舞姫

西の京三本樹のお愛様に
このひと巻をまゐらせ候
あき
うたたねの夢路に人の逢ひにこし蓮歩れんぽのあとを思ふ雨かな

美くしきをなごぬすまむ変化へんげものよとばかりにさうぞきにけり

七室ななま霧にみなかす初秋はつあきを山の素湯さゆめでしやまろうど

はるとやすまじきものの物懲ものごりにみだれはててし髪にやはあらぬ

船酔ふなゑひはいとわかやかにまろねしぬ旅あきうどと我とのなかに

白百合しろゆりのしろき畑のうへわたる青鷺あをさぎづれのをかしきゆふべ

わかき日のやむごとなさは王城わうじやうのごとしと知りぬ流離りうりの国に

歌を見てうつぼ柱に秋雨のつたふやうなる涙の落ちぬ

日輪に礼拝らいはいしたる獅子王の威とぞたたへむうらわかき君

みさぶらひ御髪みぐしに似るは乱菊らんぎくと申すと云ひぬてのみあれば

かざしたる牡丹ぼたん火となり海燃えぬ思ひみだるる人の子の夢

われと燃え情火たまきに身をきぬ心はいづら行方ゆくへ知らずも

山々に赤丹あかにぬるなるあけぼのわらはが撫でしと染まりける

花草はなぐさ満地まんちに白とむらさきのぢん立ててこし秋の風かな

に遠きうすいろぞめのあえかさの落花に似るを怨女ゑんにょと云ふや

初夏はつなつの玉のほら出しほととぎすきぬ湖上のあかつきびとに

朝に夜に白檀かをるわが息を吸ひたまふゆゑうつくしき君

木蓮もくれんの落花ひろひてみほとけの指とおもひぬ十二の智円ちゑん

罪したまへめしひと知ると今日を書き明日あすは知らずと日記にきする人を

春雨やわがおち髪を巣にあみてそだちしひなの鶯の

二もとの橄欖かんらんしげる※(「王+干」、第3水準1-87-83)らうかんの亭の四方を船かよひけり

春の山懸樋かけひの水のとまりしを昨夜よべの狐とにくみたまひぬ

遠つあふみ大河たいがながるる国なかば菜の花さきぬ富士をあなたに

軒ちかき御座みざと月光のなかにいざよふ夜の黒髪

松かげの藤ちる雨に山越えて夏花使なつばなづかひ野をすらむか

廻廊を西へならびぬ騎者たちの三十人は赤丹あかにして

きぬぎぬや雪の傘する舞ごろもうしろで見よと橋こえてきぬ

高きに君とのぼれば春の国河遠白とほじろし朝の鐘なる

長雨や出水でみづの国の人なかばつどへる山に法華経ほけきやうよみぬ

ゆふべにはちるべき花と見て過ぎぬ親もたぬ子の薄道心うすだうしん

淡色うすいろの牡丹今日ちる時とせず厄日やくびと泣きぬひがむ人

保津川ほづがはの水に沿ふなる女松山めまつやま幹むらさきに東明しののめするも

萌野もえのゆき紫野ゆく行人かうじんあられふるなりきさらぎの春

二十六きのふを明日とよびかへむ願ひはあれど今日も琴ひく

かうたき錦に爪をつつませておふしたてられ君にとつぎぬ

わが宿の春はあけぼの紫の糸のやうなるをちかたの川

ゆるしたまへ二人を恋ふと君泣くや聖母にあらぬおのれの前に

春いにて夏きにけりと手ふるれば玉はしるなり二十五のいと

すぐれて恋ひすぐれて君をうとまむともとよう人の云ひしならねど

ふるさとの潮の遠音とほねのわが胸にひびくをおぼゆ初夏の雲

あめとぶにやぶれて何の羽かある夢みであれな病めるはやぶさ

大夏おほなつ近江あふみの国や三井寺みゐでらうみへはこぶと八月雲す

