あらすじ
雷雨の中、みじめな旅の男ガドルフは、たどり着いた家の窓から、嵐にも負けず力強く咲く白い百合の花を見つめます。電光が照らし出すその姿は、ガドルフにとって特別な意味を持ち、彼の心を強く揺さぶります。美しい百合の姿に魅せられたガドルフは、その花に愛情を感じ、深い感情を抱くようになります。やがて明け方へと近づき、ガドルフは新たな決意を胸に旅を続けるのです。