あらすじ
職員室に集まった人々は、それぞれ仕事を終え、暖炉を囲んでいます。窓の外には藤の花が咲き乱れ、西には雪雲が広がっています。静寂の中に、石墨をこそげ落とす音だけが響き渡り、彼らの思いは複雑に交錯しているようです。若者たちは、官職を辞め、故郷への思いを馳せています。やがて、彼らは職員室を後にし、歪んだガラスの窓の外へと進んでいきます。
歪むガラスのかなたにて
藤をまとへるさいかちや
西は雪ぐも亙せるに
一ひらひかる天の青

ひるげせはしく事終へて
なにかそぐはぬひとびとの
暖炉を囲みあるものは
その石墨をこそげたり

業を了へたるわかものの
官にあるは卑しくて
一たび村に帰りしは
その音づれも聞えざり

たまさかゆれしひばの間を
茶羅紗の肩をくすぼらし
校長門を出で行けば
いよよにゆがむガラスなり

底本:「新修宮沢賢治全集 第六巻」筑摩書房
   1980(昭和55)年2月15日初版第1刷発行
入力:junk
校正:土屋隆
2011年5月14日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。