われを見ればほのほ少女をとめ君みれば君も火なりと涙ながしぬ

梅雨晴つゆばれの日はわかこえきらきらとおん髪をこそ青う照りたれ

鶯のがひすがたやおもはれし妻は春さく花はやしける

ものいはぬつれなきかたのおん耳を啄木鳥きつつきめとのろふ秋の日

大木曾おほぎそは霧や降るらむはゆま路を駄馬だうまひく子とつれだち給へ

岡の家瑠璃るりすむ秋の空の声たてゝ幾ひら桐おちにけり

ほととぎす山の法師が大音たいおんの初夜の陀羅尼だらにのこだまする寺

紫と黄いろと白と土橋つちばしを小蝶ならびてわたりこしかな

二とせや緞子どんす張りたる高椅子のうへにるまでは丈のびぬ

円山まるやまの南の裾の竹原にうぐひす住めり御寺みてらに聞けば

たたかひは見じと目とづる白塔はくたふに西日しぐれぬ人死ぬゆふべ

をちかたに星のながれし道と見し川のみぎはに出でにけるかな

物思へばものみなもの転寝うたたねに玉の螺鈿らでんの枕をするも

壁張や花紋のなかにそちむきの黒髪うつる春の夜の家

春の宵壬生みぶ狂言の役者かとはやせど人はものいはぬかな

比叡ひえにうす雪するとかゆくれぬ錦織るなるうつくしき人

おとうとはをかしおどけしあかきに涙ながして笛ならふさま

沙羅双樹さらさうじゆしろき花ちる夕風に人の子おもふ凡下ぼんげのこゝろ

北海のます積みきたる白き帆を鐘楼しゆろうのぼり見てある少女をとめ

五月雨さつきあめ春がちたる幽暗の世界のさまに降りつづきけり

春の夜や聖母聖なり人の子の凡慮知らじと盗みに来しや

野社のやしろはんの木折れて晩秋の来しと銀杏いてふの葉に吹かれ居る

君にをしふなわすれ草の種まきに来よと云ひなばおどろきて来む

京のしゆに初音まゐろと家ごとにうぐひす飼ひぬ愛宕をたぎこほり

知恩院ちおゐんの鐘がまさぬ人さめぬ扇もとむるわがきぬずれに

あやまちは君を牡丹とのみいはで花に似し子をかぞへけるかな

君は死にき旅にやりきとまろ寝しぬうしろの人よものないひそね

初夏のわか葉のかげによき香する煙草たばこをのむをよろこぶ人と

春そよと風ふく朝はおん墓に桜ちらむとなつかしき父

おもはぬを罪と知る日の君おもひ涙ながれてはてなき日なり

わが知らぬわれ恋ふる子のおもひ寝の来しとゆかしむ琴ききし夢

鳴滝なるたきや庭なめらかに椿ちる伯母の御寺のうぐひすのこゑ

六月みなつきのおなじ夕にすだれしぬ娘かしづく絹屋と木屋と

大堰川おほゐがは山は雄松をまつ紺青こんじやうとうすきかへでのありあけ月夜

思ひたまへ御胸みむねの島にかて足らずされどなれぬながされびとを

君がにつづく河原のなでしこにうす月さしてゆふべとなりぬ

夏のかぜ山よりきたり三百の牧の若馬耳ふかれけり

香盤かうばんに白檀そへて五月雨さみだれの晴間を告げぬさもらひびとは

君まさぬ端居はしゐやあまり数おほき星に夜寒をおぼえけるかな

朝ぼらけごろもじろあめの子が乱舞するなり八重桜ちる

春の海いまをちかたの波かげにむつがたりする鰐鮫わにざめおもふ

もゝ色のもやあたたかく捲く中にちさき花なる我かのこゝち

れが子をもがりにおくる銅拍子どびやうしぞ秋の日あびて一列白き

梅の花たき火によばれしら髪をかきたれ来なる隣の君よ

白きの幾鳥とべば山頂の雲いざよひぬ秋の湖

