不思議な島

 僕はとう長椅子ながいすにぼんやり横になっている。目の前に欄干らんかんのあるところをみると、どうも船の甲板かんぱんらしい。欄干の向うには灰色のなみに飛び魚か何かひらめいている。が、何のために船へ乗ったか、不思議にもそれは覚えていない。つれがあるのか、一人なのか、そのへんも同じように曖昧あいまいである。
 曖昧と云えば浪の向うももやのおりているせいか、甚だ曖昧を極めている。僕は長椅子に寝ころんだまま、その朦朧もうろうけぶった奥に何があるのか見たいと思った。すると念力ねんりきの通じたように、見る見る島の影が浮び出した。中央に一座の山の聳えた、円錐えんすいに近い島の影である。しかし大体の輪郭りんかくのほかは生憎あいにく何もはっきりとは見えない。僕は前に味をしめていたから、もう一度見たいと念じて見た。けれども薄い島の影は依然として薄いばかりである。念力も今度は無効だったらしい。
 この時僕は右隣みぎどなりにたちまち誰かの笑うのを聞いた。
「はははははは、駄目だめですね。今度は念力もきかないようですね。はははははは。」
 右隣の籐椅子とういすに坐っているのは英吉利イギリス人らしい老人である。顔はしわこそ多いものの、まず好男子と評してもい。しかし服装はホオガスのにみた十八世紀の流行である。Cocked hat と云うのであろう。銀のふちのある帽子ぼうしをかぶり、刺繍ぬいとりのある胴衣チョッキを着、膝ぎりしかないズボンをはいている。おまけに肩へ垂れているのは天然てんねん自然の髪の毛ではない。何か妙なこなをふりかけた麻色あさいろちぢれ毛のかずらである。僕は呆気あっけにとられながら、返事をすることも忘れていた。
「わたしの望遠鏡ぼうえんきょうをお使いなさい。これをのぞけばはっきり見えます。」
 老人は人の悪い笑い顔をしたまま、僕の手に古い望遠鏡を渡した。いつかどこかの博物館に並んでいたような望遠鏡である。
「オオ、サンクス。」
 僕は思わず英吉利イギリス語を使った。しかし老人は無頓着むとんじゃくに島の影を指さしながら、巧みに日本語をしゃべりつづけた。その指さしたそでの先にも泡のようにレエスがはみ出している。
「あの島はサッサンラップと云うのですがね。綴りですか? 綴りはSUSSANRAPです。一見いっけんの価値のある島ですよ。この船も五六日は碇泊ていはくしますから、ぜひ見物にお出かけなさい。大学もあれば伽藍がらんもあります。殊にいちの立つ日は壮観ですよ。何しろ近海の島々から無数の人々が集まりますからね。……」
 僕は老人のしゃべっているあいだに望遠鏡を覗いて見た。ちょうど鏡面きょうめんうつっているのはこの島の海岸の市街まちであろう。小綺麗こぎれいな家々の並んだのが見える。並木のこずえに風のあるのが見える。伽藍がらんの塔の聳えたのが見える。もやなどは少しもかかっていない。何もかもことごとくはっきりと見える。僕は大いに感心しながら、市街まちの上へ望遠鏡を移した。と同時に僕の口はあっと云う声を洩らしそうになった。
 鏡面には雲一つ見えない空に不二ふじに似た山が聳えている。それは不思議でも何でもない。けれどもその山は見上げる限り、一面に野菜におおわれている。玉菜たまな赤茄子あかなすねぎ玉葱たまねぎ大根だいこんかぶ人参にんじん牛蒡ごぼう南瓜かぼちゃ冬瓜とうがん胡瓜きゅうり馬鈴薯ばれいしょ蓮根れんこん慈姑くわい生姜しょうが、三つ葉――あらゆる野菜に蔽われている。蔽われている? 蔽わ――そうではない。これは野菜を積み上げたのである。驚くべき野菜のピラミッドである。
「あれは――あれはどうしたのです?」
 僕は望遠鏡を手にしたまま、右隣の老人をふり返った。が、老人はもうそこにいない。ただ籐の長椅子の上に新聞が一枚ほうり出してある。僕はあっと思った拍子ひょうしに脳貧血か何か起したのであろう。いつかまた妙に息苦しい無意識の中に沈んでしまった。

       ×          ×          ×

「どうです、見物はすみましたか?」
 老人は気味の悪い微笑をしながら、僕の側へ腰をおろした。
 ここはホテルのサロンであろう。セセッション式の家具を並べた、妙にだだっ広い西洋室である。が、人影ひとかげはどこにも見えない。ずっと奥に見えるリフトものぼったりくだったりしている癖に、一人も客は出て来ないようである。よくよくはやらないホテルらしい。
