孔雀

 これは異本「伊曾保いそぽの物語」の一章である。この本はまだ誰も知らない。
あるからすおのれが人物を驕慢けうまんし、孔雀くじやくの羽根を見つけて此処かしこにまとひ、爾余じよ諸鳥しよてうをば大きにいやしめ、わがうへはあるまじいと飛び廻れば、諸鳥安からず思ひ、『なんぢはまことの孔雀でもないに、なぜにわれらをおとしめるぞ』と、取りまはいてさんざんに打擲ちやうちやくしたれば、羽根は抜かれ脚は折られ、なよなよとなつて息が絶えた。
「そののちまたまことの孔雀が来たに、諸鳥はこれも鴉ぢやと思うたれば、やはり打ちつつして殺してしまうた。して諸鳥の云うたことは、『まことの孔雀にめぐりうたなら、如何いかやうな礼儀をも尽さうずるものを。さてもさても世の中にはせ孔雀ばかり多いことぢや。』
下心したごころ。――天下てんか諸人しよにん阿呆あはうばかりぢや。さえ不才ふさえもわかることではござらぬ。」

底本:「筑摩全集類聚 芥川龍之介全集第四巻」筑摩書房
   1971(昭和46)年6月5日初版第1刷発行
   1979(昭和54)年4月10日初版第11刷発行
入力:土屋隆
校正:松永正敏
2007年6月26日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。
ふりがなを非表示縦書きで表示