六日間((日記))

 三月七日
 机の前に坐ると藍色の机掛つくゑかけの上に一面に髪の毛の這つて居るのが日影でまざまざと見えた。私はあさましくなつて、何時いつの間にか私の髪がこんなに抜けこぼれて、さうして払つてもどうしても動かずに、魂のあるやうにかうして居るのかとじつと見て居た。さうすると落ち毛が皆一寸五分位の長さばかりであるのに気がついた。また昨日きのふの朝八みねの人形の毛が抜けたと云つて此処ここへ来て泣いて居たのを思ひ出した。頭が重い日である。源氏の藤の裏葉を七枚程書いたところへ、画報社から写真をうつしに来た。七瀬と八峰が厭がつたから私とりんとだけで撮つて貰つた。私は着物を着更きかへたついでであるし、頭も悪いのであるから買物にでも行つて来ようと思つた。高野豆腐の煮附と味附海苔で昼の食事をして私は家を出た。××新聞社に用があつたから数寄屋橋で電車を降りた。××さんが居なかつたから××新聞社へ行つたのは無駄だつた。有楽町の河岸かしを歩きながら、尼さんのやうなものをばかり食べて居るからこればかしの道でも苦しいのだと情けなく思つた。三越の二階で羽織を一枚染めるのを頼んだ。二三日前のふと考へて面白がつた酔興すゐきようのことも、いよ/\紫紺しこんにしてくれと云ふ時にはもうはづかしくなつてめようかと迄思つたのであつた。
『少しおはででは御座いませんでせうか。』
と云つた番頭さんに私は自分のぢやないと云つた。紙入かみいれを一つと布団ふとんの裏地を一ぴきさらしを二反買つて届けて貰ふ事にした。神保町の通りで近頃出来た襟店えりみせが安物ばかり並べてあるのが何だか可哀相な気がして立つて見て居ると、小僧さんが何とかかとか云つてとうとう店の中へ私を入れてしまつた。元園町の女中に遣らうと思つて四十五銭と云ふ紅入べにいりのを一かけ買つたが、外にも何か買はせようとする熱誠ねつせいと云ふものが主人と小僧さんの顔に満ちて居るので、気が弱くなつて鼠地に蝶燕てふつばめの模様のある襟を私のに買つた。腹立だしい気がした。平出さんへ寄つた。煙草たばこしいと云つたらエンチヤンテレスはないと笑はれた。私のために送別会をしてくれないやうに、着て出る着物がないから今からお頼みして置くのだと私は云つた。昨日きのふも平野君がその話をして綺麗な自動車にあなたを載せて街を皆で歩かうかなどゝ云つて居たと平出さんは云つた。玉川堂ぎよくせんだうで短冊を買つて帰つた。子供等は持つて帰つた林檎をおいしさうに食べるのであつたが、私は一れも食べる気がしなかつた。夕飯ゆふはんの時に阪本さんが来た。留守の間に浅草の川上さんのお使つかひが見えたさうである。
 八日
 昨夜きのふは雅子さんの夢を見た。雅子さんに手紙を書かうかなどゝ朝のとこの中では考へた。川上さんの女の書生さんが見え、吉小神きこがみさんが来た。昨日の続きの仕事をして居たが昼頃から少し頭痛がし出した。湯にでもはいつて来ようと思つて、七瀬と八峰をれて湯屋へ行つた。帰つて来て髪を解いたがいよいよ頭痛がはげしくなつて身体からだの節々も痛くてならなくなつて来た。しうさんが来て短冊をしいと云ふので五枚書いて渡した。来月の末に加藤大使が英国へ帰任するのにシベリヤ鉄道でくから、同行を頼んでやらうかと役所で云つてくれた人があつたが、船に決めたと云つて断つたと聞いて私は残念でならなかつた。新潮社の中村さんが来た。何度逢つても例のやうな私には覚える事の出来憎い顔であるなどと話しながら思つて居た。夕飯ゆふはんを味噌漬の太刀魚さんまで食べた。みつが煮しめばかり食べてうをを余り食べなかつたからソツプを飲ませた。玄関の土間の暗くなつた頃に平野さんが来た。これから暁星の夜学にくのだと云つて[#「云つて」は底本では「行つて」]腰を掛けた儘で話した。先刻聞いた加藤大使の話をすると、さうして汽車に乗つて行つたらい。免状なんか書き替へて貰へばいと例の調子で云つてくれた。然しその話がほかから来たのではなし、汽車の旅を大反対のしうさんの持つて来た話なのであるから、私は苦しんで居るのだ、出来さうにないわけだと私は思つて居た。茶の間へ来ると、
母様かあさまは面白い人ね、平野さんのおとうさんと話してたのでせう、平野さんぢやない人と話をするなんか。』
