『竹越三叉』の作品一覧

『竹越与三郎』より : 竹越 與三郎(たけこし よさぶろう、慶応元年10月5日(1865年11月22日) - 昭和25年(1950年)1月12日))は、日本の明治から戦前昭和にかけての歴史学者・思想史家・殖民学者・政治家。衆議院議員・枢密顧問官・貴族院勅選議員・宮内省臨時帝室編修局御用掛、同編修官長などを歴任し、戦後に公職追放指定を受け、一切の職を辞任。位階は正四位、勲等は勲一等。号は三叉(さんさ)。 明治・大正・戦前昭和の3つの時代に渡り言論界をリード。日刊雑誌『世界之日本』主筆を皮切りに、「世界の日本乎、亞細亞の日本乎」を以て自由帝国主義に根差した独自の文明論、文明史観を論じた。 生い立ち 武蔵国本庄宿(現在の埼玉県本庄市)の酒造業清野仙三郎の次男として生まれ、新潟県中頸城郡で成長する。陸軍軍人の中村興麿は実弟。上京して中村敬宇に学び、明治14年(1881年)9月、慶應義塾に入学した。 翌年、福沢諭吉から時事新報社への入社を薦められ、在学中から新聞に執筆し始める。 明治16年(1883年)に新潟県柏崎出身の伯父・竹越藤平の養子となる。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
深憂大患明治文學全集 36 民友社文學集1970(昭和45)年4月30日
世界の日本乎、亜細亜の日本乎明治文學全集 36 民友社文學集1970(昭和45)年4月30日