烏の北斗七星

 つめたいいじの悪い雲が、地べたにすれすれに垂れましたので、野はらは雪のあかりだか、日のあかりだかわからないようになりました。
 烏の義勇艦隊かんたいは、その雲にしつけられて、しかたなくちょっとの間、亜鉛とたんの板をひろげたような雪の田圃たんぼのうえに横にならんで仮泊かはくということをやりました。
 どのふねもすこしも動きません。
 まっ黒くなめらかな烏の大尉たいい、若い艦隊長もしゃんと立ったままうごきません。
 からすの大監督だいかんとくはなおさらうごきもゆらぎもいたしません。からすの大監督は、もうずいぶんの年老としよりです。が灰いろになってしまっていますし、くとまるで悪い人形のようにギイギイいます。
 それですから、烏の年齢としを見分ける法を知らない一人の子供が、いつかう云ったのでした。
「おい、この町には咽喉のどのこわれた烏が二ひきいるんだよ。おい。」
 これはたしかに間違まちがいで、一疋しかりませんでしたし、それも決してのどがこわれたのではなく、あんまり永い間、空で号令したために、すっかり声がびたのです。それですから烏の義勇艦隊は、その声をあらゆる音の中で一等だと思っていました。
 雪のうえに、仮泊ということをやっている烏の艦隊は、石ころのようです。胡麻ごまつぶのようです。また望遠鏡でよくみると、大きなのや小さなのがあって馬鈴薯ばれいしょのようです。
 しかしだんだん夕方になりました。
 雲がやっと少し上の方にのぼりましたので、とにかく烏の飛ぶくらいのすき間ができました。
 そこで大監督が息を切らして号令をけます。
「演習はじめいおいっ、出発」
 艦隊長烏の大尉が、まっさきにぱっと雪をたたきつけて飛びあがりました。烏の大尉の部下が十八せき、順々に飛びあがって大尉に続いてきちんと間隔かんかくをとって進みました。
 それから戦闘艦隊が三十二隻、次々に出発し、その次に大監督の大艦長がおごそかにいあがりました。
 そのときはもうまっ先の烏の大尉は、四へんほど空で螺旋うずを巻いてしまって雲の鼻っぱしまで行って、そこからこんどはまっぐに向うのもりに進むところでした。
 二十九隻の巡洋艦じゅんようかん、二十五隻の砲艦ほうかんが、だんだんだんだん飛びあがりました。おしまいの二隻は、いっしょに出発しました。ここらがどうも烏の軍隊の不規律なところです。
 烏の大尉は、杜のすぐ近くまで行って、左に曲がりました。
 そのとき烏の大監督が、「大砲たいほう撃てっ。」と号令しました。
 艦隊は一斉いっせいに、があがあがあがあ、大砲をうちました。
 大砲をうつとき、片脚かたあしをぷんとうしろへ挙げるふねは、この前のニダナトラの戦役せんえきでの負傷兵で、音がまだ脚の神経にひびくのです。
 さて、空を大きく四へんまわったとき、大監督が、
「分れっ、解散」と云いながら、列をはなれて杉の木の大監督官舎におりました。みんな列をほごしてじぶんの営舎に帰りました。
 烏の大尉は、けれども、すぐに自分の営舎に帰らないで、ひとり、西のほうのさいかちの木に行きました。
 雲はうす黒く、ただ西の山のうえだけにごった水色の天のふちがのぞいて底光りしています。そこで烏仲間でマシリイと呼ぶ銀の一つ星がひらめきはじめました。
 烏の大尉は、矢のようにさいかちのえだりました。その枝に、さっきからじっととまって、ものを案じている烏があります。それはいちばん声のいい砲艦で、烏の大尉の許嫁いいなずけでした。
「があがあ、おそくなって失敬。今日の演習でつかれないかい。」
「かあお、ずいぶんお待ちしたわ。いっこうつかれなくてよ。」
「そうか。それは結構だ。しかしおれはこんどしばらくおまえと別れなければなるまいよ。」
「あら、どうして、まあ大へんだわ。」
「戦闘艦隊長のはなしでは、おれはあした山烏を追いに行くのだそうだ。」
「まあ、山烏は強いのでしょう。」
「うん、眼玉めだまが出しゃばって、くちばしが細くて、ちょっと見掛けはえらそうだよ。しかし訳ないよ。」
「ほんとう。」
大丈夫だいじょうぶさ。しかしもちろん戦争のことだから、どういう張合でどんなことがあるかもわからない。そのときはおまえはね、おれとの約束やくそくはすっかり消えたんだから、ほかってくれ。」
