鑑定

 三円で果亭くわてい山水さんすゐを買つて来て、書斎のとこに掛けて置いたら、遊びに来た男が皆その前へ立つて見ちや「贋物がんぶつぢやないか」と軽蔑した。滝田樗陰たちたちよいん君の如きも、上から下までずつと眼をやつて、「いけませんな」と喝破かつぱしてしまつた。が、こちらは元来怪しげな書画を掘り出して来る事を以て、無名の天才に敬意を払ふ所以ゆゑんだと心得てゐるんだから、「僕は果亭くわていだからけて置くのぢやない。の出来がいから懸けて置くのだ」と号して、更に辟易へきえきしなかつた。けれどもこの山水を贋物がんぶつだと称する諸君子くんしは、ことごとくこれを自分の負惜まけをしみだと盲断した。のみならず彼等の或者は「かく無名の天才は安上やすあがりでいよ」などと云つて、いやににやにや笑ひさへした。ここに至る以上自分といへども、いささか三円の果亭の為に辯ずる所なきを得ない。
 そもそも鑑定家かんていかなるものはややもすると虫眼鏡むしめがねなどをふり廻して、我々素人しろうとおどかしにかかるが、元来彼等は書画の真贋しんがんをどの位まで正確に見分ける事が出来るかと云ふと、彼等も人間である以上、決して全智全能と云ふ次第ぢやない。なんとなれば、彼等の判断をくだすべきものはその書画の真贋しんがんである。或は真贋に関する範囲内での巧拙かうせつである。所がその真贋なり巧拙なりの鑑定は何時いつでも或客観的標準の定規ぢやうぎを当てると云ふわけに行かう筈がない。たとへば落款らくくわんとか手法しゆはふとか乃至ないし紙墨しぼくなどと云ふ物質的材料をたくみ真似まねたものになると、その真贋を鑑定するものはほとんど一種の直覚のほかに何もないと云ふ事に帰着してしまふ。が、如何いかに鋭敏な直覚を備へてゐたにした所で、唯過去に於て或書家なり画家なりがその書画を作つたと云ふ事実だけの問題になつたら、鑑定家にして占者うらなひしやを兼ねない限り、到底たうてい見分けなんぞはつきはしまい。現にこのあひだなんとか云ふ男の作つた贋物がんぶつの書画は、作者自身も真贋をべんじなかつたと云つてゐるぢやないか。よし又それ程巧妙をを極めた贋物でないにしても鑑定家に良心のある限り、真とも贋とも決定出来ない中間色ちうかんしよくの書画が出て来るのは自然である。して見れば鑑定家なるものは、或種類の書画に限り、我々同様更に真贋の判別は出来ないと云つても差支さしつかへない。そこでひるがへつて三円の果亭くわていを見ると、断じて果亭だと言明する事が出来ないにしても、同様に又断じて果亭でないとも言明する事の出来ないものである。すでに然るからはこれを果亭と認めて壁間へきかんにぶら下げたのにしろ、毛頭まうとう自分の不名誉になる事ぢやない。いはんや自分は唯、無名の天才に敬意を表する心算つもりで――
 辯じてここまで来ると、大抵たいていの男は「わかつたよ、もう無名の天才は沢山たくさんだ」と云つた。沢山ならこれで切り上げるが、世間には自分の如く怪しげな書画をもてあそんで無名の天才に敬意を払ふの士が存外ぞんぐわい多くはないかと思ふ。それらの士は、俗悪なる新画に巨万の黄金わうごんなげうつて顧みない天下の富豪ふがうくらべると、少くとも趣味の独立してゐる点で尊敬にあたひする人々である。そこで自分はいささかそれらの士と共に、真贋の差別にわづらはされない清興せいきやうの存在を主張したかつたから、ここにわざわざ以上の饒舌ぜうせつを活字にする事をあへてした。所謂いはゆる竹町物たけちやうものを商ふ骨董屋こつとうやが広告に利用しなければ幸甚かうじんである。

底本:「筑摩全集類聚 芥川龍之介全集第四巻」筑摩書房
   1971(昭和46)年6月5日初版第1刷発行
   1979(昭和54)年4月10日初版第11刷発行
入力:土屋隆
校正:松永正敏
2007年6月26日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。
ふりがなを非表示縦書きで表示