 僕はこのサロンの隅の長椅子に上等のハヴァナをくわえている。頭の上につるを垂らしているのは鉢植えの南瓜かぼちゃに違いない。広い葉の鉢を隠したかげに黄いろい花の開いたのも見える。
「ええ、ざっと見物しました。――どうです、葉巻は?」
 しかし老人は子供のようにちょいと首を振ったなり、古風な象牙ぞうげ嗅煙草かぎたばこ入れを出した。これもどこかの博物館に並んでいたのを見た通りである。こう云う老人は日本は勿論もちろん、西洋にも今は一人もあるまい。佐藤春夫さとうはるおにでも紹介してやったら、さぞ珍重ちんちょうすることであろう。僕は老人に話しかけた。
「町のそとへ一足ひとあし出ると、見渡す限りの野菜畑ですね。」
「サッサンラップ島の住民は大部分野菜を作るのです。男でも女でも野菜を作るのです。」
「そんなに需要があるものでしょうか?」
「近海の島々へ売れるのです。が、勿論売れ残らずにはいません。売れ残ったのはやむを得ず積み上げて置くのです。船の上から見えたでしょう、ざっと二万フィイトも積み上っているのが?」
「あれがみんな売れ残ったのですか? あの野菜のピラミッドが?」
 僕は老人の顔を見たり、目ばかりぱちぱちやるほかはなかった。が、老人は不相変あいかわらず面白そうにひとり微笑している。
「ええ、みんな売れ残ったのです。しかもたった三年の間にあれだけのかさになるのですからね。古来の売れ残りを集めたとしたら、太平洋も野菜にうずまるくらいですよ。しかしサッサンラップ島の住民は未だに野菜を作っているのです。昼も夜も作っているのです。はははははは、我々のこうして話しているあいだも一生懸命に作っているのです。はははははは、はははははは。」
 老人は苦しそうに笑い笑い、茉莉花まつりかにおいのするハンカチイフを出した。これはただの笑いではない。人間の嘲弄ちょうろうする悪魔の笑いに似たものである。僕は顔をしかめながら、新しい話題を持ち出すことにした。
 僕「いちはいつ立つのですか?」
 老人「毎月必ず月はじめに立ちます。しかしそれは普通の市ですね。臨時の大市おおいちは一年に三度、――一月と四月と九月とに立ちます。殊に一月は書入れの市ですよ。」
 僕「じゃ大市の前は大騒ぎですね?」
 老人「大騒ぎですとも。誰でも大市にに合うように思い思いの野菜を育てるのですからね。燐酸肥料りんさんひりょうをやる、油滓あぶらかすをやる、温室へ入れる、電流を通じる、――とてもお話にはなりません。中にはまた一刻も早く育てようとあせった挙句あげく、せっかく大事にしている野菜を枯らしてしまうものもあるくらいです。」
 僕「ああ、そう云えば野菜畑にきょうもせた男が一人、気違いのような顔をしたまま、『に合わない、間に合わない』と駈けまわっていました。」
 老人「それはさもありそうですね。新年の大市もじきですから。――町にいる商人も一人ひとり残らず血眼ちまなこになっているでしょう。」
 僕「町にいる商人と云うと?」
 老人「野菜の売買をする商人です。商人は田舎いなかの男女の育てた野菜畑の野菜を買う、近海の島々から来た男女はそのまた商人の野菜を買う、――と云う順序になっているのです。」
 僕「なるほど、その商人でしょう、これはふとった男が一人、黒いかばんをかかえながら、『困る、困る』と云っているのを見ました。――じゃ一番売れるのはどう云う種類の野菜ですか?」
 老人「それは神の意志ですね。どう云うものとも云われません。年々ねんねん少しずつ違うようですし、またその違うわけもわからないようです。」
 僕「しかし善いものならば売れるでしょう?」
 老人「さあ、それもどうですかね。一体野菜の善悪は片輪かたわのきめることになっているのですが、……」
 僕「どうしてまた片輪などがきめるのです?」
 老人「片輪は野菜畑へ出られないでしょう。従ってまた野菜も作れない、それだけに野菜の善悪を見る目は自他の別を超越ちょうえつする、公平の態度をとることが出来る、――つまり日本のことわざを使えば岡目八目おかめはちもくになるわけですね。」
