十六日

 よく晴れて前の谷川もいつもとまるでちがって楽しくごろごろ鳴った。ぼんの十六日なので鉱山こうざんも休んで給料きゅうりょうはたけ仕事しごと一段落いちだんらくついて今日こそ一日そこらの木やとうもろこしをく風も家のなかのけむりす青い光のぼうもみんな二人のものだった。
 おみちは朝から畑にあるもので食べられるものをあつめていろいろにり合せてみた。嘉吉かきちは朝いつもの時刻じこくをさましてからそべったまま煙草たばこを二、三ぷくふかしてまたすうすうねむってしまった。
 この一年に二日しかないおそらくは太陽たいようからもゆるされそうな休みの日を外では鳥がはりのようにき日光がしんしんとった。嘉吉がもうひる近いからとおこされたのはもう十一時近くであった。
 おみちはもちの三いろ、あんのと枝豆えだまめをすってくるんだのとしるのとをこしらえてしまってぜん支度したくもしてっていた。嘉吉は楊子ようじをくわいてとうげへのみちをよこぎって川におりて行った。それは白とねずみいろのしまのある大理石だいりせき上流じょうりゅうに家のないそのきれいなながれがざあざあったりごぼごぼいたりした。嘉吉かきちはすぐ川下かわしもに見える鉱山こうざんの方を見た。鉱山も今日はひっそりして鉄索てつさくもうごいていず青ぞらにうすくけむっていた。嘉吉はせいせいしてそれでもまだどこかにけないあついかたまりがあるように思いながら小屋こやへ帰って来た。嘉吉は鉱山の坑木こうぼくかかりではもう頭株かしらかぶだった。それに前は小林区しょうりんく現場監督げんばかんとくもしていたので木のことではいちばん明るかった。そして冬撰鉱せんこうへ来ていたこの村のむすめのおみちと出来てからとうとうその一本調子ちょうしで親たちを納得なっとくさせておみちをもらってしまった。親たちは鉱山から少しはなれてはいたけれどもじぶんのくりはたけもわずかの山林もくっついているいまのところに小屋をたててやった。そしておみちはそのわずかの畑に玉蜀黍とうもろこし枝豆えだまめやささげもえたけれども大抵たいていは嘉吉を出してやってから実家じっか手伝てつだいに行った。そうしてまだ子供こどもがなく三年った。
 嘉吉は小屋へ入った。
(お前さま今夜ほうのきさほとけさんおがみさ行ぐべ。)おみちがぜんの上にまめもちさらきながらった。(うん、うな行っただがら今年ぁいいだなぃがべが。)嘉吉が云った。
(そだらおどりさでも出はるますか。)にわかにぱっと顔をほてらせながらおみちは云った。(ふん見さ行ぐべさ。)嘉吉はすこしわらって云った。膳ができた。いくつものとうげえて海藻かいそうの〔数文字空白〕をせた馬にはこばれて来たてんぐさも四角に切られておぼろにひかった。嘉吉かきち子供こどものようにはしをとりはじめた。
 ふとおもて河岸かわぎしでカーンカーンと岩をたたく音がした。二人はぎょっとして聞き耳をたてた。
 音はなくなった。(今頃いまごろ探鉱たんこうなど来るはずあなぃな。)嘉吉は豆のもちを口に入れた。音がこちこちまたおこった。
(この餅こさえるのは仙台領せんだいりょうばかりだもな。)嘉吉はもうそっちを考えるのをやめて話しかけた。(はあ。)おみちはけれども気のさそうに返事へんじしてまだおもての音を気にしていた。
今日こんにちはちょっとおたずねいたしますが。)門口でわかい水々しい声がった。(はあい。)嘉吉は用があったからこっちへまわれといった風で口をもぐもぐしながら云った。けれどもそのはじっとおみちを見ていた。
(あっ、こっちですか。今日は。ご飯中はんちゅうをどうも失敬しっけいしました。ちょっとおたずねしますが、この上流じょうりゅうに水車がありましょうか。)わかいかばんをって鉄槌かなづちをさげた学生だった。(さあ、お前さんどこから来なすった。)嘉吉は少しむかっぱらをたてたように云った。
仙台せんだいの大学のもんですがね。地図にはこの家がなく水車があるんです。)(ははあ。)嘉吉かきち馬鹿ばかにしたようにった。青年はすっかりれてしまった。
