日きのふの、――さあ、午頃ひるごろでございませう。場所ばしよ關山せきやまから山科やましなへ、まゐらうと途中とちうでございます。あのをとこうまつたをんなと一しよに、關山せきやまはうあるいてまゐりました。をんな牟子むしれてりましたから、かほはわたしにはわかりません。えたのはただ萩重はぎがさねらしい、きぬいろばかりでございます。うま月毛つきげの、――たし法師髮ほふしがみうまのやうでございました。たけでございますか? たけ四寸よきもございましたか? ――なにしろ沙門しやもんことでございますから、そのへんははつきりぞんじません。をとこは、――いえ、太刀たちびてれば、弓矢ゆみやたづさへてりました。ことくろえびらへ、二十あまり征矢そやをさしたのは、唯今ただいまでもはつきりおぼえてります。
 あのをとこがかやうになろうとは、ゆめにもおもはずにりましたが、まことに人間にんげんいのちなぞは、如露亦如電によろやくによでんちがひございません。やれやれ、なんともまをしやうのない、どくこといたしました。

 わたしがからつたをとこでございますか? これはたしかに多襄丸たじやうまるふ、名高なだか盜人ぬすびとでございます。もつともわたしがからつたときには、うまからちたのでございませう、粟田口あはだぐち石橋いしばしうへに、うんうんうなつてりました。時刻じこくでございますか? 時刻じこく昨夜さくや初更しよかうごろでございます。何時いつぞやわたしがとらそんじたときにも、やはりこのこん水干すいかんに、打出うちだしの太刀たちいてりました。唯今ただいまはそのほかにも御覽ごらんとほり、弓矢ゆみやるゐさへたずさへてります。さやうでございますか? あの死骸しがいをとこつてゐたのも、――では人殺ひとごろしをはたらいたのは、この多襄丸たじやうまるちがひございません。かはいたゆみ黒塗くろぬりのえびらたか征矢そやが十七ほん、――これはみな、あのをとこつてゐたものでございませう。はい、うま仰有おつしやとほり、法師髮ほふしがみ月毛つきげでございます。その畜生ちくしやうおとされるとは、なにかの因縁いんえんちがひございません。それは石橋いしばしすこさきに、なが端綱はづないたままみちばたの青芒あをすすきつてりました。
 この多襄丸たじやうまるふやつは、洛中らくちう徘徊はいくわいする盜人ぬすびとなかでも、女好をんなずきのやつでございます。昨年さくねんあき鳥部寺とりべでら賓頭盧びんづるうしろやまに、物詣ものまうでにたらしい女房にようぼう一人ひとりわらはと一しよにころされてゐたのは、こいつの仕業しわざだとかまをしてりました。その月毛つきげつてゐたをんなも、こいつがあのをとこころしたとなれば、何處どこへどうしたかわかりません。差出さしでがましうございますが、それも御詮議ごせんぎくださいまし。

 はい、あの死骸しがい手前てまへむすめが、片附かたづいたをとこでございます。が、みやこのものではございません。若狹わかさ國府こくふさむらひでございます。金澤かなざは武弘たけひろとしは二十六さいでございました。いえ、やさしい氣立きだてでございますから、遺恨ゐこんなぞけるはずはございません。
 むすめでございますか? むすめ眞砂まさごとしは十九さいでございます。これはをとこにもおとらぬくらゐ勝氣かちきをんなでございますが、まだ一武弘たけひろほかには、をとこつたことはございません。かほいろ淺黒あさぐろい、ひだり眼尻めじり黒子ほくろのある、ちひさい瓜實顏うりざねがほでございます。
 武弘たけひろ昨日きのふむすめと一しよに、若狹わかさつたのでございますが、こんなことになりますとは、なん因果いんぐわでございませう。しかしむすめはどうなりましたやら、むこことはあきらめましても、これだけは心配しんぱいでなりません。どうかこのうばが一しやうのおねがひでございますから、たとひ草木くさきけましても、むすめ行方ゆくへをおたづくださいまし。なんいたにくいのは、その多襄丸たじやうまるとかなんとかまをす、盜人ぬすびとのやつでございます。むこばかりか、むすめまでも、………(あとりて言葉ことばなし。)
    ―――――――――――――

 あのをとこころしたのはわたしです。しかしをんなころしはしません。では何處どこつたのか? それはわたしにもわからないのです。まあ、おちなさい。いくら拷問がうもんにかけられても、らないことまをされますまい。そのうへわたしもかうなれば、卑怯ひけふかくてはしないつもりです。
