『若松賤子』の作品一覧

若松 賤子(わかまつ しずこ、1864年4月6日(元治元年3月1日) - 1896年(明治29年)2月10日)は、教育家、翻訳家、作家。巌本善治夫人。バーネットの『小公子』の名訳で知られ、日本で初めて少年少女のためのキリスト教文学を紹介した。 生涯 松川勝次郎正義の長女として、会津藩城下の阿弥陀町(現・会津若松市宮町)に生まれた。『甲子』(かし)の名は干支に因む。1歳のとき父正義は隠密となり、1868年(明治元年)の戊辰戦争の間は、母と甲子と妹美也(0歳)だけで過酷な状況に耐えた。正義は翌年、藩の移封先、斗南(現・むつ市)へ去り、母は1870年(明治3年)、会津で没した。 甲子は、若松に来ていた横浜の商人大川甚兵衛に見込まれて養女となり、1871年(明治4年:本人7歳)、プロテスタントのメアリー・キダー(Mary E. Kidder)の英語塾(のちのフェリス女学院)に入ってアメリカ式の教育を受けた。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
忘れ形見日本児童文学名作集・上
黄金機会日本児童文学大系 第二巻1977(昭和52)年11月20日
鼻で鱒を釣つた話(実事)日本児童文学大系 第二巻1977(昭和52)年11月20日