仁和寺にんなぢ門跡もんぜきます花の日と法師幕うつ山ざくらかな

元日や長安ちやうあんに似る大道に遣羽子やりはごしたるそでとらへけり

羽子板に似たりといはばおこられむやりはごすとてつまとる人を

ほととぎす水ゆく欄にわれすゑてものの涼しき色めづる君

うらさびしわがのあとにつくると青埴あをはに盛るを見たるここちに

磯草にこほろぎ啼くや夕月の干潟ひがたあゆみぬ人五六人

紫野なでしこ折ると傘たたみ三騎さんきの人に顔見られけり

夏まつりよき帯むすび舞姫に似しやを思ふ日のうれしさよ

君を見て昨日きのふに似たる恋しさをおぼえさせずば神よのろはむ

このつかのま悲みの日に伝ふべき甘さとふるへ美くしと

髪ながきおんかげたにを深う落ち流に浮きぬしろがね色に

高野川河原のかなた松がにかはせみりぬ知る人の家

ふるき城は立てりしづかに山上のわか葉そよぎのくんずる雨に

うすいろを着よと申すや物焚ものたきしかをるころものうれしき夕

長月の御苑ぎよゑんの朝や露わぶと羅蓋らがいしてまし白菊の花

うたたねの御枕あまたさふらふなりかひなも伽羅きやらの箱も鼓も

相人さうにんよ愛欲せちに面痩おもやせて美くしき子に善きことを言へ

牛つれて松明たいまつしたる山少女やまをとめうみぞひゆけば家をしへける

春の月縁ゑん揚戸あげどの重からば逢はで帰らむ歌うたへ君

あくどしや少し恋しとなす人をたゆまずねず思ふと云ひぬ

日は暮れぬ海の上にはむらさきの菖蒲あやめに似たる夕雲のして

たなばたやすだれなる香炉かうろうのけぶりのうへの天の河かな

いもが間は床の瑪瑙めなうの水盤にべにばす咲きぬ七月七日しちにち

ただふたり海の岩草花しろき夜あけに乗りぬ上総かづさの船に

摘みすてし野薔薇ながれぬ夕川の橋の柱にただよひつつも

公孫樹こうそんじゆ黄にして立つにふためきて野の霧くだる秋の夕暮

ほととぎす安房下総あはしもふさの海上に七人ななたりききぬ少女子をとめごまじり

ゆゑしらずわが病むらしの時わかぬ脈うつ手とり死なむと云ふや

ちぬの浦いさな寄るなるをちかたはひねもすかすむ海恋しけれ

春の里舞ぎぬほさぬ雨の日の柳は白き馬をつながむ

君かへらぬこのひと夜に寺とせよ紅梅どもは根こじてはふ

かきつばた白と紫くまなして流るる水に鯉の餌かはむ

粧室けはひやの鏡になみのうつるなり海の風めで窓あけし家

かもめゐるわたつみ見ればいだかれて飛ぶ日をおもふさいはひ人よ

ゆく春や葛西かさいの男鋏刀はさみして躑躅つつじを切りぬ居丈ゐだけばかりに

おん舟に居こぞる人のはかまより赤き紅葉もみぢの島さして来ぬ

しよくさして赤良小船あからをぶねの九つに散り葉のもみぢ積みこそ参れ

大赤城おほあかぎかみ中空なかぞらそびやぐ肩を秋のかぜ吹く

春雨の山しづけさよ重なりて小牛まろぶも寝てあれと思ふ

秋の人銀杏いてふちるやと岡に来て逢ひにける子と別れて帰る

うつら病む春くれがたやわが母は薬に琴をけよと云へど

やはらかにぬる夜ねぬ夜を雨しらず鶯まぜてそぼふる三日

夕顔やこよと祈りしみくるまをたそがれに見る夢ごこちかな

薬草の芽をふく伯父の草庵さうあんに琴ひく人をへと思ふ日

ふたたびは寝釈迦ねじやかに似たるみかたちを釘する箱に見む日さへ無き(父君の日に)