 僕「ああ、その片輪の一人ですね。さっきひげの生えためくらが一人、泥だらけのがしらでまわしながら、『この野菜の色は何とも云われない。薔薇ばらの花の色と大空の色とを一つにしたようだ』と云っていましたよ。」
 老人「そうでしょう。めくらなどは勿論立派りっぱなものです。が、最も理想的なのはこの上もない片輪かたわですね。目の見えない、耳の聞えない、鼻のかない、手足のない、歯や舌のない片輪ですね。そう云う片輪さえ出現すれば、一代の Arbiter elegantiarum になります。現在人気物の片輪などはたいていの資格をそなえていますがね、ただ鼻だけきいているのです。何でもこの間はその鼻の穴へゴムを溶かしたのをつぎこんだそうですが、やはり少しはにおいがするそうですよ。」
 僕「ところでその片輪のきめた野菜の善悪はどうなるのです?」
 老人「それがどうにもならないのです。いくら片輪に悪いと云われても、売れる野菜はずんずん売れてしまうのです。」
 僕「じゃ商人の好みによるのでしょう?」
 老人「商人は売れる見こみのある野菜ばかり買うのでしょう。すると善い野菜が売れるかどうか……」
 僕「お待ちなさいよ。それならばまず片輪のきめた善悪を疑う必要がありますね。」
 老人「それは野菜を作る連中はたいてい疑っているのですがね。じゃそう云う連中に野菜の善悪を聞いて見ると、やはりはっきりしないのですよ。たとえばある連中によれば『善悪は滋養じよう有無うむなり』と云うのです。が、またほかの連中によれば『善悪はあじわいにほかならず』と云うのです。それだけならばまだしも簡単ですが……」
 僕「へええ、もっと複雑ふくざつなのですか?」
 老人「その味なり滋養なりにそれぞれまた説が分れるのです。たとえばヴィタミンのないのは滋養がないとか、脂肪のあるのは滋養があるとか、人参にんじんの味は駄目だめだとか、大根の味に限るとか……」
 僕「するとまず標準は滋養と味と二つある、その二つの標準に種々様々のヴァリエエションがある、――大体こう云うことになるのですか?」
 老人「中々なかなかそんなもんじゃありません。たとえばまだこう云うのもあります。ある連中に云わせると、色の上に標準もあるのです。あの美学の入門などに云う色の上の寒温ですね。この連中は赤とか黄とか温い色の野菜ならば、何でも及第させるのです。が、青とか緑とか寒い色の野菜は見むきもしません。何しろこの連中のモットオは『野菜をしてことごとく赤茄子あかなすたらしめよ。然らずんば我等に死を与えよ』と云うのですからね。」
 僕「なるほどシャツ一枚の豪傑ごうけつが一人、自作の野菜を積み上げた前にそんな演説をしていましたよ。」
 老人「ああ、それがそうですよ。その温い色をした野菜はプロレタリアの野菜と云うのです。」
 僕「しかし積み上げてあった野菜は胡瓜きゅうり真桑瓜まくわうりばかりでしたが、……」
 老人「それはきっと色盲ですよ。自分だけは赤いつもりなのですよ。」
 僕「寒い色の野菜はどうなのです?」
 老人「これも寒い色の野菜でなければ野菜ではないと云う連中がいます。もっともこの連中は冷笑はしても、演説などはしないようですがね、はらの中では負けず劣らず温い色の野菜を嫌っているようです。」
 僕「するとつまり卑怯ひきょうなのですか?」
 老人「何、演説をしたがらないよりも演説をすることが出来ないのです。たいてい酒毒しゅどく黴毒ばいどくかのために舌がくさっているようですからね。」
 僕「ああ、あれがそうなのでしょう。シャツ一枚の豪傑の向うに細いズボンをはいた才子が一人、せっせと南瓜かぼちゃをもぎりながら、『へん、演説か』と云っていましたっけ。」
 老人「まだ青い南瓜をでしょう。ああ云う色の寒いのをブルジョア野菜と云うのです。」
 僕「すると結局どうなるのです? 野菜を作る連中によれば、……」
 老人「野菜を作る連中によれば、自作の野菜に似たものはことごとく善い野菜ですが、自作の野菜に似ないものはことごとく悪い野菜なのです。これだけはとにかく確かですよ。」
 僕「しかし大学もあるのでしょう? 大学の教授は野菜学の講義をしているそうですから、野菜の善悪を見分けるくらいは何でもないと思いますが、……」