 わたしは昨日きのふひるすこぎ、あの夫婦ふうふ出會であひました。そのときかぜいた拍子ひやうしに、牟子むし垂絹たれぎぬあがつたものですから、ちらりとをんなかほえたのです。ちらりと、――えたとおも瞬間しゆんかんには、もうえなくなつたのですが、ひとつにはそのためもあつたのでせう、わたしにはあのをんなかほが、女菩薩によぼさつのやうにえたのです。わたしはその咄嗟とつさあひだに、たとひをとこころしても、をんなうばはうと決心けつしんしました。
 なにをとこころすなぞは、あなたがたおもつてゐるやうに、たいしたことではありません。どうせをんなうばふとなれば、かならずをとこころされるのです。ただわたしはころときに、こし太刀たち使つかふのですが、あなたがた太刀たち使つかはない、ただ權力けんりよくころす、かねころす、どうかするとおためごかしの言葉ことばだけでもころすでせう。成程なるほどながれない、をとこ立派りつぱきてゐる、――しかしそれでもころしたのです。つみふかさをかんがへてれば、あなたがたわるいか、わたしがわるいか、どちらがわるいかわかりません。(皮肉ひにくなる微笑びせう
 しかしをとこころさずとも、をんなうばこと出來できれば、べつ不足ふそくはないわけです。いや、そのときこころもちでは、出來できるだけをとこころさずに、をんなうばはうと決心けつしんしたのです。が、あの山科やましな驛路えきろでは、とてもそんなこと出來できません。そこでわたしはやまなかへ、あの夫婦ふうふをつれこむ工夫くふうをしました。
 これも造作ざうさはありません。わたしはあの夫婦ふうふみちづれになると、むかうのやまには古塚ふるづかがある、その古塚ふるづかあばいてたら、かがみ太刀たち澤山たくさんた、わたしはだれらないやうに、やまかげやぶなかへ、さうものうづめてある、もしのぞがあるならば、どれでもやすうりわたしたい、――とはなしをしたのです。をとこ何時いつかわたしのはなしに、だんだんこころうごかしはじめました。それから、――どうです、よくふものは、おそろしいではありませんか? それから半時はんときもたたないうちに、あの夫婦ふうふはわたしと一しよに、山路やまぢうまけてゐたのです。
 わたしはやぶまへると、たからはこのなかうづめてある、てくれとひました。をとこよくかわいてゐますから、異存いぞんのあるはずはありません。が、をんなうまりずに、つているとふのです。またあのやぶしげつてゐるのをては、さうふのも無理むりはありますまい。わたしはこれもじつへば、おもつぼにはまつたのですから、をんな一人ひとりのこしたままをとこやぶなかへはひりました。
 やぶ少時しばらくあひだたけばかりです。が、半町はんちやうほどつたところに、ややひらいたすぎむらがある、――わたしの仕事しごと仕遂しとぐるのには、これほど都合つがふ場所ばしよはありません。わたしはやぶけながら、たからすぎもとうづめてあると、もつともらしい※(「言+墟のつくり」、第4水準2-88-74)うそをつきました。をとこはわたしにさうはれると、もうすぎいてえるはうへ、一しやう懸命けんめいすすんできます。そのうちたけまばらになると、何本なんぼんすぎならんでゐる、――わたしは其處そこるがはやいか、いきなり相手あひてせました。をとこ太刀たちいてゐるだけに、ちから相當さうたうにあつたやうですが、不意ふいたれてはたまりません。たちまち一ぽんすぎがたへ、くくりつけられてしまひました。なはですか? なは盜人ぬすびと難有ありがたさに、何時いつへいえるかわかりませんから、ちやんとこしにつけてゐたのです。勿論もちろんこゑさせないためにも、たけ落葉おちば頬張ほほばらせれば、ほか面倒めんだうはありません。
 わたしはをとこ片附かたづけてしまふと、今度こんどまたをんなところへ、をとこ急病きふびやうおこしたらしいから、てくれとひにきました。これも圖星づぼしあたつたのは、まをげるまでもありますまい。をんな市女笠いちめがさいだまま、わたしにをとられながら、やぶおくへはひつてました。ところ其處そこると、をとこすぎしばられてゐる、――をんなはそれを一目ひとめるなり、何時いつふところからしてゐたか、きらりと小刀さすがきました。わたしはまだいままでに、あのくらゐ氣性きしやうはげしいをんなは、一人ひとりことがありません。もしそのときでも油斷ゆだんしてゐたらば、一突ひとつきに脾腹ひばらかれたでせう。いや、それはかはしたところが、三にてられるうちには、どんな怪我けが仕兼しかねなかつたのです。が、わたしも多襄丸たじやうまるですから、どうにかかうにか太刀たちかずに、とうとう小刀さすがおとしました。いくらつたをんなでも、得物えものがなければ仕方しかたがありません。わたしはとうとうおもどほり、をとこいのちらずとも、をんなれること出來できたのです。
