京都日記

     光悦寺

 光悦寺くわうえつじへ行つたら、本堂の横手の松の中に小さな家が二軒立つてゐる。それがいづれも妙にをさまつてゐる所を見ると、物置きなんぞの類ではないらしい。らしいどころか、その一軒には大倉喜八郎おほくらきはちらう氏の書いたがくさへもかかつてゐる。そこで案内をしてくれた小林雨郊こばやしうかう君をつかまへて、「これはなんです」と尋ねたら、「光悦会くわうえつくわいで建てた茶席です」と云ふ答へがあつた。
 自分は急に、光悦会がくだらなくなつた。
「あの連中は光悦に御出入おでいりを申しつけた気でゐるやうぢやありませんか。」
 小林君は自分の毒口どくぐちを聞いて、にやにや笑ひ出した。
「これが出来たのでたかみねわしみねとが続いてゐる所が見えなくなりました。茶席など造るより、あの辺の雑木ざふきでも払へばよろしいにな。」
 小林君が洋傘かうもりで指さしたはうを見ると、成程なるほどもぢやもぢや生え繁つた初夏しよか雑木ざふきこずゑが鷹ヶ峯の左の裾を、鬱陶うつたうしく隠してゐる。あれがなくなつたら、山ばかりでなく、向うに光つてゐる大竹藪おほたけやぶもよく見えるやうになるだらう。第一その方が茶席を造るよりは、手数てすうがかからないのに違ひない。
 それから二人ふたり庫裡くりへ行つて、住職の坊さんに宝物はうもつを見せて貰つた。その中に一つ、銀の桔梗ききやうきんすすきとが入り乱れた上に美しい手蹟しゆせきで歌を書いた、八寸四方くらゐの小さなぢくがある。これはすすきの葉の垂れた工合ぐあひが、殊に出来が面白い。小林君は専門家だけに、それを床柱とこばしらにぶら下げて貰つて、「よろしいな。銀もよう焼けてゐる」とかなんとか云つてゐる。自分は敷島しきしまくはへて、まだ仏頂面ぶつちやうづらをしてゐたが、やはりこの絵を見てゐると、落着きのある、ほがらかい心もちになつて来た。
 が、しばらくすると住職の坊さんが、小林君の方を向いて、こんな事を云った。
「もう少しすると、又一つ茶席が建ちます。」
 小林君もこれにはいささか驚いたらしい。
「又光悦会ですか。」
「いいえ、今度は個人でございます。」
 自分は忌々いまいましいのを通り越して、へんな心もちになつた。一体光悦くわうえつをどう思つてゐるのだか、光悦寺をどう思つてゐるのだか、もう一つついでに鷹ヶ峯をどう思つてゐるのだか、かうなると、到底たうてい自分には分らない。そんなに茶席が建てたければ、茶屋四郎次郎ちややしらうじらう邸跡やしきあとや何かの麦畑でも、もつと買占めて、むやみに囲ひを並べたらよからう。さうしてその茶席ののきがくでも提灯ちやうちんでもべた一面に懸けるがい。さうすれば自分も始めから、わざわざ光悦寺などへやつて来はしない。さうとも。誰が来るものか。
 あとで外へ出たら、小林君が「い時に来ました。この上茶席が建つたらどうもなりません。」と云つた。さう思つて見ればたしかに好い時に来たのである。が、一つの茶席もない、更に好い時に来なかつたのは、返す返すも遺憾ゐかんに違ひない。――自分は依然として仏頂面ぶつちやうづらをしながら、小林君と一しよに竹藪のうしろに立つてゐる寂しい光悦寺の門を出た。

