臘梅

 わが裏庭の垣のほとりに一株の臘梅らふばいあり。ことしもまた筑波つくばおろしの寒きに琥珀こはくに似たる数朶すうだの花をつづりぬ。こは本所ほんじよなるわがにありしを田端たばたに移し植ゑつるなり。嘉永かえいそれの年にられたる本所絵図ほんじよゑずをひらきたまはば、土屋佐渡守つちやさどのかみの屋敷の前に小さく「芥川あくたがは」と記せるのを見たまふらむ。この「芥川」ぞわがなりける。わが徳川家とくがはけ瓦解ぐわかいのちは多からぬ扶持ふちさへ失ひければ、朝あさのけむりの立つべくもあらず、父ぎみ、叔父をぢぎみ道に立ちて家財のたぐひすら売りたまひけるとぞ。おほぢの脇差わきざしもあとをとどめず。今はただひと株の臘梅のみぞ十六の孫には伝はりたりける。
臘梅らふばいや雪うちかす枝のたけ
(大正十四年五月)

底本:「筑摩全集類聚 芥川龍之介全集第四巻」筑摩書房
   1971(昭和46)年6月5日初版第1刷発行
   1979(昭和54)年4月10日初版第11刷発行
入力:土屋隆
校正:松永正敏
2007年6月26日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。
ふりがなを非表示縦書きで表示