リチャード・バートン訳「一千一夜物語」に就いて

     一

 リチヤアド・バアトン(Richard Burton)の訳した「一千一夜いつせんいちや物語」――アラビヤン・ナイツは、今日こんにちまで出てゐる英訳中で先づ一番完全に近いものであるとせられてゐる。勿論、バアトン以前に出た訳本もかずあつて、一々挙げるいとまも無いほどであるが、先づ「一千一夜物語」を欧羅巴ヨオロツパに紹介した最初の訳本は一七〇四年に出たアントアン・ガラン(Antoine Galland)教授の仏訳本である。これは勿論完訳ではない。ただ甚だ愛誦するに足る抄訳本と云ふ位のものである。ガラン以後にも手近い所でフオスタア(Foster)だとかブツセイ(Bussey)だとかいろいろ訳本の無いわけではない。併しいづれも訳語や文体は仏蘭西フランス臭味をただよはせた、まづ少年読物と云ふ水準を越えないものばかりである。
 ガラン教授から一世紀ののち――即ち一八〇〇年以後のおもなる訳者を列挙して見ると、大体しもの通りである。
1. Dr. Jonathan Scott. (1800)
2. Edward Wortley. (1811)
3. Henry Torrens. (1838)
4. Edward William Lane. (1839)
5. John Pane. (1885)
 トレンズの訳本は、在来のもののやうに英仏臭味を帯びないもので、其の点では一歩を進めたものであるが、訳者が十分原語に通暁つうげうしてゐなかつたし、殊に埃及エヂプトやシリヤの方言はうげんなどを全く知らなかつた為に、うらむらくは所期の点に達し得なかつた。而も十分の一位で中絶して居るのは、甚だ惜むべきことである。
 レエンの訳本――日本へは最も広く流布るふしてゐる。殊にボオン(Bohn)叢書の二巻ものは、本郷ほんがう神田かんだ古本屋ふるほんやでよく見受けられる――は底本ていほんとしたバラク(Bulak)版が元々省略の多いものであり、其の上に二百ある話の中から半分の百だけを訳出したもので、したがつて残りの百話の中にかへつて面白いものが有ると云ふやうなわけで、お上品に出来過ぎてしまつて、応接間向きの趣向しゆかういとしても、あきたらないことおびただしい。お負けに、レエンは一夜一夜いちやいちやを章別にした上に、或章は註のうちに追入れてしまつたり、詩を散文に訳出したり又は全然捨てて了つたりして居るし、児戯じぎに類する誤訳も甚だ多いと云ふ次第。
 次にペエン――フランソア・ヴイヨン(Fran※(セディラ付きC小文字)ois Vilon)の詩を英訳した――の「一千一夜物語」の訳は、旧来のものに比べると格段にすぐれてゐる。話のかずもガラン訳の四倍あり其の他のものの三倍はあるが、手の届かぬ所が無いでもない。しかしかく好訳であるが、私版を五百部刊行しただけで、遂に稀覯書きこうしようち這入はひつてしまつた。ただ一つ特記すべきことは、巻頭にバアトンへの献詞けんしが附いてゐることである。
 バアトンの訳本も、一千部の限定出版で、容易に手に入りがたい。出版当時十ポンドであつたものが、今日こんにちでは三十ポンド内外の市価をとなへられてゐるのは、「一千一夜物語」愛好者の為にいささか気の毒である。尤も此のバアトン訳の剽竊版へうせつばん(Pirate Edition)が亜米利加アメリカで幾つも出来てゐるが、中身はうだらうか。
 バアトンの訳本の表題は左の通り。
A PLAIN AND LITERAL TRANSLATION OF THE ARABIAN NIGHTS ENTERTAINMENTS, NOW ENTITLED THE BOOK OF THE THOUSAND NIGHTS AND A NIGHT WITH INTRODUCTION EXPLANATORY NOTES ON THE MANNERS AND CUSTOMS OF MOSLEM MEN AND A TERMINAL ESSAY UPON THE HISTORY OF THE NIGHTS BY RICHARD F. BURTON.
 巻数は補遺共十八冊で、出版所はバアトン倶楽部クラブ、一八八五年から一八八八年へかけて刊行されてゐる。
 訳者バアトン並びにバアトン訳本の次第は次々に話すことにしませう。