 をとこいのちらずとも、――さうです。わたしはそのうへにも、をとこころすつもりはなかつたのです。ところしたをんなあとに、やぶそとげようとすると、をんな突然とつぜんわたしのうでへ、氣違きちがひのやうにすがりつきました。しかもれにさけぶのをけば、あなたがぬかをつとぬか、どちらか一人ひとりんでくれ、二人ふたりをとこはぢせるのは、ぬよりもつらいとふのです。いや、そのうちどちらにしろ、のこつたをとこにつれひたい、――さうもあへあへふのです。わたしはそのとき猛然まうぜんと、をとこころしたいになりました。(陰鬱いんうつなる興奮こうふん
 こんなことまをげると、きつとわたしはあなたがたより殘酷ざんこく人間にんげんえるでせう。しかしそれはあなたがたが、あのをんなかほないからです。ことにその一瞬間しゆんかんの、えるやうなひとみないからです。わたしはをんなあはせたとき、たとひ神鳴かみなりころされても、このをんなつまにしたいとおもひました。つまにしたい、――わたしの念頭ねんとうにあつたのは、ただかうふ一だけです。これはあなたがたおもふやうに、いやしい色慾しきよくではありません。もしそのとき色慾しきよくほかに、なにのぞみがなかつたとすれば、わたしはをんな蹴倒けたふしても、きつとげてしまつたでせう。をとこもさうすればわたしの太刀たちに、ことにはならなかつたのです。が、薄暗うすぐらやぶなかに、ぢつとをんなかほ刹那せつな、わたしはをとこころさないかぎり、此處ここるまいと覺悟かくごしました。
 しかしをとこころすにしても、卑怯ひけふころかたはしたくありません。わたしはをとこなはいたうへ太刀打たちうちをしろとひました。(すぎがたにちてゐたのは、そのときて忘れたなはなのです。)をとこ血相けつそうへたままふと太刀たちきました。とおもふとくちかずに、憤然ふんぜんとわたしへびかかりました。――その太刀打たちうちがどうなつたかは、まをげるまでもありますまい。わたしの太刀たちは二十三がふに、相手あひてむねつらぬきました。二十三がふに、――どうかそれをわすれずにください。わたしはいまでもこのことだけは、感心かんしんだとおもつてゐるのです。わたしと二十がふむすんだものは、天下てんかにあのをとこ一人ひとりだけですから。(快活くわいくわつなる微笑びせう
 わたしはをとこたふれると同時どうじに、まつたかたなげたなり、をんなほうかへりました。すると、――どうです、あのをんな何處どこにもゐないではありませんか? わたしはをんながどちらへげたか、すぎむらのあいださがしてました。が、たけ落葉おちばうへには、それらしいあとのこつてゐません。またみみませてても、きこえるのはただをとこのどに、斷末魔だんまつまおとがするだけです。
 ことによるとあのをんなは、わたしが太刀打たちうちはじめるがはやいか、ひとたすけでもために、やぶをくぐつてげたのかもれない。――わたしはさうかんがへると、今度こんどはわたしのいのちですから、太刀たち弓矢ゆみやうばつたなり、すぐにまたもとの山路やまぢました。其處そこにはまだをんなうまが、しづかにくさつてゐます。そのことまをげるだけ、無用むよう口數くちかずぎますまい。ただみやこへはいるまへに、太刀たちだけはもう手放てばなしてゐました。――わたしの白状はくじやうはこれだけです。どうせ一あふちこずゑに、けるくびおもつてゐますから、どうか極刑ごくけいはせてください。(昂然かうぜんたる態度たいど

 ――そのこん水干すゐかんをとこは、わたしをごめにしてしまふと、しばられたをつとながめながら、あざけるやうにわらひました。をつとはどんなに無念むねんだつたでせう。が、いくら身悶みもだえをしても、體中からだぢうにかかつた繩目なわめは、一そうひしひしとるだけです。わたしはおもはずをつとそばへ、まろぶやうにはしりました。いえ、はしらうとしたのです。しかしをとこ咄嗟とつさに、わたしを其處そこ蹴倒けたふしました。丁度ちやうどその途端とたんです。わたしはをつとなかに、なんともひやうのないかがやきが、宿やどつてゐるのをさとりました。なんともひやうのない、――わたしはあのおもすと、いまでも身震みぶるひがずにはゐられません。くちさへ一言ひとことけないをつとは、その刹那せつななかに、一さいこころつたへたのです。しかも其處そこひらめいてゐたのは、いかりでもなければかなしみでもない、――ただわたしをさげすんだ、つめたいひかりだつたではありませんか? わたしはをとこられたよりも、そのいろたれたやうに、われらずなにさけんだぎり、とうとううしなつてしまひました。
