続澄江堂雑記

     一 夏目先生の書

 僕にも時々夏目なつめ先生の書を鑑定かんていしてくれろと言ふ人がある。が、僕の眼光ではどうも判然とは鑑定出来ない、唯まつ赤なせものだけはおのづから正体しやうたいを現はしてくれる。僕は近頃そのせものの中に決して贋にものとは思はれぬ一本のあふぎに遭遇した。成程なるほどこの扇に書いてある句は漱石そうせきと言ふ名はついてゐても、確かに夏目先生の書いたものではない。しかし又句がらや書体から見れば、夏目先生の贋せものを作る為に書いたのではないこともたしかである。この漱石とは何ものであらうか? 太白堂三世たうはくだうさんせい村田桃鄰むらたたうりんも始めの名はやはり漱石である。けれども僕の見た扇はさほど古いものとも思はれない。僕はこの贋せものならざるに贋せものと呼ばれる扇の筆者を如何いかにも気の毒に思つてゐる。ちなみに言ふ、夏目先生の書にも近年はめつきり贋せものがえたらしい。(大正十四年十月二十日)

     二 霜の来る前

 毎日庭を眺めてゐると、こけの最も美しいのはしもの来る前、――まづ十月一ぱいである。それから霜の来る前に「カナメモチ」や「モツコク」などの赤々と芽をふいてゐるのは美しいよりもむしろもの哀れでならぬ。(同年十一月十日)

     三 澄江堂

 僕になぜ澄江堂ちようかうだうなどと号するかと尋ねる人がある。なぜと言ふほどの因縁いんねんはない。唯いつか漫然と澄江堂と号してしまつたのである。いつか佐佐木茂索ささきもさく君は「スミエと言ふ芸者にれたんですか?」と言つた。が、勿論もちろんそんなわけでもない。僕は時々本名ほんみやうほかに入らざる名などをつけることはよせば好かつたと思つてゐる。(十一月十二日)

     四 雅号

 しかし雅号ががうと言ふものはやはり作品と同じやうにその人の個性を示すものである。菱田春草ひしだしゆんさうは年少時代には駿走しゆんそうの号を用ひてゐた。年少時代の春草は定めし駿走らしかつたであらう。さう言へば正宗白鳥まさむねはくてう氏も昔は白塚はくちようと号してゐたかと思ふ。これは僕の記憶違ひかも知れない。が、若し違つてゐないとすれば、この号もかく年少時代の正宗氏を想はせるのに足るものであらう。僕は昔の文人たちの雅号を幾つも持つてゐたのはかならずしも道楽にこしらへたのではない。彼等の趣味の進歩に応じておのづから出来たものと思つてゐる。(同前)

     五 シルレルの頭蓋骨

 シルレルの遺骸ゐがいは彼の歿年、――千八百五年以来、ちやんとワイマアルの大公爵家の霊廟れいべうの中に収められてゐた。が、二十年ばかりたつたのち、その霊廟を再建さいこんする際に頭蓋骨づがいこつだけゲエテに贈ることになつた。ゲエテは彼の机の上にこの旧友の頭蓋骨を置き、「シルレル」と題する詩を作つた。そればかりではない。エエベルラインなどは御苦労にも「シルレルの頭蓋骨を見守れるゲエテ」とかなんとか言ふ半身像を作つた。けれどもこれはシルレルではない、誰か他の人の頭蓋骨だつた。(ほんたうのシルレルの頭蓋骨はやつと近年テユウビンゲンの解剖学かいばうがくの教授に発見された。)僕はかう言ふ話を読み、悪魔のいたづらを見たやうに感じた。他人の頭蓋骨に感激したゲエテは勿論滑稽こつけいに見えるであらう。しかしその頭蓋骨がなかつたとしたらば、ゲエテ詩集は少くとも「シルレル」の一篇を欠いてゐたのである。(十一月二十日)

     六 美人禍

 ゲエテをワイマアルの宮廷から退しりぞかせたのはフオン・ハイゲンドルフ夫人である。しかも又シヨオペンハウエルに一世一代の恋歌れんかを作らせたのもやはりこのフオン・ハイゲンドルフ夫人である。前者に反感を抱いた女性は彼女のほかになかつたらしい。後者に好感を与へたのは勿論彼女一人ひとりである。かく両天才を悩ませただけでも、ただの女ではなかつたのであらう。現に写真にちやうすると、目の大きい、鼻のとがつた、如何いかにも一癖ありげな美人である。(二十一日)

     七 放心

 僕は教師をしてゐた頃、ネクタイをするのを忘れたまま、澄まして往来わうらいを歩いてゐた。それを幸ひにも見つけてくれたのは当年の菅忠雄すがただを君である。しかしそののち学校へ行つたら、今度は物理の教官が一人ひとり、カラアをつけるのを忘れたと見え、ネクタイだけシヤツにぶら下げてゐた。どちらがはた目には可笑をかしかつたかしら。(二十二日)

     八 同上

 僕は菊池きくちと長崎へ行つた時、汽車中大いに文芸論をした。そのうちにふと気がついて見ると、菊池はいつか両手の間にパラソルを一本まはしてゐる。僕は勿論「おい、君」と言つた。すると菊池は苦笑くせうしながら、となりにゐた奥さんにパラソルを返した。僕は早速さつそく文芸論の代りに菊池きくちの放心を攻撃した。菊池の降参したのはこの時だけである。が、長崎を立つ段になると、僕自身うつかり上野屋うへのや雨外套あまぐわいたうを忘れて来てしまつた。菊池の嬉しがるまいことか、忌々いまいましくも大笑ひをしていはく、「君もまた細心さいしんは誇れないね。」(同上)
底本:「筑摩全集類聚 芥川龍之介全集第四巻」筑摩書房
   1971(昭和46)年6月5日初版第1刷発行
   1979(昭和54)年4月10日初版第11刷発行
入力:土屋隆
校正:松永正敏
2007年6月26日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。
ふりがなを非表示縦書きで表示