(まあ地図をお見せなさい。おけなさい。)嘉吉は自分も前小林区しょうりんくたので地図は明るかった。学生は地図をわたしながら云われた通りしきいに腰掛こしかけてしまった。おみちはすぐ台所だいどころの方へ立って行って手早くもち海藻かいそうとささげをぜんをこしらえて来て、
(おあが※[#小書き平仮名ん、134-7]な※[#小書き平仮名ん、134-7]え)と云った。
(こいつあ水車じゃありませんや。前じきそこにあったんですが掛手かけて金山の精錬所せいれんじょでさ。)(ああ、金鉱きんこうくあいつですね。)(ええ、そう、そう、水車って云えば水車でさあ。ただあわひえを搗くんでない金を搗くだけで。)(そしてお家はまだたなかったんですね、いやお食事しょくじのところをお邪魔じゃましました。ありがとうございました。)
 学生は立とうとした。嘉吉はおみちの前でもう少してきぱき話をつづけたかったし、学生がすこしもこっちをわるけないのが気に入ってあわてて云った。(まあ、ひとつおつき合いなさい。ここらは今日ぼんの十六日でこうしてあそんでいるんです。かかあもせっかくこさえたのおきゃくさんに食べていただかなぃとはじかきますから。)(おあがんな※[#小書き平仮名ん、134-16]え。)おみちもひくく云った。
 学生はしばらく立っていたが決心けっしんしたようにこしをおろした。(そいじゃいただきますよ。)(はっは、なあに、こごらのご馳走ちそうてばこったなもんでは。そうするどあなだは大学では何のほうで。)(地質ちしつです。もうからない仕事しごとで。)もちみ切ってみ下してまたった。(化石かせきをさがしに来たんです。)化石も嘉吉かきちは知っていた。(そこの岩にありしたか。)(ええ海百合うみゆりです。外でもとりました。この岩はまだ上流じょうりゅうにも二、三ヶしょ出ていましょうね。)(はあはあ、出てます出てます。)学生は何でももう早く餅をげろ呑みにして早く生きたいようにも見えまたやっぱりつかれてもいればこういう款待かんたいあたたかさをかんじてまだ止まっていたいようにも見えた。
(今日はそうせばとどこまで。)(ええ、とうげまで行って引っかえして来て県道けんどう大船渡おおふなとへ出ようと思います。)
今晩こんばんのおとまりは。)(姥石うばいしまで行けましょうか。)(はあ、ゆっくりでごあ※[#小書き平仮名ん、135-11]す。)(いや、どうも失礼しつれいしました。ほんとうにいろいろご馳走ちそうになって、これはほんの少しですが。)学生はかばんから敷島しきしまを一つとキャラメルの小さなはこを出していた。(なあにす、そたなごとお前さん。)おみちは顔を赤くしてそれをもどした。
(もうほんの。)学生はさっさと出て行った。(なあんだ。あと姥石まで煙草たばこ売るどこなぃも。ぼかげでいで。)おみちはいそいで草履ぞうりをつっかけて出たけれども間もなく戻って来た。(あし早くて。とっても。)(わかいがら律儀りちぎだもな。)嘉吉かきちはまたゆっくりくつろいでうすぐろいてんをくだいて醤油しょうゆにつけて食った。
 おみちはむすめのような顔いろでまだぼんやりしたようにすわっていた。それは嘉吉がおみちを知ってからわずかに二だけ見た表情ひょうじょうであった。
(おらにもああいう若ぃづぎあったんだがな、ああいう面白おもしろい目見るひまなぃがったもな。)嘉吉がった。
(あん。)おみちはまだぼんやりして何か考えていた。
 嘉吉はかっとなった。
(じゃぃ、はきはきど返事へんじせじゃ。何でぁ、あたな人形こさやつさぁすぐにほれやがて。)
(何云うべこの人ぁ。)おみちはさぁっと青じろくなってまた赤くなった。
(ええくそそのつらつき。見だぐなぃ。どこさでもけづがれ。びっき。)嘉吉はまるでちはじめたなだれのようにぜんむこうへけばした。おみちはとうとううつぶせになって声をあげてき出した。