 老人「ところが大学の教授などはサッサンラップ島の野菜になると、豌豆えんどう蚕豆そらまめも見わけられないのです。もっとも一世紀より前の野菜だけは講義のうちにもはいりますがね。」
 僕「じゃどこの野菜のことを知っているのです?」
 老人「英吉利イギリスの野菜、仏蘭西フランスの野菜、独逸ドイツの野菜、伊太利イタリイの野菜、露西亜ロシアの野菜、一番学生に人気にんきのあるのは露西亜の野菜学の講義だそうです。ぜひ一度大学を見にお出でなさい。わたしのこの前参観した時には鼻眼鏡をかけた教授が一人、びんの中のアルコオルにけた露西亜の古胡瓜ふるきゅうりを見せながら、『サッサンラップ島の胡瓜を見給え。ことごとく青い色をしている。しかし偉大なる露西亜の胡瓜はそう云う浅薄な色ではない。この通り人生そのものに似た、捕捉ほそくすべからざる色をしている。ああ、偉大なる露西亜の胡瓜は……』と懸河けんがべんふるっていました。わたしは当時感動のあまり、二週間ばかりとこについたものです。」
 僕「すると――するとですね、やはりあなたの云うように野菜の売れるか売れないかは神の意志に従うとでも考えるよりほかはないのですか?」
 老人「まあ、そのほかはありますまい。また実際この島の住民はたいていバッブラッブベエダを信仰していますよ。」
 僕「何です、そのバッブラッブ何とか云うのは?」
 老人「バッブラッブベエダです。BABRABBADAと綴りますがね。まだあなたは見ないのですか? あの伽藍がらんの中にある……」
 僕「ああ、あの豚の頭をした、大きい蜥蜴の偶像ですか?」
 老人「あれは蜥蜴とかげではありません。天地を主宰しゅさいするカメレオンですよ。きょうもあの偶像の前に大勢おおぜい時儀じぎをしていたでしょう。ああ云う連中は野菜の売れる祈祷の言葉をとなえているのです。何しろ最近の新聞によると、紐育ニュウヨオクあたりのデパアトメント・ストアアはことごとくあのカメレオンの神託しんたくくだるのを待ったのち、シイズンの支度したくにかかるそうですからね。もう世界の信仰はエホバでもなければ、アラアでもない。カメレオンにしたとも云われるくらいです。」
 僕「あの伽藍がらんの祭壇の前にも野菜が沢山積んでありましたが、……」
 老人「あれはみんなにえですよ。サッサンラップ島のカメレオンには去年売れた野菜をにえにするのですよ。」
 僕「しかしまだ日本には……」
 老人「おや、誰か呼んでいますよ。」
 僕は耳を澄まして見た。なるほど僕を呼んでいるらしい。しかもこの頃蓄膿症ちくのうしょうのために鼻のつまったおいの声である。僕はしぶしぶ立ち上りながら、老人の前へ手を伸ばした。
「じゃきょうは失礼します。」
「そうですか。じゃまた話しに来て下さい。わたしはこう云うものですから。」
 老人は僕と握手したのち、悠然と一枚の名刺を出した。名刺のまん中にはあざやかに Lemuel Gulliver と印刷をしてある! 僕は思わず口をあいたまま、茫然と老人の顔を見つめた。麻色の髪の毛に囲まれた、目鼻だちの正しい老人の顔は永遠の冷笑を浮かべている、――と思ったのはほんの一瞬間に過ぎない。その顔はいつか悪戯いたずららしい十五歳の甥の顔に変っている。
「原稿ですってさ。お起きなさいよ。原稿をとりに来たのですってさ。」
 甥は僕をすぶった。僕は置火燵おきごたつに当ったまま、三十分ばかり昼寝をしたらしい。置火燵の上に載っているのは読みかけた Gulliver's Travels である。
「原稿をとりに来た? どこの原稿を?」
「随筆のをですってさ。」
「随筆の?」
 僕はわれらず独言ひとりごとを云った。
「サッサンラップ島の野菜市やさいいちには『はこべら』のたぐいも売れると見える。」
(大正十二年十二月)
底本:「芥川龍之介全集5」ちくま文庫、筑摩書房
   1987(昭和62)年2月24日第1刷発行
   1995(平成7)年4月10日第6刷発行
底本の親本:「筑摩全集類聚版芥川龍之介全集」筑摩書房
   1971(昭和46)年3月〜1971(昭和46)年11月
入力:j.utiyama
校正:かとうかおり
1999年1月10日公開
2004年3月7日修正
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。
ふりがなを非表示縦書きで表示