     竹

 或あまあがりの晩に車に乗つて、京都の町を通つたら、しばらくして車夫しやふが、どこへつけますとか、どこへつけやはりますとか、何とか云つた。どこへつけるつて、宿やどへつけるのにきまつてゐるから、宿だよ、宿だよと桐油とうゆうしろから、二度ばかり声をかけた。車夫はその御宿おやどがわかりませんと云つて、往来わうらいのまん中に立ち止まつた儘、動かない。さう云はれて見ると、自分も急に当惑たうわくした。宿の名前は知つてゐるが、宿の町所ちやうどころは覚えてゐない。しかもその名前なるものが、はなはだ平凡をきはめてゐるのだから、それだけでは、いくら賢明な車夫にしても到底たうてい満足に帰られなからう。
 困つたなと思つてゐると、車夫が桐油とうゆはづしてこの辺ぢやおへんかと云ふ。提灯ちやうちんの明りで見ると、車の前には竹藪があつた。それが暗の中に万竿ばんかんせいをつらねて、重なり合つた葉が寒さうにぬれて光つてゐる。自分は大へんな所へ来たと思つたから、こんな田舎ゐなかぢやないよ、横町よこちやうを二つばかり曲ると、四条しでう大橋おほはしへ出る所なんだと説明した。すると車夫があきれた顔をして、ここも四条の近所どすがなと云つた。そこでへええ、さうかね、ぢやもう少しにぎやかなはうへ行つて見てくれ、さうしたら分るだらうと、まあ一時を糊塗ことして置いた。所がその儘、車が動き出して、とつつきの横丁を左へ曲つたと思ふと、突然歌舞練場かぶれんぢやうの前へ出てしまったから奇体きたいである。それも丁度ちやうど都踊みやこをどりの時分だつたから、両側には祗園団子ぎをんだんごの赤い提灯が、行儀ぎやうぎよく火を入れて並んでゐる。自分は始めてさつきの竹藪が、建仁寺けんにんじだつたのに気がついた。が、あの暗を払つてゐる竹藪と、この陽気な色町いろまちとが、向ひ合つてゐると云ふ事は、どう考へても、嘘のやうな気がした。そののち、宿へは無事に辿たどりついたが、当時の狐につままれたやうな心もちは、今日けふでもはつきり覚えてゐる。……
 それ以来自分が気をつけて見ると、京都界隈かいわいにはどこへ行つても竹藪がある。どんなにぎやか町中まちなかでも、こればかりは決して油断が出来ない。一つ家並やなみはづれたと思ふと、すぐ竹藪が出現する。と思ふと、忽ち又町になる。殊に今云つた建仁寺けんにんじの竹藪の如きは、そののち祗園ぎをんを通りぬける度に、必ず棒喝ぼうかつの如く自分の眼前へとび出して来たものである。……
 が、慣れて見ると、不思議に京都の竹は、少しも剛健な気がしない。如何いかにも町慣れた、やさしい竹だと云ふ気がする。根が吸ひ上げる水も、白粉おしろい※(「均のつくり」、第3水準1-14-75)ひがしてゐさうだと云ふ気がする。もう一つ形容すると、始めから琳派りんはの画工の筆にのぼる為に、生えて来た竹だと云ふ気がする。これなら町中まちなかへ生えてゐても、勿論少しも差支さしつかへはない。なんなら祗園ぎをんのまん中にでも、光悦くわうえつ蒔絵まきゑにあるやうな太いやつが二三本、玉立ぎよくりつしてゐてくれたら、猶更なほさら以て結構だと思ふ。
   裸根はだかね春雨竹はるさめだけの青さかな
 大阪へ行つて、龍村たつむらさんに何か書けと云はれた時、自分は京都の竹を思ひ出して、こんな句を書いた。それ程竹の多い京都の竹は、京都らしく出来上つてゐるのである。

