古千屋

        一

 樫井かしいの戦いのあったのは元和げんな元年がんねん四月二十九日だった。大阪勢おおさかぜいの中でも名を知られた塙団右衛門直之ばんだんえもんなおゆき淡輪六郎兵衛重政たんなわろくろうびょうえしげまさ等はいずれもこの戦いのために打ち死した。殊に塙団右衛門直之はきん御幣ごへいもの十文字じゅうもんじやりをふりかざし、槍のつかの折れるまで戦ったのち、樫井の町の中に打ち死した。
 四月三十日のひつじこく、彼等の軍勢を打ち破った浅野但馬守長晟あさのたじまのかみながあきら大御所おおごしょ徳川家康とくがわいえやすに戦いの勝利を報じた上、直之の首を献上けんじょうした。(家康は四月十七日以来、二条にじょうの城にとどまっていた。それは将軍秀忠ひでただの江戸から上洛じょうらくするのを待ったのち、大阪の城をせめるためだった。)この使に立ったのは長晟の家来けらい関宗兵衛せきそうべえ寺川左馬助てらかわさまのすけの二人だった。
 家康は本多佐渡守正純ほんださどのかみまさずみに命じ、直之の首を実検しようとした。正純は次ぎのに退いて静に首桶くびおけふたをとり、直之の首を内見した。それから蓋の上にまんじを書き、さらにまた矢の根を伏せたのち、こう家康に返事をした。
直之なおゆきの首は暑中の折から、ほおたれくびになっております。従って臭気も甚だしゅうございますゆえ、御検分ごけんぶんはいかがでございましょうか?」
 しかし家康は承知しなかった。
「誰も死んだ上は変りはない。とにかくこれへ持って参るように。」
 正純まさずみはまた次ぎのへ退き、母布ほろをかけた首桶を前にいつまでもじっと坐っていた。
「早うせぬか。」
 家康は次ぎのへ声をかけた。遠州えんしゅう横須賀よこすか徒士かちのものだった塙団右衛門直之はいつか天下に名を知られた物師ものしの一人に数えられていた。のみならず家康のしょうまんかたも彼女の生んだ頼宣よりのぶのために一時は彼に年ごとに二百両の金を合力ごうりょくしていた。最後に直之は武芸のほかにも大竜和尚だいりゅうおしょう会下えかに参じて一字不立いちじふりゅうの道を修めていた。家康のこういう直之の首を実検したいと思ったのも必ずしも偶然ではないのだった。……
 しかし正純は返事をせずに、やはり次ぎの間にひかえていた成瀬隼人正正成なるせはいとのしょうまさなり土井大炊頭利勝どいおおいのかみとしかつへ問わず語りに話しかけた。
「とかく人と申すものは年をとるに従ってじょうばかりこわくなるものと聞いております。大御所おおごしょほどの弓取もやはりこれだけは下々しもじものものと少しもお変りなさりませぬ。正純も弓矢の故実だけはいささかわきまえたつもりでおります。直之の首は一つ首でもあり、目を見開いておればこそ、御実検をお断り申し上げました。それをいてお目通りへ持って参れと御意ぎょいなさるのはそのい証拠ではございませぬか?」
 家康は花鳥かちょう襖越ふすまごしに正純の言葉を聞いたのち、もちろん二度と直之の首を実検しようとは言わなかった。

        二

 すると同じ三十日の井伊掃部頭直孝いいかもんのかみなおたか陣屋じんやに召し使いになっていた女が一人にわかに気の狂ったように叫び出した。彼女はやっと三十を越した、古千屋こちやという名の女だった。
塙団右衛門ばんだんえもんほどのさむらいの首も大御所おおごしょの実検にはそなえおらぬか? それがし一手ひとての大将だったものを。こういうはずかしめを受けた上は必ずたたりをせずにはおかぬぞ。……」
 古千屋はつづけさまに叫びながら、その度に空中へおどり上ろうとした。それはまた左右の男女なんにょたちの力もほとんど抑えることの出来ないものだった。すさまじい古千屋の叫び声はもちろん、彼等の彼女を引据えようとする騒ぎも一かたならないのに違いなかった。
 井伊の陣屋のさわがしいことはおのずから徳川家康とくがわいえやすの耳にもはいらないわけにはかなかった。のみならず直孝は家康にえっし、古千屋に直之なおゆき悪霊あくりょうの乗り移ったために誰も皆恐れていることを話した。
「直之のうらむのも不思議はない。では早速実検しよう。」
 家康は大蝋燭おおろうそくの光の中にこうきっぱり言葉をくだした。
 ふけの二条にじょうの城の居間に直之の首を実検するのは昼間ひるまよりもかえってものものしかった。家康は茶色の羽織を着、下括したくくりのはかまをつけたまま、式通りに直之の首を実検した。そのまた首の左右には具足をつけた旗本はたもとが二人いずれも太刀たちつかに手をかけ、家康の実検するあいだはじっと首へ目をそそいでいた。直之の首は頬たれ首ではなかった。が、赤銅色しゃくどういろを帯びた上、本多正純ほんだまさずみのいったように大きい両眼を見開いていた。
「これで塙団右衛門も定めし本望ほんもうでございましょう。」
 旗本の一人、――横田甚右衛門よこたじんえもんはこう言って家康に一礼した。
 しかし家康はうなずいたぎり、なんともこの言葉に答えなかった。のみならず直孝を呼び寄せると、彼の耳へ口をつけるようにし、「その女の素姓すじょうだけはしらべておけよ」と小声に彼に命令した。

