四八 黄泉路

アリイルスチュアール
一九二七
(房中寒くむなしくて
灯は消え月は出でざるに
大なる恐怖クフの声なして
いま起ちたるはそも何ぞ!……
わが知るもののたましひ
何とてなれは来りしや?)
   (君は云へりき わが待たば
    君も必ず来らんと……)
(愛しきされど愚かしき
遙けくなれの死しけるを
亡きと生けるはもろ共に
行き交ふことの許されね
いざはやなれはくらやみに
われは愛にぞ行くべかり)
   (ゆふべはまことしかるらん
    今宵はしかくあらぬなり)
(とは云へなれは何をもて
ひととわれとをさまたぐる
そのひとまことそのむかし
がありしごと愛しきに
しかも汝はいま亡きものを!)
   (しかも汝とていまは亡し)
底本:「新修宮沢賢治全集 第六巻」筑摩書房
   1980(昭和55)年2月15日初版第1刷発行
入力:junk
校正:土屋隆
2011年5月14日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。
ふりがなを非表示縦書きで表示