     舞妓まひこ

 上木屋町かみきやまちのお茶屋で、酒を飲んでゐたら、そこにゐた芸者が一人、むやみにはしやぎ廻つた。それが自分には、どうも躁狂さうきやう下地したぢらしい気がした。少し気味が悪くなつたから、そのはうの相手を小林こばやし君に一任して、隣にゐた舞妓まひこの方を向くと、これはおとなしく、椿餅つばきもちを食べてゐる。生際はえぎは白粉おしろいが薄くなつて、健康らしい皮膚が、黒く顔を出してゐるだけでも、こつちの方がはるかに頼もしい気がする。子供らしくつて可愛かはいかつたから、体操を知つてゐるかいといて見た。すると、体操は忘れたが、縄飛びなら覚えてゐると云ふ答へがあつた。ぢややつてお見せと云ひたかつたが、三味線しやみせんがし出したから見合せた。もつともさう云つても、恐らくやりはしなかつたらう。
 この三味線しやみせんに合せて、小林君が大津絵おほつゑのかへ唄を歌つた。なんでも文句もんく半切はんせつに書いたのが内にしまつてあつて、それを見ながらでないと、理想的には歌へないのださうである。時々あぶなくなると、そこにゐた二三人の芸者が加勢をした。更にその芸者があぶなくなると、おまつさんなる老妓らうぎが加勢をした。その色々の声が、大津絵を補綴ほてつして行く工合ぐあひは、丁度ちやうどぜの屏風びやうぶでも見る時と、同じやうな心もちだつた。自分は可笑をかしくなつたから、途中であははと笑ひ出した。すると小林君もそれに釣りこまれて、とうとう自分で大津絵を笑殺せうさつしてしまつた。後はおまつさんが独りでしまひまで歌つた。
 それから小林君が、舞妓まひこをどりを所望した。おまつさんは、座敷が狭いから、唐紙からかみけて、次ので踊るといと云ふ。そこで椿餅つばきもちを食べてゐた舞妓が、素直すなほに次の間へ行つて、京の四季を踊つた。遺憾ながらかう云ふ踊になると、自分にはうまいのだかまづいのだかわからない。が、花簪はなかんざしが傾いたり、だらりの帯が動いたり、舞扇まひあふぎが光つたりして、はなはだ綺麗きれいだつたから、かもロオスをつつつきながら、面白がて眺めてゐた。
 しかし実を云ふと、面白がつて見てゐたのは、単に綺麗だつたからばかりではない。舞妓まひこは風を引いてゐたと見えて、下を向くやうな所へ来ると、必ず恰好かつかうい鼻の奥で、春泥しゆんでいを踏むやうな音がかすかにした。それがひねつこびた教坊けうばうの子供らしくなくつて、如何いかにも自然ない心もちがした。自分はつてゐて、妙に嬉しかつたから、踊がすむと、その舞妓に羊羹やうかんだの椿餅だのをとつてやつた。もし舞妓にきまりの悪い思ひをさせるおそれがなかつたなら、お前は丁度ちやうど五度ごたび鼻洟はなみづすすつたぜと、云つてやりたかつた位である。
 もなく躁狂さうきやうの芸者が帰つたので、座敷は急に静になつた。窓硝子ガラスの外をのぞいて見ると、広告の電燈の光が、川の水にうつつてゐる。空は曇つてゐるので、東山ひがしやまもどこにあるのだか、判然しない。自分は反動的に気がふさぎ出したから、小林君に又大津絵おほつゑでも唄ひませんかと、云つた。小林君は脇息けふそくによりかかりながら、子供のやうに笑つて、いやいやをした。やはり大分だいぶゑひがまはつてゐたのだらう。舞妓は椿餅にも飽きたと見えて、独りで折鶴をりづるこしらへてゐる。おまつさんとほかの芸者とは、小さな声で、誰かの噂か何かしてゐる。――自分は東京を出て以来、この派手はでなお茶屋の中で、始めて旅愁りよしうらしい、寂しい感情をあぢはつた。
(大正七年六月)

底本:「筑摩全集類聚 芥川龍之介全集第四巻」筑摩書房
   1971(昭和46)年6月5日初版第1刷発行
   1979(昭和54)年4月10日初版第11刷発行
※底本は、物を数える際や地名などに用いる「ヶ」(区点番号5-86)を、大振りにつくっています。
入力:土屋隆
校正:松永正敏
2007年6月26日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。
ふりがなを非表示縦書きで表示