あらすじ
ある友人のことを思いながら、主人公は粘土地を駆け上がります。頂上からは、青々とした草や黄金色の景色が広がり、主人公は喜びを感じます。しかし、その喜びは、再び友人を思い出すことで、別の感情へと変化していくのです。
卑屈の友らをいきどほろしく
粘土地二片をはしりてよぎり
崖にて青草黄金なるを知り
のぼりてかれ草黄なるをふめば
白雪きららに落ち来るものか
一列赤赤ならべるひのき
ふたゝび卑屈の友らをおもひ
たかぶるおもひは雲にもまじへ
かの粘土地なるかの官庁に
灰鋳鉄のいかりを投げよ

底本:「新修宮沢賢治全集 第六巻」筑摩書房
   1980(昭和55)年2月15日初版第1刷発行
※〔〕付きの表題は、底本編集時におぎなわれたものです。
入力:junk
校正:土屋隆
2011年5月14日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。