バキチの仕事

「ああそうですか、バキチをごぞんじなんですか。」
「知ってますとも、知ってますよ。」
「バキチをご存じなんですか。
 小学校でご一緒いっしょですか、中学校でご一緒ですか。いいやあいつは中学校なんど入りやしない。やっぱり小学校ですか。」「兵隊へいたいで一緒です。」
「ああ兵隊で、そうですか、あいつも一等卒いっとうそつでさね、どうやってるかご存じですか。」「さあ知りません。隊で分れたきりですから。」
「ああ、そうですか、そいじゃ私のほうがやっぱりくわしく知ってます。この間まで馬喰ばくろうをやってましたがね。今ごろは何をしているかまったこまったもんですよ。」
「どうして馬喰をやめたでしょう。」
「だめでさあ、わっしもずいぶん目をかけました。でもどうしてもだめなんです。あいつは隊をさがってからもとの大工だいくにならないで巡査じゅんさ志願しがんしたのです。」「そして巡査じゅんさをやったんですか。」
「それぁやりました。けれども間もなくやめたんです。」
「どうしてやめたんだろうなあ、何でもたいに来る前は、大工でとにかくくらしていたとうんですが。」
「それゃうそでさあ大工もほんのちょっとです。土方どかたをやめてなったんです。その土方もまたちょっとです。それから前は知りません。土方ばかりじゃありません、飴屋あめやもやったていますよ。」
「巡査をどうしてやめたんです。」「あんな巡査じゃだめでさあ、あのお神明しんめいさんの池ね、あすこにこいるでしょう、県の規則きそくだれにもとらせないんです。ところが、やっぱり夜のうちに、こっそり行くものがあるんです。それぁきっとよくれるんでしょう。バキチはそれをきいたのです。毎晩まいばんお神明さんの、すぎのうしろにかくれていて、来るやつを見ていたそうです、そしていよいよあみを入れて鯉が十ぴきもとれたとき、誰だっこらって出るんでしょう、魚も網もいたまま一目散いちもくさんげるでしょうバキチはわらってそいつをって警察けいさつ小使室こづかいしつへ帰るんです。」「へんだねえ、なるほどねえ。」「何でも五回か六回かそんなことがあったそうです。そしたらある日署長しょちょうのとこへ差出人さしだしにんの名の書いてない変な手紙が行ったんです。署長が見たら今のことでしょう、けれども署長しょちょうわらってました。なぜって巡査じゅんさなんてものは実際じっさい月給げっきゅうわずかですしね、くらしにこまるものなんです。」「なるほどねえ、そりゃそうだねえ。」
「ところがねえ、つぎが大へんなんですよ、耕牧舎こうぼくしゃ飼牛かいうしがね、結核けっかくにかかっていたんですがある日とうとうんだんです。ところが病気びょうきのけだものは死んだらてなくちゃいけないでしょう。けれども何せ売れば二、三百にはなるんです。だれだってしいとは思います。耕牧舎でもこっそりそれを売っているらしいというんです。行って見て来いってうわけでバキチがけんをがちゃつかせ、耕牧舎へやって来たでしょう。耕牧舎でもじっさいこまってしまったのです。バキチが入って行きましたらいきなり一ぴきの牛をたたいてあばれさせました。牛もびっくりしましたね、いきなり外にび出してバキチにいてかかったんです。
 バキチはすっかりまごついて一目散いちもくさん警察けいさつげて帰ったんです。そして署長のところへ行って耕牧舎では牛のかわだけはいで肉とほねはたしかに土にめていましたって報告ほうこくしたんです。ところがそれが知れたでしょう。
 町のものもみんなわらいました。署長もすっかりおこってしまいある朝役所やくしょへ出るとすぐいきなりバキチをび出してもうわたしたといます。バキチ、きさまもだめなやつだ、よくよくだめなやつなんだ。もう少し見所みどころがあると思ったのに牛につっかかれたくらいで職務しょくむわすれてげるなんてもう今日限きょうかぎ免官めんかんだ。すぐふくをぬげ。と来たでしょう。バキチのほうでももう大抵たいてい巡査じゅんさがあきていたんです。へえ、そうですか、やめましょう。永々ながなが世話せわになりましたってうんです。そしてすぐ服をぬいだはいいんですがじつはみじめなもんでした。着物きものもシャツとずぼんだけ、もちろん財布さいふもありません。小使室こづかいしつから出されてはやすむ家さえないんです。その昼間のうちはシャツとズボン下だけで頭をかかえて一日小使室にましたが夜になってからとうとう警部補けいぶほにたたき出されてしまいました。バキチはすっかり悄気切しょげきってぶらぶら町を歩きまわってとうとう夜中の十二時にタスケのうまやにもぐりんだって云うんです。
 馬もびっくりしましたぁね、(おいどいつだい、何の用だい。)おどおどしながらはねきて身構みがまえをしてうバキチにいたってんです。
だれでもないよ、バキチだよ、もと巡査だよ、知らんかい。)バキチが横木よこぎの下のところ腹這はらばいのまま云いました。(さあ、知らないよ、バキチだなんて。おれは一向いっこう知らないよ。)と馬が云いました。」「馬がそう云ったんですか。」「馬がそう云ったそうですよ。わっしゃ馬から聞きやした。(おい、なさけないこと云うじゃないか、おいらはひどくえてんだ。ちっとオートでもえよ。)ところがタスケの馬も馬でさあ、面白おもしろがってオペラのようにふしをつけて(なかなかやれないわたしのオート。)だなんてやったもんです。バキチもそこはのんきです。やっぱりふしをつけながら、(おれよ、お呉れよ、お前のオートわたしにお呉れよ。)とうなっていました。そこへ丁度ちょうどわたしが通りかかりました。おい、おい、バキチ、あんまりみっともないざまはよせよ。一体馬をぬすもうってのか。
 それとも宿やどがなくなって今夜一晩ひとばんとめてもらいたいとうのか。バキチが頭をきやした。いやどっちもだ、けれども馬を盗むよりとまるよりまず第一だいいちに、おれは何かが食いたいんだ。(以下原稿空白)

底本:「ポラーノの広場」角川文庫、角川書店
   1996(平成8)年6月25日初版発行
底本の親本:「新校本 宮澤賢治全集」筑摩書房
   1995(平成7)年5月
入力:ゆうき
校正:noriko saito
2009年8月23日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。
ふりがなを非表示縦書きで表示