あらすじ
詩集「春と修羅」は、宮沢賢治の独特な感性と世界観が詰まった作品です。自然、人、そして生命の神秘を繊細な言葉で描き出し、読者を幻想的な世界へと誘います。賢治の故郷である岩手県の花巻を舞台に、様々な場面が鮮やかに描かれ、そこには、喜び、悲しみ、そして希望が織りなされています。作品全体を通して、生命の尊さや自然との共存といったテーマが浮き彫りになり、読者の心を深く揺さぶるでしょう。