病牀雑記

 一、病中かんなるを幸ひ、諸雑誌の小説を十五篇ばかり読む。滝井たきゐ君の「ゲテモノ」同君の作中にても一頭地いつとうちを抜ける出来えなり。親父おやぢにも、せがれにも、風景にも、ぼくにしてを破らざること、もろこしのもちの如き味はひありと言ふべし。その手際てぎはあざやかなるは恐らくは九月小説中の第一ならん
 二、里見さとみ君の「蚊遣かやり」もまた十月小説中の白眉はくびなり。唯いささ末段まつだんに至つて落筆※(「勹<夕」、第3水準1-14-76)※(「勹<夕」、第3水準1-14-76)そうそううらみあらん。他は人情的か何か知らねど、不相変あひかはらず巧手かうしゆの名にそむかずと言ふべし。
 三、旅に病めることは珍らしからず。(今度も軽井沢かるゐざは寐冷ねびえを持ち越せるなり。)但し最も苦しかりしは丁度ちやうど支那へ渡らんとせる前、しもせきの宿屋に倒れし時ならん。この時も高が風邪かぜなれど、東京、大阪、下の関と三度目のぶり返しなれば、存外ぞんぐわい熱も容易にはさがらず、おまけに手足にはピリンしんを生じたれば、女中などは少くとも梅毒患者ばいどくかんじや位には思ひしなるべし。彼等の一人ひとり、僕をあはれんでいはく、「注射でもなすつたら、よろしうございませうに。」
東雲しののめすすふる中や下の関
 四、彼は昨日さくじつ小咄こばなし文学」を罵り、今日こんにち恬然てんぜんとして「コント文学」を作る。うべなるかな。彼の健康なるや。
 五、小穴隆一をあなりゆういち、軽井沢の宿屋にて飯を食ふこと五椀ごわんのち女中の前に小皿を出し、「これに飯を少し」と言へば、佐佐木茂索ささきもさく、「まだ食ふ気か」と言ふ。「ううん、手紙の封をするのだ」と言へど、茂索、中中承知せず「あとでそつと食ふ気だらう」と言ふ。隆一、憮然ぶぜんとして、「ぢや大和糊やまとのりにするわ」と言へば、茂索、いよいよ承知せず、「ははあ、のりでもめる気だな。」
 六、それから又玉突きに遊びゐたるに、一人ひとりの年少紳士しんしあり。僕等の仲間に入れてくれと言ふ。彼の僕等に対するや、いまかつて「ます」と言ふ語尾を使はず、「そら、そこを厚くてるんだ」などと命令することしばしばなり。然れどもワン・ピイスを一着したる佐佐木夫人に対するや、慇懃いんぎんに礼を施していはく、「あなたはソオシアル・ダンスをおやりですか?」佐佐木夫人の良人をつと即ち佐佐木茂索、「あいつは一体何ものかね」と言へば、何度も玉に負けたる隆一、言下ごんかに正体を道破していはく、「小金こがねをためた玉ボオイだらう。」
 七、軽井沢かるゐざは芭蕉ばせを句碑くひあり。「馬をさへながむる雪のあしたかな」の句を刻す。これは甲子吟行かつしぎんかう中の句なれば、名古屋あたりの作なるべし。それを何ゆゑに刻したるにや。ちなみに言ふ、追分おひわけには「吹き飛ばす石は浅間あさま野分のわきかな」の句碑あるよし。
 八、軽井沢の或骨董屋こつとうやの英語、――「ジス・キリノ(桐の)・ボツクス・イズ・ベリイ・ナイス。」
 九、室生犀星むろふさいせい碓氷うすひ山上よりつらなる妙義めうぎ崔嵬さいくわいたるを望んでいはく、「妙義山めいぎさんと言ふ山は生姜しやうがに似てゐるね。」
 十、十項だけ書かんと思ひしも熱出でてペンを続けることあたはず。
(大正十四年十月)
底本:「筑摩全集類聚 芥川龍之介全集第四巻」筑摩書房
   1971(昭和46)年6月5日初版第1刷発行
   1979(昭和54)年4月10日初版第11刷発行
入力:土屋隆
校正:松永正敏
2007年6月26日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。
ふりがなを非表示縦書きで表示