「あら、どうしましょう。まあ、大へんだわ。あんまりひどいわ、あんまりひどいわ。それではあたし、あんまりひどいわ、かあお、かあお、かあお、かあお」
「泣くな、みっともない。そら、たれか来た。」
 烏の大尉の部下、烏の兵曹長へいそうちょうが急いでやってきて、首をちょっと横にかしげて礼をして云いました。
「があ、艦長殿、点呼の時間でございます。一同整列してります。」
「よろしい。本艦は即刻そっこく帰隊する。おまえは先に帰ってよろしい。」
「承知いたしました。」兵曹長は飛んで行きます。
「さあ、泣くな。あした、も一度列の中で会えるだろう。
 丈夫でいるんだぞ、おい、お前ももう点呼だろう、すぐ帰らなくてはいかん。手を出せ。」
 二疋はしっかり手をにぎりました。大尉はそれから枝をけって、急いでじぶんの隊に帰りました。娘の烏は、もう枝にこおり着いたように、じっとして動きません。
 夜になりました。
 それから夜中になりました。
 雲がすっかり消えて、新らしくかれたはがねの空に、つめたいつめたい光がみなぎり、小さな星がいくつか連合れんごうして爆発ばくはつをやり、水車の心棒がキイキイ云います。
 とうとううすい鋼の空に、ピチリと裂罅ひびがはいって、まっ二つに開き、そのけ目から、あやしい長いうでがたくさんぶら下って、烏をつかんで空の天井てんじょうの向う側へ持って行こうとします。烏の義勇艦隊はもう総掛りです。みんな急いで黒い股引ももひきをはいて一生けん命宙をかけめぐります。兄貴の烏も弟をかばうひまがなく、恋人こいびと同志もたびたびひどくぶっつかり合います。
 いや、ちがいました。
 そうじゃありません。
 月が出たのです。青いひしげた二十日の月が、東の山から泣いて登ってきたのです。そこで烏の軍隊はもうすっかり安心してしまいました。
 たちまち杜はしずかになって、ただおびえて脚をふみはずした若い水兵が、びっくりして眼をさまして、があと一発、ねぼけ声の大砲を撃つだけでした。
 ところが烏の大尉は、眼がえてねむれませんでした。
「おれはあした戦死するのだ。」大尉はつぶやきながら、許嫁いいなずけのいる杜の方にあたまを曲げました。
 その昆布こんぶのような黒いなめらかなこずえの中では、あの若い声のいい砲艦が、次から次といろいろなゆめを見ているのでした。
 烏の大尉とただ二人、ばたばた羽をならし、たびたび顔を見合せながら、青黒い夜の空を、どこまでもどこまでものぼって行きました。もうマジエル様と呼ぶ烏の北斗七星ほくとしちせいが、大きく近くなって、その一つの星のなかに生えている青じろい苹果りんごの木さえ、ありありと見えるころ、どうしたわけか二人とも、急にはねが石のようにこわばって、まっさかさまに落ちかかりました。マジエル様とさけびながらおどろいて眼をさましますと、ほんとうにからだが枝から落ちかかっています。急いではねをひろげ姿勢を直し、大尉の居る方を見ましたが、またいつかうとうとしますと、こんどは山烏が鼻眼鏡はなめがねなどをかけてふたりの前にやって来て、大尉に握手あくしゅしようとします。大尉が、いかんいかん、と云って手をふりますと、山烏はピカピカする拳銃ピストルを出していきなりずどんと大尉を射殺いころし、大尉はなめらかな黒い胸を張ってたおれかかります。マジエル様と叫びながらまた愕いて眼をさますというあんばいでした。
 烏の大尉はこちらで、その姿勢を直すはねの音から、そのマジエルをいのる声まですっかりいて居りました。
 じぶんもまたためいきをついて、そのうつくしい七つのマジエルの星をあおぎながら、ああ、あしたのたたかいでわたくしが勝つことがいいのか、山烏がかつのがいいのか、それはわたくしにわかりません、ただあなたのおかんがえのとおりです、わたくしはわたくしにきまったように力いっぱいたたかいます、みんなみんなあなたのお考えのとおりですとしずかに祈って居りました。そして東のそらには早くも少しの銀の光がいたのです。
 ふと遠い冷たい北の方で、なにかかぎでもれあったようなかすかな声がしました。からすの大尉は夜間双眼鏡ナイトグラスを手早く取って、きっとそっちを見ました。星あかりのこちらのぼんやり白いとうげの上に、一本のくりの木が見えました。その梢にとまって空を見あげているものは、たしかに敵の山烏です。大尉の胸は勇ましくおどりました。