牡丹うゑ君まつ家と金字きんじしてかどに書きたる昼の夢かな

冬の日の疾風はやてするにも似て赤きさみだれ晴の海の夕雲

春の水船にたりのさくらびと鼓うつなり月のぼる時

によきはにうつぶせるかたちぞとうきおん人のものさだめかな

君が妻いとまたまはば京になむたもとかへして舞はむと思へば

ほととぎす海に月てりしろがねのちひさき波に手洗ひをれば

夕ぐれの玉の小櫛をぐしのほそき歯に秋のこゑ立ておちにける髪

水引みづひきあけ三尺の花ひきてやらじと云ひし朝露の路

冬川は千鳥ぞ来啼きな三本木さんぼんぎべにいうぜんの夜着よぎほす縁に

春の雨高野の山におんちご得度とくどの日かや鐘おほく鳴る

うすものや六根ろくこんきよめまつらむとしら蓮風はすかぜす朝舟人に

しら樺の折木をれきを秋の雨うてば山どよみしてかささぎ鳴くも

春の潮遠音ひびきて奈古なこの海の富士赤らかに夜明けぬるかな

御胸にと心はおきぬ運命の何すと更に怖れぬきはに

梅幸ばいかうの姿に誰れがいきうつし人数にんずまばゆき春の灯の街

桟橋さんばしや暮れては母のふところに入るとごとくに船かへりきぬ

玉ひかるべにさし指の美々びびしさにやらで別れし牧の花草

夕月夜さくらがなかのそよ風に天女さびたる御手みてとりわし

いづら行かむ君の案内あないに菜の花の二すぢ路の長しみじかし

舞ごろも五たりあけ草履ざうりして河原に出でぬ千鳥のなかに

百とせをかはらぬことは必らずと誓はぬ人を今日も見るかな

秋の路立楽たちがくすなる伶人れいじんの百歩にあると朝かぜを聴く

牡丹いひぬ近うはべらじ身じろぎにうごかばかしこ王冠の珠

わがこころ君を恋ふると高ゆくや親もちひさし道もちひさし

春の雨衆生しゆじやうすくひの大力者だいりきしやぬれていましぬさくらの中に

秋霧や林のおくのひとつ啄木鳥きつつき飼ふと人をしへけり

よう聞きぬ夢なる人の夢がたりするにも似たる御言葉なれど

君とわれあふひに似たる水草の花のうへなる橋に涼みぬ

召されては宿直とのゐやつれの手もたゆく草書さうがきしたり暮れゆく春を

悪名あくみやうくわあり今日ある因縁の君を見し日は遠世とほよとなりぬ

来世とやすててこし日の母の泣く夢を見る子の何をののかむ

みづからは隙なく君を恋ふる間に老いてし髪と誇りもべき

すそけば髪あざやかに琴緒ことをしぬいとの手知らばきに来よ風

じて我ぞよりたる小柱に鬢香びんがのこらむ其下そのもとに寝よ

冬はきぬむろに夢見む春夏秋ひつじとまじる草の寝ごころ

いとかすけく曳くはが子のの裾ぞ杜鵑とけんまつなるうすくらがりに

七つより袈裟けさかけならひ弓矢もて遊ばぬ人もいくさに死にぬ(その僧の親達に)

