無趣味

 この、三鷹の奧に移り住んだのは、昨年の九月一日である。その前は、甲府の町はづれに家を借りて住んでゐたのである。その家のひとつきの家賃は、六圓五十錢であつた。又その前は、甲州御坂峠の頂上の、茶店の二階を借りて住んでゐたのである。更にその前は、荻窪の最下等の下宿屋の一室を借りて住んでゐたのである。更にその前は、千葉縣、船橋の町はづれに、二十四圓の家を借りて住んでゐたのである。どこに住んでも同じことである。格別の感慨も無い。いまの三鷹の家に就いても、訪客はさまざまの感想を述べてくれるのであるが、私は常に甚だいい加減の合槌を打つてゐるのである。どうでも、いい事ではないか。私は、衣食住に就いては、全く趣味が無い。大いに衣食住に凝つて得意顏の人は、私には、どうしてだか、ひどく滑稽に見えて仕樣が無いのである。

底本:「太宰治全集11」筑摩書房
   1999(平成11)年3月25日初版第1刷発行
初出:「新潮 第三十七年第三号」
   1940(昭和15)年3月1日発行
入力:小林繁雄
校正:阿部哲也
2011年10月12日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。
ふりがなを非表示縦書きで表示