     二

 訳者バアトンは東方諸国を跋渉ばつせうした英吉利イギリスの陸軍大尉であるが、本の方を中心にしてお話すると、バアトンの訳本の成立ちは、第一巻の「訳者の序言」と第十一巻の「一千一夜いちせんいちや物語の伝記並に其の批評者の批評」とに収められて居る。
 そもそもバアトンがの翻訳を思ひ立つたのは、アデン在留の医師ジヨン・スタインホイザアと一緒いつしよに、メヂヤ、メツカを旅行した時のことで、バアトンが第一巻を此のスタインホイザアにけんじてゐるのを以てても、二人ふたり道中話だうちうばなしがどんなであつたかは分る。
 其の旅行は一八五二年の冬のことで、其の途中で、バアトンはスタインホイザアと亜剌比亜アラビア[#「亜剌比亜」は底本では「亜刺比亜」]のことをいろいろ話してゐるうちに、おのづと話題が「一千一夜物語」に移つて行つて、とうとう二人ふたりの口から、「一千一夜物語」は子供のあひだに知れ渡つてゐるにもかかはらず本当の値打が僅かに亜剌比亜アラビア[#「亜剌比亜」は底本では「亜刺比亜」]語学者にしか認められてゐないと云ふ感慨がれて出た。それから話が一歩進んで、うしても完全な翻訳が出したいと云ふことにまとまり、スタインホイザアが散文を、バアトンが韻文いんぶんを訳出する筈に決して、別れた。
 それから両人は互に文通して、励まし合つてゐたが、いくばくも無くスタインホイザアが瑞西スイスのベルンで卒中そつちうたふれてしまつた。スタインホイザアの稿本は散逸さんいつして、バアトンの手にはひつたものは僅かであつた。
 その後バアトンは、西部亜弗利加アフリカや南亜米利加アメリカ客寓中かくぐうちう、独り稿をいで行つた。其のかんに於ける彼の胸中は、「他人目たにんめにはうか知らないけれども、自分では何よりの慰藉ゐしやと満足との泉であつた」と云ふ彼自身の言葉がつくしてる。
 斯くて稿ををはつて、一八七九年の春から清書に取掛とりかかつて行つたが、一八八二年の冬、或雑誌に、ジヨン・ペインの訳本が刊行されると云ふ予告が出た。バアトンが之を知つたのは、あたかも西部亜弗利加の黄金わうごん海岸へ遠征しようと云ふ間際まぎはであつた。そこでペインに「小生も貴君きくんと同様の事業をくはだて居り候へども、貴君のすでに之を完成されたるは結構千万の儀にて、先鞭せんべんの功は小生よりお譲り可申まうすべく云々うんぬん」と云ふ手紙を送つた。そのうちにペインの訳本が出た。で、バアトンは一時中止した。
 バアトンが又続けて言つて居る。「東部亜弗利加アフリカのゼイラに二箇月間滞在してゐた時にも、ソマリイを横断の陣中でも、此の「一千一夜いちせんいちや」がの位自分を慰めて呉れたかわからない」と。
 然らば此のバアトンの訳本は、欧洲の天地を遠く離れて、而も瘴煙蛮雨しやうえんばんうの中で生れたもので、あたかもタイチに赴いたゴオガンの絵と好対照である。
 一八八四年に、バアトンはトリエストに滞在中、最初の二巻を脱稿した。
 ここで問題は印刷部数である。或学者が曰ふ、「百五十部乃至二百五十部でよろしからう」と。其の学者とふのは、本文ほんもんを十六万部もつて、六シルリングの廉価本れんかぼんより五十ギニイの高価本まで売り尽した男である。又或出版業者は「五百部がよい」と云つた。ただ素人しろうとの一友人が「二千から三千がよい」と勧めた。バアトンも迷つた末、一千部にめた。
 バアトンはそれから知人未知人を問はず、買ふらしい人の表を作つて、広告をくばつた。其の要綱は、全十冊、一冊一ギニイ、各冊とも代金は本と引換へのこと、廉価版は発行しない。一千部限り印行、十八箇月内に完結の予定、と云ふ規定であつた。広告配布数は二万四千で、その費用は百二十六ポンドかかつた。返事の来たのは八百通。
 翌年バアトンは英国に帰つて着々と事を進めてゐると、八百の予約はとうとう二千にえた。中には「差当り第一巻を見本として送られたく、気に入り候はば引続いて願上候」といふ素見客ひやかしきやくもあつた。
 之に送つたバアトンの返事は、「先づ十ギニイ送金有之度これありたく、その上にて一冊御申込になるとも全十冊御申込になるとも勝手に候」と。其れから取次業者連中は、安く踏倒ふみたふさうと思つて種々画策くわくさくをやつた。又、本を受取つても金を払はない連中も廿人位あつた。
 バアトンは最初から取次業者を眼中に置かず、危険ををかして自分で刊行しようと企てたのである。知名の文学者なり又文学団体の協賛けふさんを希望したけれども、誰れ一人ひとり応じなかつた。バアトンの計画を嘲笑てうせうした「印刷タイムス」の如きもあつた。「バ氏の此の事業に関係して居る筈の某々の氏名が訳本につて居らぬ。印刷者の手落ちならば正に罰金を課すべきである。又「一千一夜物語」の完訳は風俗上許し難い。縦令たと私版しはんであるとしても、公衆道徳をきずつけるおそれある以上はバ氏に罰金を課するが至当だ」と云ふやうな調子であつた。バアトンは此の挑戦てうせんに応じて「出版者は著者自身である。斯かるたぐひの書を出版業者の手に移すことは不快の至りで、著者自身の手に依つて、東洋語学者並びに考古学者の為に出版するのである」と発表した。