 そのうちにやつとがついてると、あのこん水干すゐかんをとこは、もう何處どこかへつてゐました。あとにはただすぎがたに、をつとしばられてゐるだけです。わたしはたけ落葉おちばうへに、やつとからだおこしたなり、をつとかほ見守みまもりました。が、をつといろは、すこしもさつきとかはりません。やはりつめたいさげすみのそこに、にくしみのいろせてゐるのです。はづかしさ、かなしさ、腹立はらだたしさ、――そのときのわたしのこころうちは、なんへばいかわかりません。わたしはよろよろあがりながら、をつとそば近寄ちかよりました。
「あなた。もうかうなつたうへは、あなたと一しよにはられません。わたしは一思ひとおもひに覺悟かくごです。しかし、――しかしあなたもおになすつてください。あなたはわたしのはぢ御覽ごらんになりました。わたしはこのままあなた一人ひとり、おのこまをわけにはまゐりません。」
 わたしは一しやう懸命けんめいに、これだけのことひました。それでもをつといまはしさうに、わたしをつめてゐるばかりなのです。わたしはけさうなむねおさへながら、をつと太刀たちさがしました。が、あの盜人ぬすびとうばはれたのでせう、太刀たち勿論もちろん弓矢ゆみやさへも、やぶなかには見當みあたりません。しかしさいは小刀さすがだけは、わたしのあしもとにちてゐるのです。わたしはその小刀さすがげると、もう一をつとにかうひました。
「ではおいのちいただかせてください。わたしもすぐにおともします。」
 をつとはこの言葉ことばいたとき、やつとくちびるうごかしました。勿論もちろんくちにはささ落葉おちばが、一ぱいにつまつてゐますから、こゑすこしもきこえません。が、わたしはそれをると、たちまちその言葉ことばさとりました。をつとはわたしをさげすんだまま、「ころせ」と一言ひとことつたのです。わたしはほとんどゆめうつつのうちに、をつとはなだ水干すゐかんむねへ、ずぶりと小刀さすがとほしました。
 わたしはまたこのときも、うしなつてしまつたのでせう。やつとあたりをまはしたときには、をつとはもうしばられたまま、とうにいきえてゐました。そのあをざめたかほうへには、たけまじつたすぎむらのそらから、西日にしびひとすぢちてゐるのです。わたしはこゑみながら、死骸しがいなはてました。さうして、――さうしてわたしがどうなつたか? それだけはもうわたしには、まをげるちからもありません。かくわたしはどうしても、ちからがなかつたのです。小刀さすがのどたててたり、やますそいけげたり、いろいろなこともしてましたが、れずにかうしてゐるかぎり、これも自慢じまんにはなりますまい。(さびしき微笑びせう)わたしのやうに腑甲斐ふがひないものは、大慈大悲だいじだいひ觀世音菩薩くわんぜおんぼさつも、お見放みはなしなすつたものかもれません。しかしをつところしたわたしは、盜人ぬすびとごめにつたわたしは、一たいどうすればいのでせう? 一たいわたしは、――わたしは、――(突然とつぜんはげしき歔欷すすりなき

 ――盜人ぬすびとつまごめにすると、其處そここしおろしたまま、いろいろつまなぐさした。おれは勿論もちろんくちけない。からだすぎしばられてゐる。が、おれはそのあひだに、何度なんどつまくばせをした。このをとこことけるな、なにつても※(「言+墟のつくり」、第4水準2-88-74)うそおもへ、――おれはそんな意味いみつたへたいとおもつた。しかしつま悄然せうぜんささ落葉おちばすわつたなり、ぢつとひざをやつてゐる。それがどうも盜人ぬすびと言葉ことばに、つてゐるやうにえるではないか? おれはねたましさに身悶みもだえをした。が、盜人ぬすびとはそれからそれへと、巧妙かうめうはなしすすめてゐる。一でも肌身はだみけがしたとなれば、をつととのなかふまい。そんなをつとつてゐるより、自分じぶんつまになるはないか? 自分じぶんはいとしいとおもへばこそ、だいそれた眞似まねはたらいたのだ、――盜人ぬすびとはとうとう大膽だいたんにも、さうはなしさへした。
