『柳田国男』の作品一覧

『柳田國男』より : 柳田 國男(やなぎた くにお、1875年(明治8年)7月31日 - 1962年(昭和37年)8月8日)は、日本の民俗学者・官僚。現在の兵庫県神崎郡福崎町生まれで、最晩年に名誉町民第1号となった。没後に正三位勲一等。当時の池田首相が「民間人とはいえ、これだけの人物に瑞宝章では軽い」と発言し旭日大綬章が供えられた。元官僚で貴族院書記官長、終戦後から廃官に至るまで最後の枢密顧問官をつとめる。 「日本人とは何か」その答えを求め、日本列島各地や当時の日本領の外地を調査旅行し、初期は山の生活に着目し、『遠野物語』で「願わくは之を語りて平地人を戦慄せしめよ」と述べた。日本民俗学の開拓者で、多数の著作は今日まで重版され続けている。 生涯 生い立ち 1875年(明治8年)7月31日、飾磨県(兵庫県)神東郡田原村辻川(現:兵庫県神崎郡福崎町辻川)に儒者で医者の松岡操、たけの六男(男ばかりの八人兄弟)として出生。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
遠野物語遠野物語・山の人生1960(昭和35)年4月16日
山の人生遠野物語 山の人生1976(昭和51)年4月16日
野草雑記・野鳥雑記(01 野草雑記)野草雑記・野鳥雑記2011(平成23)年1月14日
野草雑記・野鳥雑記(02 野鳥雑記)野草雑記・野鳥雑記2011(平成23)年1月14日
木綿以前の事木綿以前の事1979(昭和54)年2月16日
書物を愛する道世界教養全集 別巻11962(昭和37)年11月20日
こども風土記こども風土記・母の手毬歌1976(昭和51)年12月16日
日本の伝説日本の伝説1977(昭和52)年1月15日
年中行事覚書年中行事覚書1977(昭和52)年3月10日
母の手毬歌こども風土記・母の手毬歌1976(昭和51)年12月16日
歳棚に祭る神日本の名随筆17 春1984(昭和59)年3月25日
祭のさまざま日本の名随筆44 祭1986(昭和61)年6月25日
家を持つといふこと日本の名随筆83 家1989(平成元)年9月25日
信濃桜の話日本の名随筆65 桜1988(昭和63)年3月25日
どら猫観察記日本の名随筆3 猫1982(昭和57)年12月25日
ひじりの家日本の名随筆86 祈1989(平成元)年12月25日
夢と文芸日本の名随筆14 夢1984(昭和59)年1月25日
予が出版事業エッセイの贈りもの 11999(平成11)年3月5日