(何だぃ。あったな雨ればぐなるような奴凧ひとつこぱだこさ、食えのもうげなぃの機嫌きげんりやがて。)嘉吉はまたそう云ったけれどもすこしもそれにさからうでもなくただつらそうにしくしく泣いているおみちのよごれた小倉こくらの黒いえりやふるうせなかを見ていると二人とも何年ぶりかのただの子供こどもになってこの一日をままごとのようにしてあそんでいたのをめちゃめちゃにこわしてしまったようでからだが風と青い寒天かんてんでごちゃごちゃにされたようななさけない気がした。
(おみち何でぁその年してでわらすみだぃに。ぎろったら。起ぎで片付かたづげろったら。)
 おみちはきじゃくりながら起きあがった。そしてじぶんはまだろくに食べもしなかったぜんを片付けはじめた。
 嘉吉かきちはマッチをすってたばこを二つ三つのんだ。それからよこからじっとおみちを見るとまだ泣きたいのを無理むりにこらえて口をびくびくしながらぼんやりを赤くしているのがったたぬきのようにでも見えた。嘉吉は矢もたてもたまらずにわかにおみちが可哀かわいそうになってきた。
 嘉吉はじっと考えた。おみちがさっきのあの顔いろはこっちの邪推じゃすいかもしれない。
 およびもしないあんな男をいきなり一言ひとこと二言はなしてそんなことを考えるなんてあることでない。そうだとするとおれがあんな大学生とでも引け目なしにぱりぱりはなした。そのおれの力をかんじていたのかも知れない。それにおれには鉱夫こうふどもにさえ馬鹿ばかにはされないかたうでの力がある。あんなひょろひょろした若造わかぞうにくらべては何とってもおみちにはおれのほうががある。
(おみち、ちょっとこさ。)嘉吉かきちった。
 おみちはだまって来て首をれてすわった。
(うなまるで冗談じょうだんづごとわがらなぃで面白おもしろぐなぃもな。ぼんの十六日ぁあそばなぃばつまらなぃ。おれ云ったなみんなうそさ。な。それでもああいうきれいな男うなだてぎだべ。)(好かなぃ。)おみちがあまえるように云った。
(好ぎたって云ったらおれごしゃぐど思うが。そのこらぃなごと云ってごしゃぐような水臭みずくさぃおらだなぃな。だれだってきれいなものすぎさな。おれだって伊手いでででもいいあねこ見ればその話だてするさ。あのあんこだてぎだべ。好ぎだて云え。こう云うごとほんと云うごそじつぁあるづもんだ。な。好ぎだべ。)おみちは子供こどものようにうなずいた。嘉吉はまだくしゃくしゃいておどけたような顔をしたおみちをいてこっそり耳へささやいた。(そだがらさ、あのあんこさかなにして今日ぁ遊ぶべじゃい。いいが。おれあのあんこうなさづ。大丈夫だいじょうぶだでばよ。おれこれがら出掛でかげてとうげさ行ぐまでに行ぎあって今夜のおどり見るべしてすすめるがらよ、なあにどごまで行がなぃやなぃようだなぃがけな。そして踊りまってがら家されで来ておれ実家じっかさ行ってとまって来るがらうなこっちで泣いてたのんでみなよ。おれの妹だって云えばいいがらよ。そしてさ出来ればよ、うなも町さ出はてもうんといい女子だづごともわがら。)
 おみちのむねはこの悪魔あくまのささやきにどかどか鳴った。それからいきなり嘉吉かきちをとび退いて、
(何云うべ、この人あ、人ばがにして。)そしてさわやかにわらった。嘉吉もごろりとそべって天井てんじょうを見ながら何べんも笑った。そこでおみちははじめて晴れ晴れじぶんのこしらえた寒天かんてんもたべた。もちもたべた。キャラメルのはこ敷島しきしまは秋らしい日光のなかにしずかによこたわった。
底本:「ポラーノの広場」角川文庫、角川書店
   1996(平成8)年6月25日初版発行
底本の親本:「新校本 宮澤賢治全集」筑摩書房
   1995(平成7)年5月
入力:ゆうき
校正:noriko saito
2009年8月15日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。
ふりがなを非表示縦書きで表示