案頭の書

 大阪の画工※(「王+睿」、第3水準1-88-34)ほくせんの著はせる古今実物語ここんじつものがたりと云ふ書あり。前後四巻、作者の筆に成れる※(「插」でつくりの縦棒が下に突き抜けている、第4水準2-13-28)さしゑまじふ。格別稀覯書きかうしよにはあらざれども、いささ風変ふうがはりのおもむきあれば、そのあらましを紹介すべし。
 古今実物語は奇談二十一篇を収む。その又奇談は怪談めきたれども、実は少しも怪談ならず。たとへば「幽霊二月堂にぐわつだう牛王ごわうをおそるる事」を見よ。
今西村いまにしむら兵右衛門へいゑもんと云へる有徳うとくなる百姓ありけるが、かの家にめし使ふ女、みめかたち人にすぐれ、心ざまもやさしかりければ、あるじの兵右衛門おりおりしのびかよひける。此主が女房、ねたみふかき者なるが、此事をもれ聞きて瞋恚しんいのほむらに胸をこがし、しもをとこをひそかにまねき、『かの女を殺すべし、よく仕了しおほせなば金銀あまたとらすべし』と云ひければ、この男も驚きしが、元来慾心ふかき者なれば、心安く受合うけあひける。(中略)下女しもをんな(中略)何心なにごころなくあぜづたひにく向うのかた、すすきのかげより思ひがけなく、下男しもをとこ横だきにして池中ちちうへなげ入れける。(中略)
「日も西山せいざんにかたむき、折ふししよぼ/\雨のふるをいとはず、歩きをたのしみにうでこきする男、曾我宮そがのみや日参ひまゐり此所ここを通りけるに、池の中より『もしもし』と呼びかくる。誰ならんと立ちどまれば、いぜんの女池の中よりによつと出で、『男と見かけ頼み申し度き事あり』と云はせもはてず、狐狸こりのしわざか、人にこそより目にもの見せんと腕まくりして立ちかかれば、『いやいやさやうの者にあらず。我は今西村いまにしむら兵右衛門へいゑもんに奉公致すものなるが、しかじかのことにてむなしく成る。あまりになさけなきしかたゆへ、うらみをなさんと一念此身をはなれず今宵こよひかの家にゆかんと思へどあるじつねづね観音を信じ、門戸もんこ二月堂にぐわつだう牛王ごわうを押し置きけるゆゑ、死霊しりやうの近づくことかなはず(中略)牛王をとりのけたまはらば、生々世々しやうじやうせぜ御恩ごおん』と、世にくるしげにたのみける。
「かのもの不敵ふてきのものなれば(中略)そのところををしへたまへ。のぞみをかなへまゐらせんと、あとにつきていそぎゆく。ほどなく兵右衛門が宅になれば、女の指図さしづにまかせ、何かはしらず守り札ひきまくり捨てければ、女はよろこび戸をひらき、家へ入るよと見えしがしてゐたる女房ののどにくひつき、難なくいのちをとりて、おもてをさして逃げ出でける。(中略)
「女走りいでゝ(中略)此上ながらとてものことにいづくへなりと連れてゆきたまはれと、背につきはなれぬうち、家内かないにわかにさわぎ立ち、やれ何者のしわざなるぞ、提灯ちやうちん松明たいまつと、上を下へとかへすにぞ、以前の男も心ならず足にまかせて逃げゆきしが、思はずもわが家にかへり、(中略)ひとり住みの身なれば、誰れとがむるものもなけれど、幽霊を連れかへりそゞろに気味わるく、『のふ/\のぞみはかなひし上は、いづかたへもゆきたまへ、(中略)』と、心のうちに念仏をとなへけるこそをかしけれ。
「幽霊もしばしはさしうつむきてゐたりしが、(中略)うらめしと思ふかたきをかみころし、一念散ずるときは泉下めいどへもゆくべきに、いまだ此土このどにとどまることのふしんさよと心をつけて見るに、さして常にかはることもなし。(中略)それより一つ二つとはなし合ふに、いよ/\幽霊にあらざるにきはまりける。(中略)男も定まる妻もなければと、つひ談合だんがふなりてそこを立ちのき、大阪にしるべありてひきこしける。兵右衛門へいゑもんがかたにはかゝることゝは露しらず、本妻と下女げぢよ修羅しゆら苦患くげんをたすけんと御出家ごしゆつけがたの金儲かねまうけとなりけるとなり。」
