あらすじ
赤土が広がる洪積の台のはてに、桐の木々が白い花を咲かせています。しかし、その木々は低く、枝は密になっています。鍛冶町の米屋五助は、今日もその木々に灰を与えにやってきます。遠くには川が輝き、山には雪が積もっています。桐の木々は、その雪や川を眺めながら、実を落とすのです。そんな中、教諭の白藤が灰色のイムバネスを着てやってきます。彼は五助を不思議な目で眺め、赤土の地面を踏みしめて近づいてくるのです。
洪積の台のはてなる
一ひらの赤き粘土地

桐の群白くひかれど
枝しげくたけ低ければ
鍛冶町の米屋五助は
今日も来て灰を与へぬ。

かなたにてきらめく川や
さてはまた遠山の雪
その枝にからすとまれば
ざんざんと実はうちゆるゝ

このときに教諭白藤
灰いろのイムバネス着て
いぶかしく五助をながめ
粘土地をよこぎりてくる

底本:「新修宮沢賢治全集 第六巻」筑摩書房
   1980(昭和55)年2月15日初版第1刷発行
※〔〕付きの表題は、底本編集時におぎなわれたものです。
入力:junk
校正:土屋隆
2011年5月14日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。