『瀬沼夏葉』の作品一覧

瀬沼 夏葉(せぬま かよう、1875年12月11日 - 1915年2月28日)は日本の小説家、翻訳家、教師。本名は瀬沼 郁子(旧姓:山田)。アントン・チェーホフを初めて日本に紹介した。 生涯 高崎県高崎(現在の群馬県高崎市)で、種子業を営む父・山田勘次郎と母・よかの長女・郁子として生まれる。両親はともに正教会の信者であり、自身も早くから信者となった。1882年に主教のニコライ・カサートキンが高崎教会に来た際にはよかに連れられて他の信徒とともに前橋市まで出迎えに行き、大きくなったら駿河台の正教女子神学校に入学するよう勧められたという。1883年によかが結核のため亡くなったが、キリスト教徒である事を理由に先祖代々の墓所への埋葬を拒否されている。 よかの遺言に従い、1885年秋に単身上京して全寮制の女子神学校に入学した。わがままな性格のため長続きしないだろうという親戚の見方を覆し、非常に優秀な成績で1892年7月に同校を卒業している。卒業後は教理の教師として神学校に残り、同年に尚絅社から創刊された『裏錦』へ投稿を始めた。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
六号室明治文學全集 82 明治女流文學集(二)1965(昭和40)年12月10日
六号室明治文學全集 82 明治女流文學集(二)1965(昭和40)年12月10日