秘境

漢子称して秘処といふ
その崖上にたどりしに
樺柏に囲まれて
はうきだけこそうち群れぬ

漢子首巾をきと結ひて
黄ばめるものは熟したり
なはそを集へわれはたゞ
白きを得んと気おひ云ふ

漢子をのこくろき双の脚
大コムパスのさまなして
草地の黄金をみだるれば
峯の火口に風鳴りぬ

漢子は蕈を山と負ひ
首巾をやゝにめぐらしつ
東に青き野をのぞみ
にと笑みにつゝ先立ちぬ
底本:「新修宮沢賢治全集 第六巻」筑摩書房
   1980(昭和55)年2月15日初版第1刷発行
入力:junk
校正:土屋隆
2011年5月14日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。
ふりがなを非表示縦書きで表示