はなてば螢とまりぬ香木かうぼくのはしらにひとつ御髪みぐしにひとつ

六月の氷まゐりぬ深宮しんきうの白の珊瑚さんごのみまくらもとに

世に君の御手みてえて今は死なむとぞ昼夜感じ三とせのへぬ

春のかぜ加茂川こえてうたたねのすだれのなかに山き入れよ

五六人をなごばかりのはらからの馬車してかへる山ざくら花

森ゆけばもやのしづくに花さきしすみれ摘むとぞ名をのる子かな

紅蟹べにがにをさはなぢそねかくれたる前髪みゆれ砂山船に

磯松の幹のあひだに大海のいさり船見ゆ下総しもふさの浦

絽の蚊帳の波の色するきかげに松もとみる有明の月

月の夜のらうに船くる海の家すだれにかけぬ花藻のふさを

春くれては花にとぼしき家ながら恋しき人を見ぬ日しもなき

十余人縁にならびぬ春の月八阪の塔のひさし離ると

水を出でて白蓮さきぬ曙のうすら赤地の世界の中に

わが家やあくたながるる川下も美くしと見てりける君よ

森かげにならぶ赤斑あかふの石獅子の一つ一つにあつよる日

われひとり見まくりする貪欲を憎まず今日も君おはしけり

さくら貝遠つ島辺の花ひとつ得つとゆふべの磯ゆくおもひ

みだれ髪君をくすと美くしき火焔ほむら燃えたる夢の朝かな

かきつばた扇つかへる手のしろき人に夕の歌かかせまし

朝戸出あさとでや離宮まねびし家主いへぬしと隣り住むなる春がすみかな

富士の山浜名の海の葦原あしはらの夜明の水はむらさきにして

水こえて薄月させる花畑にあやめるなり戸出でし人は

責めますな心にやすきひと時のあらば思はむのりの母上

載せてくる玉うつくしき声あると夏の日すみぬわれ水下みづしも

山かげを出しや五人がむらさきの日傘あけたる船のうへかな

春の夜の夢のみたまとわがたまと逢ふ家らしき野のひとつ家

傘ふかうさして君ゆくをちかたはうすむらさきにつつじ花さく

わが知らぬ花も咲かむと雑草に春雨まてる隠者ゐんじやぶりかな

大机重陽ちようやうすぎの父の日をしら菊さして歌かきて居ぬ

円山や毛氈まうせんしきてほととぎす待つとはべりぬ十四と十五

釣鐘にむら雨ふりぬ黒谷くろだにやぬるでばやしの紅葉のなかに

あづまやの水は闇ゆくおとながらひけば柱にほのしろき藤

御社みやしろの尾白の馬の今日もなほ痩せず豆故郷ふるさとを見ぬ

戸に隠れわと啼く声のう化けし狐と誉めぬ春の夜の家

舞ごろも祇園の君と春の夜や自主権現に絵馬うたす人

くれなゐのりようはかま腰結こしゆひのあたりに歌は書かむと思へ

美くしき御足のあとに貝よせてやさしき風よ海より来るか

いつの世かまたは相見む知らねどもただごと言ひて別るる君よ

二日ありて百二十里は遠からぬ障子のうちに君を見るかな

蝶のやうにものに口あて御薬みくすりを吸うてうともおぼしはよらじ

春の月ときは木かこむ山門とさくらのつつむ御塔のなかに

遠浅にかれひつる子のむしろを春かぜ吹きぬ上総かづさより来て

塔見えて橋のなかばはかすむ嵯峨少人せうじん具して鮎くむ日かな

かみや赤城はふるき牧にして牛馬はなつ春かぜの山

宿乞ひぬ川のあなたは傘さしし雨ののちなるおぼろ月夜に

三本木千鳥きくとてひそめきてわれねさせぬ三四人かな

橋の下尺をあまさぬひたひたの出水でみづをわたり上つ毛に入る(以下六首赤城山に遊びける夏)

石まろぶ音にまじりて深山鳥みやまどり大雨たいうのなかを啼くがわびしさ

裾野雨負へる石かと児をまどひ極悪道ごくあくだうの旅かと思ひ

みづうみに濁流おつる夜の音をおそれて寝ねぬ山の雨かな

大剛だいがうの力者あらびぬ上つ毛の赤城だひらに雨す暴風あらし

わが通ひ路さをに花ある沙羅しやらも折れじりの家は夕日するかな

くれなゐの牡丹おちたる玉盤ぎよくばんのひびきに覚めぬ胡蝶と皇后きさい

丸木橋おりてゆけなと野がへりの馬に乗る子にものいひにけり

さざなみにゆふだち雲の山のぼる影して暮れぬみづうみの上

草に寝てひるがほ摘みて牧の子がほとゝぎす聴くみちのくの夏

みじろがず一縷いちるの香ぞ黒髪のすそにふなれ秋の夜の人

春の山比叡ひえ先達せんだつ桐紋きりもん講社かうじや肩衣かたぎぬしたる伯父かな

君を思ひ昼も夢見ぬ天日てんじつの焔のごとき五月さつきの森に

船の灯や水蘆むらにわかれては海となりたる川口の島

大駿河おほするが裾野の家に垂氷たるひする冬きにけらし山は真白き

夕舟やわがまろうどの黒髪にうす月さしぬしら蓮の水

とつぎ来ぬかの天上の星斗せいとよりたかだか君をさんぜむために

花に寝て夢おほく見るわかうどの君はいくさに死ににけるかな(禰津少尉の旅順二〇三高地のえきに歿しけるに)

みづからの若さに酔へる痴人しれびとは羽ある馬に載せてへかし

おん方の妻と名よびてわれまゐろさくら花ちる春の夜の廊

紫に春日かすがの森は藤かかる杉大木のありあけ月夜

秋の水なかの島なるおん寺の時鐘うちぬ月のぼる時

病む君のまゐれと召しぬおん香や絵本ひろごる中の枕に

うらわかきおんそぎ髪の世をまどひ朝暮てうぼの経に鶯なくも

初秋や朝顔さけるうまやにはちさき馬ありあり牛あり

清滝の水ゆく里は水晶の舟に棹して秋姫の来る

ゆく春の藤の花より雨ふりぬ石に死にたる紅羽べにはの蝶に

秋雨は別れにりしそのかみの柱のごとくなつかしきかな

秋のかぜ今わかかりしだくみの百日ももかかへらぬ京を吹くらむ(西の京なる岡直道の君の追悼に)