「があ、非常召集しょうしゅう、があ、非常召集」
 大尉の部下はたちまち枝をけたてて飛びあがり大尉のまわりをかけめぐります。
突貫とっかん。」烏の大尉は先登せんとうになってまっしぐらに北へ進みました。
 もう東の空はあたらしくいだはがねのような白光しろびかりです。
 山烏はあわてて枝をけ立てました。そして大きくはねをひろげて北の方へげ出そうとしましたが、もうそのときは駆逐艦くちくかんたちはまわりをすっかり囲んでいました。
「があ、があ、があ、があ、があ」大砲の音は耳もつんぼになりそうです。山烏は仕方なく足をぐらぐらしながら上の方へ飛びあがりました。大尉はたちまちそれに追い付いて、そのまっくろな頭にするど一突ひとつき食らわせました。山烏はよろよろっとなって地面に落ちかかりました。そこを兵曹長が横からもう一突きやりました。山烏は灰いろのまぶたをとじ、あけ方の峠の雪の上につめたくよこたわりました。
「があ、兵曹長。その死骸しがいを営舎までもって帰るように。があ。引き揚げっ。」
「かしこまりました。」強い兵曹長はその死骸をげ、烏の大尉はじぶんのもりの方に飛びはじめ十八隻はしたがいました。
 杜に帰って烏の駆逐艦は、みなほうほう白い息をはきました。
「けがは無いか。たれかけがしたものは無いか。」烏の大尉はみんなをいたわってあるきました。
 夜がすっかり明けました。
 もも果汁しるのようなの光は、まず山の雪にいっぱいに注ぎ、それからだんだん下に流れて、ついにはそこらいちめん、雪のなかに白百合しろゆりの花を咲かせました。
 ぎらぎらの太陽が、かなしいくらいひかって、東の雪のおかの上にかかりました。
「観兵式、用意っ、集れい。」大監督が叫びました。
「観兵式、用意っ、集れい。」各艦隊長が叫びました。
 みんなすっかり雪のたんぼにならびました。
 烏の大尉は列からはなれて、ぴかぴかする雪の上を、足をすくすく延ばしてまっすぐに走って大監督の前に行きました。
「報告、きょうあけがた、セピラの峠の上に敵艦の碇泊ていはくを認めましたので、本艦隊は直ちに出動、撃沈げきちんいたしました。わが軍死者なし。報告終りっ。」
 駆逐艦隊はもうあんまりうれしくて、熱いなみだをぼろぼろ雪の上にこぼしました。
 烏の大監督も、灰いろの眼からなみだをながして云いました。
「ギイギイ、ご苦労だった。ご苦労だった。よくやった。もうおまえは少佐になってもいいだろう。おまえの部下の叙勲じょくんはおまえにまかせる。」
 烏の新らしい少佐は、おなかいて山から出て来て、十九隻に囲まれて殺された、あの山烏を思い出して、あたらしい泪をこぼしました。
「ありがとうございます。ついては敵の死骸しがいほうむりたいとおもいますが、お許し下さいましょうか。」
「よろしい。厚く葬ってやれ。」
 烏の新らしい少佐は礼をして大監督の前をさがり、列にもどって、いまマジエルの星の居るあたりの青ぞらを仰ぎました。(ああ、マジエル様、どうかにくむことのできない敵を殺さないでいいように早くこの世界がなりますように、そのためならば、わたくしのからだなどは、何べん引き裂かれてもかまいません。)マジエルの星が、ちょうど来ているあたりの青ぞらから、青いひかりがうらうらと湧きました。
 美しくまっ黒な砲艦の烏は、そのあいだ中、みんなといっしょに、不動の姿勢をとってならびながら、始終きらきらきらきら涙をこぼしました。砲艦長はそれを見ないふりしていました。あしたから、また許嫁いいなずけといっしょに、演習ができるのです。あんまりうれしいので、たびたびくちばしを大きくあけて、まっ赤に日光にかせましたが、それも砲艦長は横を向いて見逃みのがしていました。

底本:「注文の多い料理店」新潮文庫、新潮社
   1990(平成2)年5月25日発行
   1997(平成9)年5月10日17刷
初出:「イーハトヴ童話 注文の多い料理店」盛岡市杜陵出版部・東京光原社
   1924(大正13)年12月1日
入力:土屋隆
校正:noriko saito
2005年1月26日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。
ふりがなを非表示縦書きで表示