 盜人ぬすびとにかうはれると、つまはうつとりとかほもたげた。おれはまだあのときほどうつくしいつまことがない。しかしそのうつくしいつまは、現在げんざいしばられたおれをまへに、なん盜人ぬすびと返事へんじをしたか? おれは中有ちううまよつてゐても、つま返事へんじおもごとに、嗔恚しんいえなかつたためしはない。つまたしかにかうつた、――「では何處どこへでもつれてつてください。」(なが沈默ちんもく
 つまつみはそれだけではない。それだけならばこのやみなかに、今程いまほどおれもくるしみはしまい。しかしつまゆめのやうに、盜人ぬすびとをとられながら、やぶそとかうとすると、たちま顏色がんしよくうしなつたなり、すぎのおれをゆびさした。「あのひところしてください。わたしはあのひときてゐては、あなたと一しよにはゐられません。」――つまくるつたやうに、何度なんどもかうさけてた。「あのひところしてください。」――この言葉ことばあらしのやうに、いまでもとほやみそこへ、まつ逆樣さかさまにおれをおとさうとする。一でもこのくらゐにくむべき言葉ことばが、人間にんげんくちことがあらうか? 一でもこのくらゐのろはしい言葉ことばが、人間にんげんみみれたことがあらうか? 一でもこのくらゐ、――(突然とつぜんほとばしごと嘲笑てうせう)その言葉ことばいたときは、盜人ぬすびとさへいろうしなつてしまつた。「あのひところしてください。」――つまはさうさけびながら、盜人ぬすびとうですがつてゐる。盜人ぬすびとはぢつとつまままころすともころさぬとも返事へんじをしない。――とおもふかおもはないうちに、つまたけ落葉おちばうへへ、ただ一蹴ひとけりに蹴倒けたふされた、(ふたたびほとばしごと嘲笑てうせう盜人ぬすびとしづかに兩腕りやううでむと、おれの姿すがたをやつた。「あのをんなはどうするつもりだ? ころすか、それともたすけてやるか? 返事へんじただうなづけばい。ころすか?」――おれはこの言葉ことばだけでも、盜人ぬすびとつみゆるしてやりたい。(ふたたびなが沈默ちんもく
 つまはおれがためらふうちに、なに一聲ひとこえ叫ぶがはやいか、たちまやぶおくへ走りした。盜人ぬすびと咄嗟とつさびかかつたが、これはそでさへとらへなかつたらしい。おれはただまぼろしのやうに、さう景色けしきながめてゐた。
 盜人ぬすびとつまつたのち太刀たち弓矢ゆみやげると、一箇所かしよだけおれのなはつた。「今度こんどはおれのうへだ。」――おれは盜人ぬすびとやぶそとへ、姿すがたかくしてしまうときに、かうつぶやいたのをおぼえてゐる。そのあと何處どこしづかだつた。いや、まだだれかのこゑがする。おれはなはきながら、ぢつとみみませてた。が、そのこゑがついてれば、おれ自身じしんいてゐるこゑだつたではないか? (三度みたびなが沈默ちんもく
 おれはやつとすぎから、つかてたからだおこした。おれのまへにはつまおとした、小刀さすがひとひかつてゐる。おれはそれをにとると、一突ひとつきにおれのむねした。なになまぐさかたまりがおれのくちへこみげてる。が、くるしみはすこしもない。ただむねつめたくなると、一そうあたりがしんとしてしまつた。ああ、なんしづかさだらう。この山陰やまかげやぶそらには、小鳥ことりさえづりにない。ただすぎたけうらに、さびしい日影ひかげただよつてゐる。日影ひかげが、――それも次第しだいうすれてる。もうすぎたけえない。おれは其處そこたふれたままふかしづかさに包まれてゐる。
 そのときだれしのあしに、おれのそばたものがある。おれはそちらをようとした。が、おれのまはりには、何時いつ薄闇うすやみちこめてゐる。たれか、――そのたれかはえないに、そつとむね小刀さすがいた。同時どうじにおれのくちなかには、もう一血潮ちしほあふれてる。おれはそれぎり永久えいきうに、中有ちううやみしづんでしまつた。………
(大正十年十二月作)

底本:「現代日本文學全集 第三〇篇 芥川龍之介集」改造社
   1928(昭和3)年1月9日発行
初出:「新潮」
   1922(大正11)年1月1日
※表題は底本では、「藪(やぶ)の中(なか)」となっています。
入力:高柳典子
校正:岡山勝美
2012年2月8日作成
2012年3月25日修正
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。
ふりがなを非表示縦書きで表示