        三

 家康の実検をすました話はもちろん井伊の陣屋にも伝わって来ずにはいなかった。古千屋こちやはこの話を耳にすると、「本望ほんもう、本望」と声をあげ、しばらく微笑を浮かべていた。それからいかにも疲れはてたように深い眠りに沈んで行った。井伊の陣屋の男女なんにょたちはやっと安堵あんどの思いをした。実際古千屋の男のように太い声にののしり立てるのは気味の悪いものだったのに違いなかった。
 そのうちには明けて行った。直孝なおたか早速さっそく古千屋こちやを召し、彼女の素姓すじょうを尋ねて見ることにした。彼女はこういう陣屋にいるには余りにか細い女だった。殊に肩の落ちているのはもの哀れよりもむしろ痛々しかった。
「そちはどこでうまれたな?」
芸州げいしゅう広島ひろしま御城下ごじょうかでございます。」
 直孝はじっと古千屋を見つめ、こういう問答を重ねたのちおもむろに最後の問を下した。
「そちはばんのゆかりのものであろうな?」
 古千屋ははっとしたらしかった。が、ちょっとためらったのち存外ぞんがいはっきり返事をした。
「はい。おはずかしゅうございますが……」
 直之なおゆきは古千屋の話によれば、彼女に子を一人ひとり生ませていた。
「そのせいでございましょうか、昨夜さくやも御実検下さらぬと聞き、女ながらも無念に存じますと、いつか正気しょうきを失いましたと見え、何やら口走ったように承わっております。もとよりわたくしの一存いちぞんには覚えのないことばかりでございますが。……」
 古千屋は両手をついたまま、明かに興奮しているらしかった。それはまた彼女のやつれた姿にちょうど朝日に輝いているうすに近いものを与えていた。
い。善い。もうさがって休息せい。」
 直孝は古千屋を退けたのち、もう一度家康の目通めどおりへ出、一々彼女の身の上を話した。
「やはり塙団右衛門ばんだんえもんにゆかりのあるものでございました。」
 家康は初めて微笑びしょうした。人生は彼には東海道の地図のように明かだった。家康は古千屋の狂乱の中にもいつか人生の彼に教えた、何ごとにも表裏ひょうりのあるという事実を感じないわけにはかなかった。この推測は今度も七十歳を越した彼の経験にがっしていた。……
「さもあろう。」
「あの女はいかがいたしましょう?」
いわ、やはり召使っておけ。」
 直孝はやや苛立いらだたしげだった。
「けれどもかみあざむきました罪は……」
 家康はしばらくだまっていた。が、彼の心の目は人生の底にある闇黒あんこくに――そのまた闇黒の中にいるいろいろの怪物に向っていた。
「わたくしの一存いちぞんにとりはからいましても、よろしいものでございましょうか?」
「うむ、上を欺いた……」
 それは実際直孝には疑う余地などのないことだった。しかし家康はいつのにか人一倍大きい目をしたまま、何か敵勢にでも向い合ったようにこう堂々と返事をした。――
「いや、おれはあざむかれはせぬ。」
(昭和二年五月七日)

底本:「芥川龍之介全集6」ちくま文庫、筑摩書房
   1987(昭和62)年3月24日第1刷発行
   1993(平成5)年2月25日第6刷発行
底本の親本:「筑摩全集類聚版芥川龍之介全集」筑摩書房
   1971(昭和46)年3月〜1971(昭和46)年11月
入力:j.utiyama
校正:かとうかおり
1999年2月3日公開
2004年3月8日修正
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。
ふりがなを非表示縦書きで表示