 この話は珍しき話にあらず。鈴木正三すずきしやうざうの同一の怪談を発見し得べし。唯※(「王+睿」、第3水準1-88-34)ほくせんはこの話に現実主義的なる解釈を加へ、超自然を自然に翻訳ほんやくしたり。そはこの話にとどまらず、安珍あんちん清姫きよひめの話を翻訳したる「紀州きしう日高ひだかの女山伏やまぶしを殺す事」も然り、くずの話を翻訳したる、「畜類人とちぎ男子をのこを生む事」も然り。鉄輪かなわの話を翻訳したる「妬女貴布禰明神とぢよきぶねみやうじんに祈る事」も然り。殊に最後の一篇は嫉妬のおににならんと欲せる女、「こはありがたきおつげかな。わがぐわん成就じやうじゆとよろこび、其まま川へとび入りける」も、「ころしも霜月しもつき下旬の事なれば、(中略)四方よもは白たへの雪にうづみ、川風はげしくして、身体しんたい氷にとぢければ、手足もこごへ、すでにいきへんとせし時、」いつしか妬心としんを忘れしと云ふ、誰かこの残酷ざんこくなる現実主義者の諧謔かいぎやくに失笑一番せざるものあらん。

 更に又「孝子黄金こがねの釜を掘り出し娘の事」を見よ。
三八さんぱちといへる百姓は一人ひとりの母につかへて、至孝ならぶものなかりける。或年あるとし霜月しもつき下旬の頃、母たけのこしよくたきよしのぞみける。もとより貧しき身なれども、母の好みにまかせ、朝夕あさゆふの食事をととのへすすむといへ共このたけのこはこまりはてけるが、(中略)蓑笠みのかさひきかづき、二三丁ほどあるところの、藪を心当こころあてゆきける。積る朽葉くちばにつもる雪、かきのけ/\さがせども、(中略)ああ天我をほろぼすかとなみだと雪にそでをぬらし、是非ぜひなく/\も帰る道筋、なはからげの小桶こをけひとつ、何ならんと取上げ見れば、孝子三八にたまはると書付はなけれ共、まづふたをひらけば、内よりによつと塩竹の子、かねもらうたよりうれしく、(中略)女房にかくとしらすれば、同じ心のしうとめ思ひ、手ばやに塩だしかつをかき、即時にあつものとなしてあたへける。其味なまなるにかはる事なく、母もよろこび大方おほかたならず、いかなる人のここに落せしや、是又ひとつのふしぎ也。
「しかるにかほど孝心厚き者なれ共、※(「てへん+峠のつくり」、第3水準1-84-76)かせげばかせぐほど貧しく成り、次第/\に家をとろへ、今は朝夕あさゆふのけぶりさへたえ/″\に成りければ、三八さんぱち女房に云ふやう、(中略)ふたりが中にまうけし娘ことし十五まで育てぬれ共、(中略)かれを都のかたへつれ行き、勤奉公つとめぼうこうとやらんをさせ、給銀きふぎんにて※(「てへん+峠のつくり」、第3水準1-84-76)ひとかせぎして見んと思ふはいかにと尋ぬるにぞ、わらはもくよりさやうには思ひさふらへ共、(中略)と答へける。(中略)三八は身ごしらへして、娘うちつれ出でにける。名にしおふ難波なには大湊おほみなとまづ此所ここへと心ざし、少しのしるべをたずね、それより茶屋奉公にいだしける。(中略)さて此娘、(中略)つとめにいづる其日より、富豪の大臣かかり、早速さそくに身うけして、三八夫婦母おやも大阪へ引きとり、有りしにかはるくらしと成り、三八夏は蚊帳かやの代りにせし身を腰元こしもと共にとこあふがせ、女房は又しうとめにあたへし乳房ちぶさ虎屋とらや羊羹やうかんにしかへ、氷からこひも古めかしと、水晶の水舟みづぶねに朝鮮金魚を泳がせて楽しみ、これ至孝のいたす所なり。」
 天は孝子に幸福を与へず。孝子に幸福を与へしものは何人なんびとかの遺失せる塩竹の子のみ。或は身を売れる一人ひとり娘のみ。作者の俗言を冷笑するもまた悪辣あくらつきはめたりと云ふべし。はこの皮肉なる現実主義に多少の同情を有するものなり。唯唯作者の論理的頭脳づなうは残念にも余り雋鋭しゆんえいならず。「餓鬼聖霊会がきしやうりやうゑを論ずる事」の如き、「寺僧病人問答の事」の如き、或は又「仏者と儒者渡唐天神とたうてんじんを論ずる事」の如き、論理の筆をろうしたるものは如何いか贔屓眼ひいきめに見るにせよ、おほむ床屋とこやの親方の人生観を講釈すると五十歩百歩のかんにあるが如し。ちなみに云ふ。「古今ここん実物語」は宝暦はうれき二年正月出板、土冏然とけいぜんの漢文の序あり。書肆しよしは大阪南本町一丁目村井喜太郎むらゐきたらう、「古今百物語」、「当世百物語」号と同年の出版なりしも一興ならん

