訓導

早くもひとり雪をけり
はるかの吹雪をはせ行くは
木鼠捕りの悦治なり

三人ひとしくはせたちて
多吉ぞわらひ軋るとき
寅は溜りに倒れゐし

赤き毛布にくるまりて
風くるごとに足小刻むは
十にたらざる児らなれや

吹雪きたればあとなる児
急ぎて前にすがりつゝ
一列遠くうすれ行く

底本:「新修宮沢賢治全集 第六巻」筑摩書房
   1980(昭和55)年2月15日初版第1刷発行
入力:junk
校正:土屋隆
2011年5月14日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。
ふりがなを非表示縦書きで表示