あらすじ
春の空に白い雲が浮かぶ風景を背景に、酔っ払った二人の馬丁が酒場から姿を現します。甘藍の球が弾けるような、力強いイメージの言葉で始まるこの作品は、彼らのその後、そして彼らの周囲に広がる世界を描いた、幻想的な短編詩です。
甘藍の球は弾けて
青ぞらに白雲の房

呑屋より二人の馬丁
よろめきてあらはれ出づる

底本:「新修宮沢賢治全集 第六巻」筑摩書房
   1980(昭和55)年2月15日初版第1刷発行
※〔〕付きの表題は、底本編集時におぎなわれたものです。
入力:junk
校正:土屋隆
2011年5月14日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。