『蒲原有明』の作品一覧

蒲原 有明(かんばら ありあけ、1875年(明治8年)3月15日 - 1952年(昭和27年)2月3日)は、日本の詩人。本名、隼雄(はやお)。東京生れ。 D・G・ロセッティに傾倒し、複雑な語彙やリズムを駆使した象徴派詩人として『独絃哀歌』『春鳥集』『有明集』などを発表。薄田泣菫と併称され、北原白秋、三木露風らに影響を与えた。 生涯 東京麹町隼町に、蒲原忠蔵、石川ツネ(1879年入籍、のち離婚)の子として生れた。地名にちなみ隼雄と名付けられた。生まれつき体が弱かった。平河小学校(現・千代田区立麹町小学校)、東京府尋常中学校(現・都立日比谷高校)を卒業し、第一高等中学校(のちの一高)を受験したが失敗。国民英学会で学び、卒業後小林存や山岸荷葉らと同人雑誌「落穂双紙」を発刊し、ここに初めて詩を載せた。 読売新聞の懸賞小説に応募し「大慈悲」が当選し、この時期小説を書いたが、すぐに詩作に専念する。巌谷小波の木曜会に顔を出すようになり、D.G.ロセッティの訳詩や、新体詩集『草わかば』を出版した。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
松浦あがたふるさと文学館 第48巻 【佐賀】1994(平成6)年7月15日
夢は呼び交す(――黙子覚書――)夢は呼び交す1984(昭和59)年4月16日
「有明集」前後日本現代文學全集 22 土井晩翠・薄田泣菫・蒲原有明・伊良子清白・横瀬夜雨 集1968(昭和43)年5月19日
仙人掌と花火の鑑賞日本現代文學全集 22 土井晩翠・薄田泣菫・蒲原有明・伊良子清白・横瀬夜雨 集1968(昭和43)年5月10日
狂言綺語明治文學全集 99 明治文學囘顧録集(二)1980(昭和55)年8月20日
長谷川二葉亭明治文學全集 99 明治文學囘顧録集(二)1980(昭和55)年8月20日
虚妄と真実明治文學全集 99 明治文學囘顧録集(二)1980(昭和55)年8月20日
龍土会の記明治文學全集 99 明治文學囘顧録集(二)1980(昭和55)年8月20日
新しき声明治文學全集 69 島崎藤村集1972(昭和47)年6月30日
「あひびき」に就て明治文學全集 99 明治文學囘顧録集(二)1980(昭和55)年8月20日
小山内謝豹明治文學全集99 明治文學囘顧録集(二)1980(昭和55)年8月20日
劇壇の新機運明治文學全集 99 明治文學囘顧録集(二)1980(昭和55)年8月20日
詩の将来について明治文學全集 99 明治文學囘顧録集(二)1980(昭和55)年8月20日
緑蔭叢書創刊期明治文學全集99 明治文學囘顧録集(二)1980(昭和55)年8月20日
ジヨオジ・ムウア明治文學全集99 明治文學囘顧録集(二)1980(昭和55)年8月20日
『二十五絃』を読む蒲原有明論考1965(昭和40)年3月5日
『行く春』を読む蒲原有明論考1965(昭和40)年3月5日
泣菫氏が近業一篇を読みて蒲原有明論考1965(昭和40)年3月5日
『聊斎志異』より蒲原有明論考1965(昭和40)年3月5日
鴎外を語る蒲原有明論考1965(昭和40)年3月5日
機縁((友なる画家の画稿に題す))蒲原有明論考1965(昭和40)年3月5日
抒情詩に就て蒲原有明論考1965(昭和40)年3月5日
都喜姫蒲原有明論考1965(昭和40)年3月5日