 と七瀬が云つた。平野さんだと云ふと、
『さう、やつぱし平野さんの子供の方なの。』
 と驚いたやうに云つて居た。子供のとこをとつて居るうちに倒れる程頭が痛んで来た。私は昼の着物を着たまゝで子供の寝る時刻からとこつて居た。私は眠りさうなのであるが桃が明日あしたの買物にくと云ふのをめるのも何だと思つて、
『ああ。』
 と云つて出してやつた。桃は玄関の戸を閉め寄せて行つた。こはい夢を見て目を開くと九時であつた。桃を呼んで見たがまだ帰らないらしい。風が戸に当つて気味の悪い音を立てゝ居た。私は今見た夢の中の心持ちの続きも交つて居て恐しさにどうすればいかなどゝ思つて居た。十五分程して桃が帰つて来たので嬉しかつた。頭痛はもうなほつて居た。私は桃を寝させてからまた仕事をしだした。十一時頃に藤の裏葉を書いてしまつて、それから巴里ぱりーへ送る手紙を書いた。
 九日
 六時頃まで眠つたりめたりして居たが今日けふ身体からだだるい。昨日きのふ送る筈だつた某誌の選歌をしようと思つて出しながら気が進まないので火鉢にじつと当つて居るところ金尾かねをさんが来た。源氏の再版のいはひだと云つて煙草たばこを十二いろ交ぜて持つて来てくれた。嬉しくてならなく思つた。飲むのよりも珍しものきの私が見たこともないやうないろいろの色をして交つたつゝみだの小箱だのが私の所有になつたのが嬉しいのである。土曜日であるからひかるひいづは午後一人は木下さんへ、一人は本多さんへ遊びに行つた。三時過ぎにやつと選歌の原稿が出来た。もう一つこの仕事があると思ふと一層身体からだるいやうに思はれて、机にもたれて風の吹き廻る庭を見て居た。古尾谷こをたにさんが見えたところ摩文仁まぶにさんも来た。この若い琉球の詩人と話すのに是非出さなければならない高い声が出さうに今日は思はれないから、前に話さないで本を出して古尾谷さんにふらんす語を教へて貫つて居た。摩文仁さんは帰つた。覚え憎いので今日けふの稽古は見合せて貰つた。こんな頭の悪い時に習字でもして置かうと思つて自分の名だの良人の名だのを書いて居た。古尾谷さんに今朝けさ貰つた煙草たばこを一つゝみ上げた。昨日きのふ程ではないがまだ頭痛がして来たので七時頃に横になつた。ぐ眠つてしまつて九時に目がめてまた十一時まで眠つた。起きてソツプを飲んでそれからこれをつけた。これから選歌をするのである。
 十日
 午前一時半にとこはいつて、五時に目がめて六時過ぎに起きた。日々にち/\に送る歌を読まうとしたが娘さん達の来る頃だと思ふと何だか気が落ち着かなくて一つより歌が出来なかつた。女の子の二人は元園町へ遊びに行つた。送つて行つたひいづは帰つて来るとまたぐ藤島さんへ行くみつと、水道橋の停車ぢやうまで一緒に行つた。天野さんが来てそれからおてるさんが来た。桃の母親が仕立物を持つて来てくれた。私は大急ぎでつもり物を六枚分こしらへてまた渡した。神保町で買つた襟をこの人に遣つた。二階へ行つて話して居るところへ松本さんが来た。お照さんは歌を二つより持つて来なかつた。今日けふは菊五郎格子がうしの着物も着て来なかつた。お納戸地のあらい井桁の羽織を着て居た。可愛い顔をした人だと今日けふも思つた。松本さんははいつて来た時に大きい背丈の人だと今日けふも思つた。昨日きのふの仮装会の帰りだと云つて阪本さんが車夫姿で来たから驚いた。良人をつとの手紙が配達された。謝肉祭カイニバルのことなどが書いてあつて、それから写真が着いたと云つて子供の顔がよく写つて居ない、私の焼鏝やきこてを当てた髪を下宿の細君がめた、桃をふらんす人が美くしいと皆めるなどゝ書いてあつた。午後私は車に乗つて本郷へ行つた。生田いくたさんへ最初に行つたが生田さんはお留守であつた。奥様とお話して一時間程でおいとました。庭からお座敷へ通る時の気持のい家だけれど、夢の中でよくはいつてく家のやうな暗い玄関は忘れたい気がする。千駄木町の平野さんの家へ行つて老夫婦に逢つた。大連きの支度で忙しさうであつた。森さんへ伺つて二階のお座敷で一時間程先生とお話をした。曙町の藤島さんへ行つたらもうひかるの帰つたのちであつた。