魂胆色遊懐男こんたんいろあそびふところをとこ」はかの「豆男江戸見物まめをとこえどけんぶつ」のプロトタイプなり。予の家に蔵するは巻一、巻四の二冊なれども、大豆右衛門まめゑもんの冒険にはラブレエを想はしむるものなきにあらず。
 大豆右衛門は洛東らくとう山科やましなの人なり。その母「塩の長次ちやうじにはあらねど、夢中に馬を呑むと見て、懐胎したる子なるゆへ」大豆右衛門と称せしと云へば、この名のつて来る所はかならずしも多言するを要せざるべし。大豆右衛門、二十三歳の時、「さねかづら取りて京の歴々の女中方へ売べしと逢坂山あふさかやまにわけ登り」しが、たまたま玉貌ぎよくばう仙女せんぢよと逢ひ、一粒いちりふ金丹きんたんを服するを得たり。「ありがたくおし頂きてのむに、忽ち其身雪霜の消ゆる如くみぢみぢとなつて、芥子人形けしにんぎやうの如くになれり。」こは人倫のまじはりを不可能ならしむるに似たれども、仙女の説明する所によれば、「色里いろざとにても又は町家の歴々の奥がたにても、心のままにあはれるなり。(中略)なんぢがあふて見度みたしと思ふ女のねんごろにする男のふところの中に入れば、その男の魂ぬけいで、汝かりに其男に入れかはりて、相手の女を自由にする事、又なき楽しみにあらずや」と云へば、すこぶる便利なる転身てんしんと云ふべし。爾来じらい大豆右衛門、色を天下にぎよすと雖も、迷宮めいきゆうに似たる人生は容易に幸福を与ふるものにあらず。たとへば巻一の「あねの異見耳痛樫木枕みみいたいかたぎまくら」を見よ。
「台所より飛びあがり、奥の方を心がけ、ふすまのすこしきたるあひよりそつとりて大座敷へいで、(中略)唐更紗たうざらさ暖簾のれんあげて、長四畳ながよでふを過ぎ、一だんたかき小座敷あつて、有明ありあけの火明らかに、これ此家このや旦那だんな殿の寝所しんじよならめと腰障子をすこしつきやぶりて、是より入つて見れば夫婦枕をならべて、前後も知らず連れぶしいびきに、(中略)まづ内儀ないぎの顔をさしのぞいて見れば、その美しさこの器量で三十ばかりに見ゆれば、卅五六でもあるべし。(中略)男は三十一二に見えて、成程なるほど強さうな生れつき。さては此女房の美しいに思ひつきて、我より二つ四つも年のいたをもたれしか、ただし入りむこか、(中略)と亭主ていしゆふところにはいればそのままたましひ入れ替り、(中略)さあ夢さましてもてなしやと云へば、此女房目をさまし、きものつぶれた顔して、あたりへ我をつきのけ、起きかへつて、コレ気ちがひ、ここを内ぢやと思ひやるか、けぬ先ににや/\と云ふに、面白うもない歌留多かるたをうつてゐてかし、今からはなれまい、旦那殿だんなどの大津祭おほつまつりかれて留守るすぢやほどに、泊つてなりと行きやと、兄弟のかたじけなさはなんの遠慮もなく一所に寝るを、あねをとらまへ軽忽きやうこつな、こりや畜生の行儀ぎやうぎか。こちや畜生になる事はいやぢやいの。(中略)多聞たぶん悪いと畳を叩いて腹を立てる。さて南無なむさん姉ぢやさうな。是は粗相千万そさうせんばん、(中略)と後先あとさき揃はぬ事を云ふて、又もと夜着よぎへこそこそはいつて、寝るより早く其処そこを立ち退き、(下略げりやく)」(この項未完)
(大正十三年六月)

底本:「筑摩全集類聚 芥川龍之介全集第四巻」筑摩書房
   1971(昭和46)年6月5日初版第1刷発行
   1979(昭和54)年4月10日初版第11刷発行
入力:土屋隆
校正:松永正敏
2007年6月26日作成
2010年10月30日修正
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。
ふりがなを非表示縦書きで表示