     三

 バアトンの「一千一夜いつせんいちや物語」十七巻の中、七巻は補遺ほゐである。その第十巻の終りに Terminal Essay が附いてゐて、此の物語の起源、亜剌比亜アラビア[#「亜剌比亜」は底本では「亜刺比亜」]風俗ふうぞく欧羅巴ヨオロツパに於ける訳本等がくはしく討究たうきうされてゐる。ことに亜剌比亜並びに東方諸国の風俗に関する論文は、学術上の貴い研究資料であると共に、専門家ならぬ者にもすこぶる興趣あるものである。
 バアトンは本文ほんもんを、一話一話に分けないで、原文通り一夜一夜いちやいちやに別けてゐる。又、韻文ゐんぶんは散文とせずに韻文に訳出してゐる。之を以ててもバアトンが如何いかに原文に忠実であつたかは推察出来ると思ふ。
 例へば、亜剌比亜アラビア人の形容を其儘そのまま翻訳して居るのに非常に面白いものがある。男女の抱擁はうようを「ボタンが釦のあなに嵌まるやうに一緒いつしよになつた」とじよしてある如き其の一つである。又、バクダッドの宮室庭園を写した文章の如きは、に入りさい穿うがつてつて、光景見るが如きものがある。第三十六夜(第二巻)の話にある Harunal-Rashid の庭園の描写などは其の好例かうれいである。
 バアトンは又基督キリスト教的道徳にわづらはされずして、大胆率直だいたんそつちよくに東洋的享楽主義を是認ぜにんした人で、したがつて其の訳本も在来の英訳「一千一夜物語」とは甚だおもむきことにしてゐる。例へば、第二百十五夜(第三巻)に Budur 女王の歌ふ詩に次の如きものがある。
The penis smooth and round was made with anus best to match it,
Had it been made for cunnus' sake it had been formed like hatchet!
 併し概して言ふと、しもがかつた事も、原文が無邪気むじやきに堂々と言ひはなつてゐるのを其儘そのまま訳出してあるから、近代の小説中に現はれる Love scene よりも婬褻いんせつの感を与へない。
 脚註がまたすこぶ細密さいみつなるものである。しかも其の註が尋常一様のものでなく、バアトン一流のものである。単に語句の上のみでなく、事実上の研究にも及んでゐる。例へば Shahriyar 王のきさきが黒人の男を情夫じやうふにするくだりの註を見ると、亜剌比亜アラビアの女が好んで黒人の男子を迎へるのはほかではない。亜剌比亜人の penis は欧羅巴ヨオロツパ人のよりも短い。然るに黒人のは欧羅巴人のよりも更に長く、且つ黒人のは膨脹律ばうちやうりつが少なくて duration が長い。其の為めに亜剌比亜女が黒人を情夫に持つのであるといふたぐひである。現にバアトンが計測した黒人の penis は平均長さ何インチなどと註してある。(未完)
(大正十三年七月)
〔談話〕

底本:「筑摩全集類聚 芥川龍之介全集第四巻」筑摩書房
   1971(昭和46)年6月5日初版第1刷発行
   1979(昭和54)年4月10日初版第11刷発行
入力:土屋隆
校正:松永正敏
2007年6月26日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。
ふりがなを非表示縦書きで表示