手紙 二

印度インドのガンジスがわはあるとき、水がしてはげしくながされていました。
それを見ている沢山たくさん群集ぐんしゅうの中にとうといアショウカ大王も立たれました。
大王はけらいにむかって「だれかこの大河たいがの水をさかさまにながれさせることのできるものがあるか」とわれました。
けらいはみな陛下へいかよ、それはとても出来ないことでございます」と答えました。
ところがこの河岸かわぎしむれの中にビンズマティーとう一人のいやしい職業しょくぎょうの女がおりました。大王のといをみんなが口々に相伝あいつたえてっているのをきいて「わたくしは自分の肉を売って生きているいやしい女である。けれども、今、私のようないやしいものでさえできる、まことのちからの、大きいことを王様おうさまにお目にかけよう」と云いながらまごころこめて河にいのりました。
すると、ああ、ガンジス河、はばにも近い大きな水の流れは、みんなの目の前で、たちまちたけりくるってさかさまにながれました。
大王はこのおそろしくうずをき、はげしく鳴る音を聞いて、びっくりしてけらいにもうされました「これ、これ、どうしたのじゃ。大ガンジスがさかさまにながれるではないか」
人々は次第しだいをくわしく申し上げました。
大王は非常ひじょう感動かんどうされ、すぐにその女のところに歩いて行って申されました。
「みんなはそちがこれをしたと申しているがそれはほんとうか」
女が答えました。
「はい、さようでございます。陛下へいかよ」
「どうしてそちのようないやしいものにこんな力があるのか、何の力によるのか」
「陛下よ、私のこの河をさかさまにながれさせたのは、まことの力によるのでございます」
「でもそちのように不義ふぎで、みだらで、つみふかく、ばかものを生けどってくらしているものに、どうしてまことの力があるのか」
「陛下よ、まったくおっしゃるとおりでございます。わたくしは畜生同然ちくしょうどうぜん身分みぶんでございますが、私のようなものにさえまことの力はこのようにおおきくはたらきます」
「ではそのまことの力とはどんなものかおれのまえで話してみよ」
「陛下よ。私は私を買って下さるお方には、おなじくつかえます。武士族ぶしぞくとうといお方をも、いやしい穢多えたをもひとしくうやまいます。ひとりをたっとびひとりをいやしみません。陛下よ、このまことのこころが今日こんにちガンジスがわをさかさまにながれさせたわけでございます」
底本:「ポラーノの広場」角川文庫、角川書店
   1996(平成8)年6月25日初版発行
底本の親本:「新校本 宮澤賢治全集」筑摩書房
   1995(平成7)年5月
入力:ゆうき
校正:noriko saito
2009年7月16日作成
2009年8月15日修正
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。
ふりがなを非表示縦書きで表示