かちかち山

 童話時代のうす明りの中に、一人の老人と一頭のうさぎとは、舌切雀したきりすずめのかすかな羽音を聞きながら、しづかに老人の妻の死をなげいてゐる。とほくにものうい響を立ててゐるのは、鬼ヶ島へかよふ夢の海の、永久にくづれる事のない波であらう。
 老人の妻の屍骸しがいを埋めた土の上には、花のない桜の木が、ほそい青銅の枝を、こまかく空にのばしてゐる。その木の上の空には、あけ方の半透明な光がただよつて、吐息といきほどの風さへない。
 やがて、兎は老人をいたわりながら、前足をあげて、海辺につないである二艘にさうの舟を指さした。舟の一つは白く、一つは墨をなすつたやうに黒い。
 老人は、涙にぬれた顔をあげて、うなづいた。
 童話時代のうす明りの中に、一人の老人と一頭の兎とは、花のない桜の木の下に、互に互をなぐさめながら、力なく別れをつげた。老人は、うづくまつたまま泣いてゐる。兎は何度も後をふりむきながら、舟の方へ歩いてゆく。その空には、舌切雀のかすかな羽音がして、あけ方の半透明な光も、何時か少しづつひろがつて来た。
 黒い舟の上には、さつきから、一頭のたぬきが、ぢつと波の音を聞いてゐる。これは龍宮の燈火ともしびの油をぬすむつもりであらうか。或は又、水の中に住む赤魚あかめの恋をねたんででもゐるのであらうか。
 兎は、狸の傍に近づいた。さうして、彼等はおもむろに遠い昔の話をし始めた。彼等が、火の燃える山と砂の流れる河との間にゐて、おごそかにけものいのちをまもつてゐた「むかしむかし」の話である。
 童話時代のうす明りの中に、一頭の兎と一頭の狸とは、それぞれ白い舟と黒い舟とに乗つて、静に夢の海へいで出た。永久にくづれる事のない波は、善悪の舟をめぐつて、ものうい子守唄をうたつてゐる。
 花のない桜の木の下にゐた老人は、この時やうやく頭をあげて、海の上へ眼をやつた。
 くもりながら、白く光つてゐる海の上には、二頭の獣が、最後の争ひをつづけてゐる。おもむろに沈んで行く黒い舟には、狸が乗つてゐるのではなからうか。さうして、その近くに浮いてゐる、白い舟には、兎が乗つてゐるのではなからうか。
 老人は、涙にぬれた眼をかがやかせて、海の上の兎をたすけるやうに、高く両の手をさしあげた。
 見よ。それと共に、花のない桜の木には、貝殻かひがらのやうな花がさいた。あけ方の半透明な光にあふれた空にも、青ざめたきんいろの日輪が、さし昇つた。
 童話時代の明け方に、――獣性の獣性を亡ぼす争ひに、歓喜する人間を象徴しようとするのであらう、日輪は、さうして、その下にさく象嵌ざうがんのやうな桜の花は。
底本:「筑摩全集類聚 芥川龍之介全集第四巻」筑摩書房
   1971(昭和46)年6月5日初版第1刷発行
   1979(昭和54)年4月10日初版第11刷発行
※底本は、物を数える際や地名などに用いる「ヶ」(区点番号5-86)を、大振りにつくっています。
入力:土屋隆
校正:松永正敏
2007年6月26日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。
ふりがなを非表示縦書きで表示