あらすじ
「機会」は、愛する人に巡り合う喜びを、神来の比喩を用いて表現した作品です。
作者は、人生における「機会」を四つの段階に分け、それぞれの出会いがもたらす喜びを歌っています。
特に、最後の「四愛憐」の場面は、何気ない日常の中にこそ、かけがえのない愛が隠されていることを示唆しており、読者にとって深く印象に残るはずです。
恋のはじめのおとなひは
かの青春に来りけり
おなじき第二神来は
蒼き上着にありにけり
その第三は諸人の
栄誉のなかに来りけり
いまおゝその四愛憐は
何たるぼろの中に来しぞも

底本:「新修宮沢賢治全集 第六巻」筑摩書房
   1980(昭和55)年2月15日初版第1刷発行
入力:junk
校正:土屋隆
2011年5月14日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。