隠居さんの御病気はもうなほつて今日けふから起きたと云つておいでになつた。お雛様の前で隠居さんとお話をして居るところへ奥様は御馳走を運んでおいでになつた。先生が画室から帰つておいでになつた。紅梅こうばいが美くし[#「美くし」は底本では「美しく」]かつた。帰りに画室にお寄りしていろいろのを見せて貰つた。こんな部屋がしいなどゝ珈琲こーひを飲みながら思つて居た。壁画かべゑに書いておいでになる桃の花が暖い息を吹いて居るやうにも思つた。弓町の江南さんへも寄つた。二階から降りて来た時秋子さんの片一方の八ツ口から紫の襦袢の袖が皆出て居た。人が道具の中に沈没して居るやうな座敷である。古い原稿紙で障子が張つてあつた。平出さんにも一寸ちよつと玄関で用事を云つて帰らうと思つて寄つたが留守だつたから奥様に頼んで置いた。古尾谷こをたにさんが私の出たあとへ来て下すつたさうである。某々二氏の土産みやげのお菓子を桃が見せた。ひかる今日けふいて来たのは男雛をとこひなであつた。
 十一日
 とこを上げたり座敷の掃除をして居るうちに急に今日けふは人並な朝飯あさはんを食べて見ようかと云ふ気になつた。オートミルを火に掛けるのをめさせて子供と一緒に暖い御飯を食べた。文士の決闘を書いたと云ふ良人をつとの原稿はまだ新聞に出て居なかつた。防水剤の話が丁度その欄に載つて居たので読みながら買つて見ようかなどゝ思つた。日々にち/\の歌を詠んで万朝報まんてうはうの歌を選んだ。昼の白魚の吸物がおいしくなかつた。朝に御飯を食べたせいかも知れない。源氏の原稿を清書して居るところへ廣川さんが来た。話しながら私は去年の五月の初めにこの人などと一緒にした旅がしきりに思ひ出された。煙草たばこをすゝめるとクロノースを二本廣川さんは飲んだ。ひかるひいづが帰つてから女の子をれて湯屋へ行つた。醜い盲目めくらの娘さんが連れの娘さんにおしろいを附けて貰つて居た。帰りみちで、
母様かあさん目の見えない人が居ましたね。』
『あの人のお友達は親切でせう。』
『顔も綺麗な綺麗な人ね、母様かあさん。』
 こんな問答を七瀬とした。夕飯ゆふはんを済ませて明るいうちにとこを敷いてしまつた。麟に狐の子供と鳩ぽつぽのお伽噺をして聞かせた。金尾さんが来た。蒲原かんばらさんへ行つた帰りださうである。道に迷つて線路の上のもろい土の所で落ちようとした時汽車が通つた。浅草の観音様の守つて下すつたのだなどゝ云ふ話をするのであつた。江南さんと秋子さんが来た。結婚届に印を押してくれと云ふことだつたから、良人をつとの名や生月せいげつを書いて印を押した。原籍地には大字おほあざから小字こあざまであるのであるから私が覚えて居る筈もない。書附かきつけを見ながら書いたのである。三人が帰ると急に寒い気がしだした。服部嘉香よしかさんへ書く返事を明日あすのばして寝た。
 十二日
 良人をつとの手紙が着いた。船に乗る事は万一の時の事にして必ず汽車で来るようにとまた書いて来た。夏の日に熱帯地を通るのは困難でもあらうが顔色が黒くなるだらうと私はそんな事も厭に思つて居る。午後生田いくたさんが見えた。煙草たばこのいろいろあるのを私と同じ程面白がつて飲んで下すつた。良人をつとの異父兄の大都城だいとじやうさんがしうさんと一緒に来た。二階へあがつた時今度空いた向ひのちひさい家へ移ることを修さんにふうされた。古尾谷さんに教へて貰つたが今日けふはよく覚えられた。

底本:「文章世界」博文館
   1912(明治45)年4月号
※「旧字、旧仮名で書かれた作品を、現代表記にあらためる際の作業指針」に基づいて、底本の旧字を新字にあらためました。
※底本の総ルビを、パラルビにあらためました。
※本作品中には、身体的・精神的資質、職業、地域、階層、民族などに関する不適切な表現が見られます。しかし、作品の時代背景と価値、加えて、作者の抱えた限界を読者自身が認識することの意義を考慮し、底本のままとしました。(青空文庫)
入力:武田秀男
校正:門田裕志
2003年2月16日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。
ふりがなを非表示縦書きで表示