手のわかう仮名しりひける字を笑みぬ死なむと見しはたれならなくに

行水や柿の花ちる井のはたのたらひにしろき児をほめられぬ

波の上を遠山はしる風のたび解けて長くもなびきける髪

ふるさとに金葉集をあづけ来ぬ神社みや土座どざする乞食かたゐうば

大馬の黒の背鞍に乗りがほのをひはれぬ野分のわきする家

君見ゆるその時わかぬ幻境の思出ひとつ今日も哀しき

画師の君わが歌よみし京洛の山は黄金のでいしてけな

はく牡丹さける車のかよひ路に砂金しやごんしかせて暮を待つべき

おん胸の石をすべりし逸矢それやともつくつく日記にきを見る日もありぬ

扇ふたつ胡蝶のさまに夕闇の中をよりきぬ灯のあづま屋に

菜の花の御寺も桃のおん堂も仏うまるる人まうでかな

ひがし山やどのあるじにおどされぬひひなぬすみて来しやとばかり

やはらかき少女をとめが胸の春草に飼はるるわかき駒とこそ思へ

君うれし恋ふと告げたる一瞬に老いてし人をよくみとりける

あらし山雨の戸出でて大きなる舟に人まつただひとりかな

この雨に暮れむとするやひもすがら牡丹のうへを横しななめ

秋かぜはれいの音かな山裾の花野見る家の軒おとづれぬ

春の雨橋をわたらむ朝ならば君は金糸きんしみのして行けな

秋の風きたる十方玲瓏じふばうれいろうに空と山野と人と水とに

わが哀慕雨とふる日に※(「虫+車」、第3水準1-91-55)いとど死ぬ蝉死ぬとしも暦を作れ

川ぞひのすすきと葦のうす月夜小桶はこびぬ鮎ひたすとて

よき朝に君を見たりきよき宵におん手とりしと童泣わらはなきすも

まくら二尺さりて水ゆくあづま屋に螢こよなうもてはやす人

舞の手を師のほめたりと紺暖簾こんのれん入りて母見し日もわすれめや

あけがたの鶯ききし空耳の君がまた寝を難じて居たり

わが肩にいとやごとなき髪おちてやがてかれて消し春の夢

君に似しさなりかしこき二心にしんこそ月を生みけめ日をつくりけめ

この恋君こひぎみうらみたまへどそひぶしの寝物語もさまよきほどに

野ゆく君花に聴かずや語部かたりべも伝へずありし幾ものがたり

おもはれぬ人のすさびは夜の二時に黒髪すきぬ山ほととぎす

月の夜をさそへど出でずこほろぎを待つと云ふなるとなり人かな

春の月おとうとふたり笛ふいて上ゆく岡を母とながめぬ

きぬぎぬや春の村びとまださめぬ水をわたりし河下の橋

春の朝われ黒髪にたきものす鶯まゐれ目ざめし人に

炉にむかひ鼓あぶりてものいふを少女と誉めぬわれいつく母

君が妻はなでしこ※(「插」でつくりの縦棒が下に突き抜けている、第4水準2-13-28)して月の夜に鮎の籠あむ玉川の里

夕ぐれのさびしき池をわかやかに青葦あをあしふきぬ初夏の風

あつき日のながれに姉と髪あらひなでしこさして夕を待ちぬ

岸に立つ袖ふきかへしもみうらのあけを点じてゆくや河かぜ

目に青き穂麦の中にももいろのひくきもやする花畑かな

おほかたを人とおもはず我だけくなりにけらしな忘られし君

くちびると両手に十の細指はわれの領なる花なれば吸ふ

ふるさとを多く夢みぬ兄嫁の美くしきをば思ふと無きに

あめをあくがれ人は雲を見てつれな顔しぬ我に足らじか

帆織る戸へ信天翁おきのたいふになひ入る人めづらしや初冬の磯

紅梅に幔幕まんまくひかせ見たまひぬ白尾のかけの九つの雛

しら梅や二百六十二人ふたたり女王によわうにいます王禄の庭

花に似し人を載せたる唐船たうせんに大君ふきぬ春の山かぜ

男こそうれしと見ぬれいかがせむあらぬ名着たる大難の日に

舞姫のかたちと誉めよむかしの絵そへ髪たかく結ひたる人を

春の雨障子のをちに河暮れて灯に見る君となりにけるかな

ほととぎす戸をくる袖の友染に松の月夜のつづく住の江

人妻は高き名えたる黒髪のうしろを見せて戸にかくれけり

京の宿に五人の人の妻さだめ妻も聞く夜の春の雨かな

磯草にまどろむ君の夢が生むさくら貝こそひろひきにけれ

天人の飛行ひぎやう自在にしたまふとひとしきほどのものたのむなり

に寒き涙つたふに言葉のみ華やぐ人を忘れたまふな

半身にうすくれなゐのうすもののころもまとひて月見ると言へ

(明治三十九年一月)

底本:「現代日本文學大系 25 與謝野寛・與謝野晶子・上田敏・木下杢太郎・吉井勇・小山内薫・長田秀雄・平出修 集」筑摩書房
   1971(昭和46)年4月5日初版第1刷発行
入力:福岡茂雄
校正:ちはる
2000年11月30日公開
2006年3月18日修正
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。
ふりがなを非表示縦書きで表示